漬物にも乳酸菌があるって本当?知りたい!植物性乳酸菌の魅力

LINEで送る
Pocket

美容や健康に関心を持つ女性にとって肌荒れや便秘といった症状は大きな悩みの種となります。そんな体の悩みに効果的と言われているのが乳酸菌です。店頭や広告で乳酸菌入りの商品を目にしたことがあるという人は多いことでしょう。乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2つの種類があります。そして、乳酸菌の1つである植物性乳酸菌は日本人にとって身近な食品、漬物にも含まれているのです。

そこで今回は植物性乳酸菌の特徴や、菌が含まれている漬物、漬物に含まれている乳酸菌の種類や健康に与える効果についてご紹介します。

どんなものがあるの?乳酸菌の多い漬物とは

乳酸菌を多く含む食品に漬物があります。乳酸菌とは糖を摂取し、発酵させることで乳酸を作り出す細菌の総称です。乳酸のもととなる糖には、たとえばオリゴ糖やブドウ糖、乳糖などがあります。

人の腸の中には常に善玉菌と悪玉菌が存在しています。そして免疫力を活性化させるといった働きを持つ善玉菌が腸内で有害物質を作る悪玉菌に対して優勢となり、バランスの取れた状態で安定していると腸が健康的に働くのです。乳酸菌は善玉菌の1つで乳酸菌から乳酸が作り出されることで、腸内の有害となる菌の繁殖を抑える働きが生じます。乳酸菌のような体に良い効果をもたらす菌を有用菌といいビフィズス菌も有用菌の一種です。

体にとってメリットを期待できる乳酸菌はぬか漬けやしば漬けからも摂取することができます。ぬか漬けは乳酸菌を発酵して作られる米ぬかに、野菜などを漬けて作ったものをいいます。しば漬けとは塩もみした赤じその葉とともに漬け込み、紫色で染め上げ、自然に乳酸発酵させたものです。ほかにも乳酸菌を多く含む漬物としては赤カブの葉を、塩を使用せずに乳酸菌発酵させることで作る、すぐき漬けも挙げられます。すぐき漬けは長野県の木曽地方に伝わる漬物で、ヨーグルトと同じくらいの量の乳酸菌が含まれているともいわれているのです。

漬物というとイコール発酵食品と考える人もいるかもしれませんが、漬物の中には発酵の工程を踏まずに作られるものもあります。調味液に短時間漬け込むだけで作る浅漬けや一夜漬けといった漬物の場合は発酵させることがないため、同じ漬物でも乳酸菌の摂取は期待できないのです。

動物性乳酸菌とは違う!?植物性乳酸菌の特徴

植物性乳酸菌は、乳酸菌の種類の1つです。健康な体を維持するために大切な乳酸菌で、大きく分けて動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2つの種類があります。植物性乳酸菌の特徴のひとつとして挙げられるのが、主に植物に含まれているという点です。チーズやヨーグルトといった発酵した乳製品に主に生息する動物性乳酸菌とは異なり、植物性乳酸菌は漬物類のほか、大豆や、お米を発酵させて作った味噌や日本酒に生息しています。

さらに植物性乳酸菌の特徴として挙げられるのが、菌が含まれている食品の種類の多さです。漬物もまた、植物性乳酸菌を含む数ある食品の中の1つとなっています。また、菌が強いということも植物性乳酸菌の特徴です。植物性乳酸菌は糖をエサにして成長しますが、植物性乳酸菌が含まれる豆類などの植物性食品は、動物性乳酸菌を含む乳と比べると栄養素が少ないため、成長環境の条件は良いとはいえません。

しかし、植物性乳酸菌は生命力が高く、条件の良いとはいえない成長環境の中でも死滅せずに生き抜くことが可能となっているのです。また胃酸などにより分解されやすかったり、腸までの到達が難しかったりする、他の菌とは異なります。植物性乳酸菌は胃酸や消化液により死滅させられることなく、生きたまま腸まで行き届く可能性が高いといった特徴も持っているのです。

過酷な環境であっても強く生きることができる菌であるということは植物性乳酸菌の大きな特徴であり、メリットとなっているといえます。

種類はいろいろ効果もいろいろ!漬物の乳酸菌にはどんなものがある?

乳酸菌にはさまざまな種類の菌がありますが、漬物にもさまざまな菌が生息しています。たとえば、エンテロコッカス属という菌族に分類され、熱に強い性質を持つフェカリス菌です。エンテロコッカス属の他の菌と同様に、フェカリス菌もまた、もともと人間の体内に生息している菌です。盲腸や回腸、大腸といった腸管系に存在しています。

主に免疫力を高める働きがあるといわれていて、インフルエンザの予防や花粉対策、アレルギー対策にも効果的と考えられているのです。また、フェカリス菌は乳酸菌の数ある種類の中でも特にサイズが小さいのが特徴です。乳酸菌は摂取量が多いほど体への効果が高まります。フェカリス菌はひとつひとつが小さい分、一度にたくさんの量を摂取しやすいため、体への高い効果が期待できるのです。

漬物に含まれる菌にはリューコノストック属に分類され、整腸作用を強める作用を持つメセンテロイデス菌もあります。メセンテロイデス菌は腸内を酸性にさせる働きを持っていて、善玉菌より劣勢であることが求められる悪玉菌の増殖を抑えてくれます。これは悪玉菌が酸性に弱いことが理由となっています。

ペントサセウス菌も漬物に含まれる乳酸菌の1つです。ペディオコッカス属に分類され、免疫力を高める効果やメタボ予防への効果もあるといわれています。塩や酸に強いという特徴があるため胃酸に死滅させられることが少ない傾向です。多くの乳酸菌が腸まで届き、整腸作用への高い効果が期待できるのです。

体を美しく健康的に保つために乳酸菌は大切な存在です。日本人にとって身近な食べ物、漬物で毎日の食事の中から摂取するとよいでしょう。また、漬物を日常的に摂取することが難しい場合には無理をせずに足りない分をサプリで補充するといった方法をとることもおすすめです。

ヨーグルトって冷凍OK?上手に楽しむ乳酸菌のメカニズムと冷凍使用のいろは

2017.06.24

ダイエットや美容に効果的な乳酸菌!摂取するタイミングはいつ?

2017.05.31

乳酸菌はニキビ対策にも役立つ?ニキビの原因と乳酸菌で見込める効果とは?

2017.05.09

酵素サプリと薬、飲み合わせが悪いと効果が激減する危険が・・・

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!