乳酸菌は胃酸に弱い……死滅しても発揮される乳酸菌パワーとは?

LINEで送る
Pocket

健康や美容を目指すなら、体内環境の改善が欠かせません。特に腸内環境は体調や免疫力、肌の状態などに広く影響するため、日々気を配ることが大切です。腸内環境を改善するために役立つのが乳酸菌です。腸内の悪玉菌の増殖を阻止して善玉菌の活性化をサポートする乳酸菌は、ぜひ食生活に取り入れたい存在だといえるでしょう。

しかし、乳酸菌は腸に届く前に死滅しやすいという特徴もあります。そんな乳酸菌を上手に取り入れ、腸内環境の改善を目指すためのポイントをご紹介します。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いとは?

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の大きな違いは、その名の通り植物由来か動物由来かという点です。この2つの乳酸菌は働きも少し異なるため、乳酸菌を摂取するならば、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

植物性乳酸菌は、米や麦、野菜、豆類などに住んでおり、植物性食品を発酵させる働きをします。植物性乳酸菌が住みつく植物は栄養不足や水不足、天気の変化など多様な環境の中で生き抜いていることが特徴です。また植物には多くの細菌があるため、植物性乳酸菌は、他の細菌と共存しながら成長していきます。

一方で動物性乳酸菌は、牛乳をはじめとする動物の乳に住んでいます。動物の乳は栄養豊富であり細菌も少ないため、守られた環境で育っている乳酸菌です。そのため植物性乳酸菌と動物性乳酸菌を比べると、植物性乳酸菌の方が丈夫といえます。(※1)植物性乳酸菌は多様な環境で生き抜けるため、漬け物やキムチ、みそ、しょうゆ、日本酒などさまざまな食品で活用できます。動物性乳酸菌はチーズや牛乳、ヨーグルトなど乳由来の食品や、生ハムやアンチョビなど肉由来の食品に限られています。

2つの乳酸菌における丈夫さの違いは、私たちの体内に入ってからも影響をもたらします。多様な細菌と共存できる植物性乳酸菌は、単独で生きる動物性乳酸菌に比べて生きたまま腸に到達しやすいのです。動物性乳酸菌は、腸に向かう途中で主に胃酸によって死滅してしまいます。乳酸菌を生きたまま腸に届けたければ、植物性乳酸菌を選ぶと良いでしょう。

参考サイト(外部)
※1:サントリー

乳酸菌はほとんど死滅してしまうのに役立つの?

体内に取り込まれた動物性乳酸菌は、そのほとんどが胃酸などで死滅してしまいます。また、植物性乳酸菌もすべてが生きたまま腸に届くわけではありません。それなのに乳酸菌を摂取する意味はあるのでしょうか。実は死滅した乳酸菌も身体に良い影響をもたらしてくれるのです。

生きた乳酸菌は「生菌」と呼ばれ、死滅した乳酸菌は「死菌」と呼ばれています。結論からいうと死菌は生菌のエサとなり生菌が活発に働く手助けをしてくれます。生菌は腸内の悪玉菌の栄養源であるタンパク質を取り除いたり、悪玉菌のすみかに定着したりして、悪玉菌の繁殖を防ぎます。

生菌は同時に善玉菌を活発にする働きも持っています。そのため、生菌は腸内にいる細菌のバランスを整えてくれる存在なのです。腸に届く前に死滅してしまった死菌は生菌のエサとなり、生菌や善玉菌の活躍をサポートします。また、死菌は食物繊維に似た働きも持っているため、善玉菌によって退治された悪玉菌をまとめて腸外へ出してくれます。

さらに、死菌を加熱すると乾燥菌体へと変化します。この乾燥菌体は胃酸の影響を受けずに腸まで届き免疫力向上の助けになります。このように死菌には生菌に負けず劣らずさまざまな作用があるのです。生菌と死菌には、それぞれの特徴に応じた役割があります。もし生菌を摂取できなくても乳酸菌による好影響は期待できるため、まずは生活習慣や好みに応じて無理なく乳酸菌を取り入れてみましょう。

参考サイト(外部)
参考:フジッコ
参考サイト(外部)
参考:明治
参考サイト(外部)
参考:健康産業流通新聞
参考サイト(外部)
参考:笹塚クリニック

死菌と生菌を意識しながら乳酸菌で腸活!

初心者であれば、まずは食生活に取り入れやすい食品からチャレンジしていくのがおすすめです。慣れてきたら生菌・死菌を意識して乳酸菌を摂取してみると良いでしょう。善玉菌・悪玉菌にダイレクトに働きかけてくれるのが生菌ですが、この生菌を多く取り入れるためのコツは3つあります。

その3つとは、「植物性乳酸菌が豊富な食品を摂ること」「乳酸菌を生きたまま届ける効果をうたう食品・飲料を選ぶこと」「サプリメントを活用すること」です。日本では昔から植物性乳酸菌を活用した食品が親しまれてきました。すでにご紹介した漬け物やキムチ、みそ、しょうゆ、日本酒のほか、植物性乳酸菌が豊富な郷土食も多くあります。

たとえば秋田県のいぶりがっこ、加賀のかぶら寿司、丹後半島周辺の鯖のへしこ、高知県の碁石茶などが、乳酸菌を多く含む郷土料理として有名です。各地の味を楽しみながら乳酸菌も取り入れられる一石二鳥の方法といえます。また、各食品メーカーでは乳酸菌やその他の成分の配合を工夫しながら生菌を腸に届けるような食品・飲料を開発しています。このような商品を選ぶことで、効率的に生菌を摂取できるでしょう。

忙しくなかなか食事に気を配れないときはサプリメントで乳酸菌を補うこともポイントです。健康・美容のためのサプリメントが数多く販売されていますが、乳酸菌を配合したサプリメントも人気を博しています。サプリメントを選ぶ際には「乳酸菌をしっかり腸まで届けられるか」「どのような成分が配合されているか」「続けられる価格か」に注目するとよいでしょう。植物性乳酸菌と動物性乳酸菌、生菌と死菌の違いを意識しながら、楽しく効率的に乳酸菌を摂取して腸内環境の向上を目指しましょう。

期待できる?乳酸菌のダイエット効果

2016.10.24

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19

酵素サプリと薬、飲み合わせが悪いと効果が激減する危険が・・・

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!