ファスティングで失敗するのはこんな人!

LINEで送る
Pocket

多くの芸能人やアスリートが取り入れていることでも知られる、ファスティング・ダイエット。
ファスティングとは「断食する」という意味で、日本ではプチ断食とも呼ばれる、効果的なダイエット方法のことをいいます。

断食というとなんだか手強いイメージですが、飲食が完全に禁止されているわけではありません。野菜のエキスを含んだ酵素ドリンクを飲みながら減量を行うため、必要最低限の栄養素は補給できるので、比較的安心して取り組むことができます。

しかし同じように行ったとしても、成功する人と失敗する人がいます。その差はどんなところにあるのでしょうか?

ファスティングを失敗する人に多いやりがちなこと

ファスティングに成功した人・失敗した人、それぞれにダイエットへの取り組み方を聞いてみると、生活環境や性格などさまざまな違いがあるようです。

ファスティングに失敗した人の中で最も多いのが「期限を決めずにストイックに断食を続けようとする」ことです。目標を高く掲げ頑張ろうとするのは素晴らしいことですが、最初からストイックになりすぎてしまうと、途中で心がポキッと折れてしまいます。

そして心が折れた瞬間、あきらめのような気持ちが生まれ、それまで我慢していたものが爆発して過食に走ってしまう可能性もあります。これはしたらダメ、あれもしたらダメと厳しく制限を設けたり、約束を破ってしまったら自己嫌悪で落ち込んだり。

そんな状態を繰り返していれば、ダイエットが成功するはずがありません。そのうちに必ず限界が来てしまいますので、ファスティングはストイックになりすぎずに行うことが大切です。

また、その他に多い失敗した人がやりがちなことが、「ドリンクのみのファスティングを長期間続けようとする」ということです。ファスティングは「同窓会などのイベントの日まで行う」となど期限を決めて取り組んだ方が、どれくらい痩せるべきか目標がはっきりするので、成功しやすくなります。

ドリンクのみのファスティングは結果が早く出やすいかもしれませんが、水分以外を長期間口にできないというのは、とても辛いものです。ファスティングは週末のみ行うなどストイックになりすぎないようにし、内臓をケアし健康を増進するぐらいの目的で取り入れた方が、回り道なように見えても結果的に成功しやすくなります。

ファスティングを成功するためのコツとは


それでは、ファスティングを成功させるためにはどんなコツがあるのでしょうか。まず、ファスティングを行う際に最もおすすめしたいのが、「ダイエットを部分的に行う」ということです。

例えば、夕方以降のみ断食を行うのでも構いません。18時までに夕食を食べ終えて翌朝まで水分のみ口にするという軽いダイエット方法ならば生活に取り入れやすく、継続もしやすくなります。その他に、米やパンなどの主食のみを断食するというのもおすすめです。

優しい糖質ダイエットともいえる方法ですが、 3日間のみなど期限を決めて行えば、食べられるのが野菜やタンパク質だけになってもそれほど辛さを感じないはずです。

ダイエットはあまりストイックになりすぎてしまうと、例え最初の方に一時的に体重が落ちても、ストレスでその後リバウンドしてしやすくなってしまいます。さらに、ダイエットにより健康を害したり、太りやすい体質になったりしてしまうこともあります。
そのため、スポーツや趣味などに没頭したり、気分転換を上手にしたりするというのも大切なポイントです。

ダイエット以外に何か楽しめることがあると、ダイエットへのストレスが軽減され成功率がグンと上がります。もしストレスがたまったとしても、食事以外でストレス解消をできる人はダイエットに失敗しにくいといわれています。

食べたい!という衝動が起きた時には運動したりリラックスしたりして、気分転換を上手に行うのがファスティングを成功させるコツです。

まずはライフスタイルと生活習慣を見直そう!


ファスティングは、何事もプラス思考で物事に楽しみながら取り組める人の方が成功しやすくなります。ダイエットにはうまくいかないこともよくあるものですが、そんな時に成功する人は、「次はどうしたら良いのか」を自分なりに考え、モチベーションを保つことができるのです。

反対に、すぐに落ち込んでイライラしたり、物事がうまくいかないと他人のせいにしたりしがちな人は、ファスティングに失敗しやすいといえます。ダイエットはトライ&エラーを繰り返す地道な作業ですから、マイナス思考は禁物です。少しうまくいかないからといってすぐに投げ出してしまうのではなく、自分の何がいけなかったかを反省し、次に生かすということが重要です。

ただし、そうはいっても、すぐに性格を変えるというのはなかなか難しいかもしれません。そこで、まずはライフスタイルや生活習慣の見直しをしてみることをおすすめします。

まず、最低限のタイムマネージメントができるよう、一日のスケジュールを立ててみましょう。毎日何時に食事をとるのかを決め、規則正しい生活を送るようにします。
その間に、30分でも構いませんので体を動かす時間を作ることができれば、体重が減りやすい生活習慣が身につくでしょう。

運動は、激しいものでなくても、ウォーキングや踏み台昇降など取り入れやすい有酸素運動で構いません。
なぜファスティングに失敗してしまうかを見直し、成功している人の良いところを積極的に取り入れ、健康的で綺麗なボディを手に入れましょう!

理想のボディメイクを実現!ファスティングと筋トレの相乗効果とは?

2017.09.09

効いているサイン?ファスティングで好転反応が出た時の対処法

2017.09.08

ファスティングで眠い反応が起こる場合があること、知ってる?

2017.08.23
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!