ヨーグルトでアトピーは改善される?気になる関係性と効果についてを徹底調査!

LINEで送る
Pocket

アトピーの対策としてメディアでもたびたび取り上げられているのがヨーグルトです。しかしアトピーはヨーグルトの摂取によって本当に改善されるのでしょうか?この両者の関係については情報が錯そうしすぎているため、何が正しい情報なのかを自分で見極めるのがとても難しくなっています。大切なお肌に関することですから、しっかりと根拠などについても理解したうえで対策として取り入れたいところです。

ここでは、ヨーグルトでアトピーは改善されるのかを知るために、成分やメカニズムなどを詳しく紹介していきます。

アトピー対策にヨーグルトは効果あり?なし?

結論から述べるとヨーグルトの摂取だけでアトピーに悩む人が必ずしも効果を実感できるとは限りません。ではなぜヨーグルトがアトピーなどのアレルギー性疾患に効果的としてメディアなどに取り上げられることが多いのでしょうか?これは、アレルギー性疾患の症状は免疫機能の異常によって症状が出ていることと関係してきます。アトピー発症の原因には遺伝、食生活、ストレス、皮膚の状態などのさまざまなものが関係しているといわれていて、はっきりとした原因特定にはいたっていません。

しかしアトピーを含むアレルギー性疾患の症状が出るのは発症の原因は何であれ免疫機能に異常が起きたときだといわれています。人間の免疫機能を司っているのは「腸」といわれているので、腸内環境を整えてくれる「乳酸菌」を豊富に含んだヨーグルトがアトピー改善に期待が持てるという話につながっているのです。

しかしヨーグルトの過剰摂取は逆にアトピーの症状悪化を引き起こしかねません。ヨーグルトは効果に期待できる乳酸菌を豊富に含んでいる半面で悪影響を及ぼしかねない動物性たんぱく質も含んでいるからです。動物性の脂肪とたんぱく質は腸内に潜む悪玉菌のエサとなる物質でもあります。悪玉菌にエサを与えてしまうことで体内での有害物質の生産につながり腸内環境を悪くする可能性も否定できません。このことからも効果に期待ができる成分が豊富に含まれているからといって、一概にアトピー対策としてヨーグルトを取り入れるべきだとは言い切ることはできないのです。

腸内環境がアトピーに影響を及ぼすメカニズム

アトピーの症状は、体内の免疫システムが過剰に反応してしまった結果、かゆみなどの症状として出ているケースが多い傾向です。その「免疫システム」は、小腸・大腸にある「免疫細胞」の状態に大きく依存しているとされています。つまり、腸内環境を整えることが身体全体の免疫システムを正常に保つことにつながり、その結果としてアトピーを含むアレルギー性の疾患の症状を抑制できる可能性があるわけです。

腸内には主に善玉菌と悪玉菌という菌が存在します。文字通り善玉菌は人体に良い影響をもたらしますし、悪玉菌は悪影響を及ぼしかねません。菌の量のバランスさえとれていれば悪玉菌が存在していても問題はないのですが、菌の量のバランスが崩れたときに悪玉菌が有害物質を発生させ、免疫システムにまで異常をきたします。このバランスを元に戻して腸内環境を整えるためには善玉菌の数を増やさなければなりません。

そこで出てくるのが善玉菌の一種である乳酸菌を豊富に含んだヨーグルトなわけです。ヨーグルトは、善玉菌を生きたまま腸内まで届けてくれる可能性の高い食品です。しかし製品によって含んでいる乳酸菌の種類や量もさまざまなので対策としてヨーグルトを取り入れる際は効果に期待できる乳酸菌を含んだ商品を選ぶ必要があります。

また前述した動物性たんぱく質が気になる方やヨーグルトが苦手な方も中にはいるでしょう。そういった場合には善玉菌を増やす酵素サプリや美容サプリなども販売されていますので、こちらを取り入れてみるのもおすすめです。

効果は人それぞれ!?自分に合っているか見極めた上での摂取を

ここまでヨーグルトの摂取でアトピーが改善されるといわれている理由やメカニズムについて解説してきましたが、もちろんこれは効果を保証しているわけではありません。たしかにヨーグルトはアトピー症状の改善に期待が持てる一面があります。しかし、薬と同等の効果をヨーグルトに期待するのは間違っていますし症状の原因や年齢によっても得られる効果は違ってきます。

つまり自分はヨーグルトの摂取によって効果が望めるタイプなのかを見極める必要があるということです。免疫バランスが悪いことでアトピーの症状を発症している人と、その他の要因で症状が出やすい人とでは期待される効果が違ってきます。この場合は前者の免疫バランスが崩れている人の方が効果を期待しやすいはずです。

また、子どものころはアトピーがひどかったけど大人になるにつれて自然と治ってきたという方も多い傾向です。これは腸内の免疫システムが未発達だったためにアトピーを発症していたが、成長していくにつれて免疫バランスが整って改善していると考えられます。子どものアトピーは免疫バランスが悪いことが原因となっている可能性が高く、ヨーグルトの摂取が有効となるケースも中にはあるといえます。

ただヨーグルトの摂取が必ずしもアトピーの人全員の症状改善に効果があるというわけではありません。しっかりと見極めた上でヨーグルト以外の補助食品として「酵素サプリ」や「美容サプリ」を対策として取り入れてみることも手段のうちのひとつでしょう。

汗はアトピーに大切?意外と知らない汗との関係

2017.06.04

アトピーにハーブティーが効果的!ただし飲用に注意が必要なものも

2017.04.16

とりすぎNG! ビタミンCの有効な摂取量とは?

2016.08.24

酵素サプリと薬、飲み合わせが悪いと効果が激減する危険が・・・

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!