ダイエット中の朝ごはん抜きは賛成?反対?

LINEで送る
Pocket

ダイエットをしてきれいな体を作りたいと願っている人は多いのではないでしょうか。ダイエットに欠かせないものといえば食事制限ですが、朝ごはんを抜くことに対する見解はいろいろと分かれているようです。間違えたダイエット法を実践しても意味がないので、できるだけ正しいやり方で行いたいのが多くの人の本音です。

では、ダイエット中の朝ごはんは抜いたほうが良いのでしょうか、それとも抜かないほうが良いのでしょうか。両者の意見を踏まえながら、ダイエットと朝ごはんの関係について迫っていきます。

朝ごはん抜きでも影響は少ない!?

朝ごはん抜き肯定派の主張にはいくつか種類があります。まず挙げられるのは、朝ごはんを食べないと単純に1日のうちの摂取カロリーが制限されるためにダイエット効果があるというものです。しかし、ただ朝に何も口にしないのではなく、水分やフルーツ程度は口にすることもあります。特に水分摂取は大切なので、朝ごはん抜きダイエットは「朝に固形物を食べないダイエット」と言い換えることもできるでしょう。

続いての肯定派意見は、朝ごはんを抜くことで内臓が休まる期間が長くなるため、エネルギーを消化ではなく別の部分で消費できるというものです。朝ごはんを抜くと、前日の夜から数えて12時間以上は消化器官が休まる状態となります。節約されたエネルギーは体内の老廃物排出のために作用したり体の修復に回されたりするため、カロリー制限だけではなく体にも良い効果が見込めます。

朝ごはんを食べないことで短期間のファスティングとなるので、デトックス効果が期待できるでしょう。最後に挙げるのは、朝食を抜いたくらいではその日1日が力不足にならないという考え方です。現代人の多くはカロリーを過剰に摂取しているため、前の日に摂取したエネルギーだけで朝ごはんを抜いても十分活動できるという主張がされています。

このように朝ごはん抜きダイエットの肯定派は、朝ごはんを抜いても1日の生活にそれほど影響がないとしており、逆に抜くことでより体に良い効果が得られると考えています。

朝ごはんを抜くと逆に太る!?

一方の、朝ごはん抜き否定派の意見も見ていきましょう。朝ごはんは体にとって重要なものであり、抜いてしまうと1日の活動が低下する可能性があると否定派は考えています。朝ごはんを抜くことで脳に栄養分が十分に行かず、集中力が低下したり記憶力が悪くなったりするというのが否定派の意見です。脳はブドウ糖を主に利用して活動しているため、朝ごはんで摂取することは大切です。

また、朝ごはん抜きダイエットをすると、体温が上昇しにくいという点も指摘しています。体温の上昇は脂肪を燃焼させるためには必要不可欠なものです。低体温だと血行が悪くなり、脂肪も燃焼しにくくなります。体温を上げるには食事と運動が重要ですが、そのうちのひとつである食事を朝に抜いてしまうと、体温が上がりにくくなるのは確かです。私たちが眠っている間は低体温の状態が長く続いているため、起床後も低体温状態がある程度は続いてしまいます。

そのため、特に朝は低体温の状態となっていることが多く注意が必要です。朝食は1日の体のリズムを生み出す効果もあります。毎朝朝食後に排便をしているという人もいることでしょう。朝食後の排便習慣がある人がいきなり朝ごはんを抜くと、体内サイクルが乱れる恐れが高まります。便秘はダイエットにとって良くないことのひとつです。

朝ごはん抜きダイエットをすることで逆に痩せにくい体となる可能性があるかもしれないので、朝ごはんを抜くべきではないというのが否定派の意見となっています。

朝ごはんに関する見解は違っても共通するところはある

朝ごはん抜きに賛成でも否定でも、ダイエットを成功させる共通ポイントというものは存在します。それは、摂取カロリーを極力抑えて、脂肪を蓄えない体づくりを促進させることです。朝ごはん抜き賛成派が朝食として摂取するカロリーはごく微量です。フルーツか水分なので、わずかしかカロリーを摂取しません。

一方の朝ごはん抜き否定派については、朝食はしっかりとるとしつつもやはり過剰摂取はNGです。ただし、否定派の中にはバランスを重視する考えもあります。朝ごはんをある程度しっかり食べることで、昼食や夕食で食べ過ぎるのを防ぐというのがその目的です。

いずれにせよ、1日のトータルで見たときの摂取カロリーを上手に調整することがダイエットには重要です。朝ごはんを抜く人も食べる人も、1日単位でカロリー計算をすることが求められます。脂肪の燃焼もダイエットには共通していることのひとつです。朝ごはんを食べないと消化で消費されるはずのエネルギーが脂肪の燃焼に回り、脂肪が体内から排出されやすくなります。

一方で、朝ごはんを食べると昼食以降に血糖値の急上昇を抑えることができます。血糖値が急激に上がるとインシュリンが大量に分泌されるため、脂肪が蓄積されやすくなるといわれています。朝ごはんの有無にかかわらず、ダイエットの目的のひとつに脂肪をできるだけ少なくすることが挙げられます。どちらの意見に賛同するにせよ、カロリーの過剰摂取は控えるようにし、脂肪を蓄積させない体にすることがポイントです。

ダイエットに効果的な酵素はとってもデリケートな成分だった!温度に注目して効率よく酵素を摂取しよう!

2017.07.08

ダイエットで大注目を浴びる酵素ドリンク!牛乳との飲み合わせてもいいの?

2017.06.15

ダイエット中に食べてもいい!おすすめのおやつはコレ!

2017.04.28

酵素サプリと薬、飲み合わせが悪いと効果が激減する危険が・・・

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!