免疫力を上げる秘密は乳酸菌にあった!毎日の摂取で健康維持

LINEで送る
Pocket

人間の身体は免疫によってさまざまな病気や感染症から守ることができます。免疫力が低下したり免疫機能が崩れたりしてしまうと、病気しやすいだけでなくアレルギーの原因にもなると言われています。健康を守る上で大切な免疫力を上げるには、どのような方法があるのでしょうか。

免疫力を強化するために必要なもののひとつには乳酸菌があります。乳酸菌の働きと免疫にはどのような関係があるのか、そして乳酸菌を摂取する方法について解説します。

乳酸菌が体内の免疫機能に影響を与えるのはなぜ?

免疫は人間の体に菌やウィルスが侵入するのを守ってくれる働きがあります。風邪をはじめとしたさまざまな病気または感染症にかかりにくい人がいますが、それは体内の免疫システムがしっかり整っているからです。免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類に分かれています。

「自然免疫」はもともと人間の体内に存在しているもので白血球が主体です。白血球はナキュラルキラー細胞と呼ばれるNK細胞にマクロファージ、補体系、そして顆粒系などで構成されています。これに対して「獲得免疫」とは抗体やサイトカイン、B細胞などで構成されているもので、何らかの抗原に感染することで獲得される免疫のことです。「獲得免疫」は「自然免疫」では対処しきれない時に活動する性質があります。

「自然免疫」は体内に侵入した菌やウィルスを最初に攻撃してくれるものです。その中でもはじめに攻撃をするのがマクロファージで、この働きが弱ってしまうと菌やウィルスはさらに体内に侵入し、NK細胞などが次々攻撃をすることになります。はじめに攻撃をしてくれるマクロファージの働きを強化すれば免疫力を高める可能性が上がります。このマクロファージをはじめとした多くの免疫細胞のおよそ6割は、腸内に集まっています。(※1)

免疫は加齢や健康を損なうことで弱ってしまう性質がありますが、腸内を健康に保つことで働きを高めることもできます。腸内環境を整える役割をしてくれる乳酸菌を摂取することは、腸内環境を健康に整え、その結果免疫力を上げてくれることにつながるのです。

参考サイト(外部)
※1. 腸内環境を改善する方法

こんな健康効果も期待できる!免疫力をアップする乳酸菌を摂るには?

人間の腸内には、乳酸菌に代表される善玉菌、悪玉菌、そしてその中間的な菌が集まる「腸内フローラ」があります。「腸内フローラ」には100種類以上の細菌が100兆個も生息していると言われています。(※2)

本来最も多いのは中間的な菌で、次に多いのが善玉菌です。善玉菌はビタミンを作る役割があるうえに粘膜免疫を強化してくれる働きがあります。そして免疫力を高めていくことで血清コレステロールを低下させる効果があることも分かっています。

それだけではありません。老化や病気を進行させる悪玉菌の抑制もしてくれます。しかしストレスを受けたり不規則な生活を続けたりすることで悪玉菌が増えてしまうと、このバランスが崩れる原因になるのです。他にも悪玉菌の増加の原因には便秘やたんぱく質、脂質の過剰摂取が考えられます。善玉菌の量を増やし、腸内環境を健康に整えることで身体全体の健康につなげましょう。

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やしてくれます。乳酸菌はさまざまな食品に含まれているので、適切に摂取することが理想です。乳酸菌飲料やヨーグルト、納豆、そしてキムチなどのような漬け物にも乳酸菌はたくさん含まれています。これらを毎日の食生活に取り込んでバランス良く食べることで腸内の善玉菌を増やして免疫力を上げることが期待できます。

「食事として摂取することがなかなか難しい」、または「苦手なものが多い」という人は、酵素サプリなど乳酸菌が摂れるような美容サプリを活用するのもおすすめです。そして適度に体を動かしてストレスや便秘の解消にも努めましょう。

参考サイト(外部)
※2.e-ヘルスネット

アレルギーも改善できる?乳酸菌で免疫機能のバランスを!

アレルギーは免疫機能のバランスに関係があるといわれています。アレルギーは人によってさまざまです。例えば花粉症の人もいればそうではない人もいるのはなぜでしょうか。食べ物を始め何に対してアレルギー反応を起こすかは人によって違います。アレルギーの主な原因は「獲得免疫」に関係しています。

本来は菌やウィルスなどの「抗原」に感染することで免疫ができます。しかし食べ物や物質に対して身体が「抗原」と判断してしまうことがあると、それがアレルギー反応を引き起こすのです。花粉症の場合でいえば、体質など何らかの原因で花粉を「抗原」として判断してしまうために花粉症という症状が表れることになります。つまり、アレルギーを持っている人は免疫機能のバランスが崩れている可能性があります。

アレルギーに対しても、乳酸菌をたくさん摂取して腸内の善玉菌を増やし、免疫力を上げることで改善につながることが分かっています。アトピー性皮膚炎でいえば、皮膚炎を起こしている子どもの腸内には乳酸菌が少ない傾向があるといわれています。(※3)

乳酸菌をしっかり摂取することは免疫機能のバランスを整えてアレルギー改善にも効果が期待できるといえます。健康な身体作りには免疫力の強化とバランスは欠かせません。さまざまな食べ物に含まれている乳酸菌を飲料や食事、そして美容サプリなどで毎日摂取し、腸内環境を整えて免疫機能のバランスをとりましょう。

参考サイト(外部)
※3.大和薬品株式会社

アトピーで悩む人を助ける乳酸菌の働きを紹介

2016.11.09

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09

酵素サプリと薬、飲み合わせが悪いと効果が激減する危険が・・・

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!