体重が落ちない人におすすめ!プールダイエットがやせる理由

LINEで送る
Pocket

ダイエットに真面目に取り組んでいても、なかなか体重が落ちなくて苦労している人が多いといわれます。そんな人は一度、プールダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。プールの中では、歩くだけでも水の抵抗によってカロリーが消費されます。また、泳げば全身運動になりますので、運動量が飛躍的に上がりダイエット効果が期待できます。さらに、水の中は重力が緩和されて関節への負担が減りますので、無理なく運動量が増やせる利点もあります。今回は、誰もが取り組めるプールダイエットについて説明します。

泳げなくても体重は落ちるの?

ダイエットに欠かせないのは、節食をすることではなく、運動量を上げることです。節食してカロリー摂取を抑えても、運動してカロリーを消費しなければダイエットは難しいものです。そこで、負担が少なくても運動量を増やすことに適しているのがプールダイエットです。

泳げないからプールダイエットは無理だと考えている人もいるようですが、プールダイエットは、泳ぐだけではありません。水中で歩くだけでも相当量のカロリーを消費します。水の中でウォーキングすれば、陸上に比べてかなりの抵抗があります。なかなか前に進めませんし、思ったように動けないことが実感されます。抵抗があって歩きにくければ、抵抗に打ち勝つために筋力を使い、バランスをとるためにも筋肉や神経を使い続けます。そのおかげで、同じ時間運動してもジョギングやウォーキングに比べてカロリー消費量が多いのです。泳げない人でもプール内を歩くことによって筋肉を使い身体を引き締めて、ダイエットできるのがプールダイエットなのです。プール内なら転倒して怪我をするリスクも軽減されます。

もちろん、泳げばカロリー消費量が上がりますので、泳げる人は泳いでください。自身の個性や性質を活かし楽しんでダイエットするとこともよい効果をもたらしますので、自分らしい方法で気分良くダイエットに取り組みましょう。

ダイエットに取り組む場合は、カロリー摂取量をカロリー消費量が上回るようにしなければいけません。身体への負担を軽減しながらカロリー消費量を上げるのならプールダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

一番カロリー消費する泳ぎ方って何?


プールダイエットに取り組むにあたって気になることが、どの泳ぎ方やメニューがよりカロリーを消化できるかです。

30分メニューのカロリー消費量は、ウォーキングで約68キロカロリーです。水泳ならクロールで191キロカロリー、平泳ぎで約246キロカロリー消費されるとされています。(※)つまり、平泳ぎが一番効率よくカロリーを消費できるので、早く効果を出したい人は同じ30分間泳ぐのなら平泳ぎが適しています。平泳ぎができない人や泳げない人もプールダイエットのカロリー消費は、陸上でのカロリー消費量を上回りますので、30分の運動を目安に取り組むと良いでしょう。

注意点は、自分のペースに合わせてプールダイエットすることです。オーバーペースになりますと心身の負担が増して効果が落ちることもありますし、挫折することにもつながります。30分の間に休憩を挟んでも構わないので、無理をしすぎないようにしてください。

プールダイエットに取り組むと、自分でも思っていないようなダイエット以外の効果が現れる場合もあります。プールダイエットをしていると基礎代謝が上がってきます。また、体幹トレーニングにもなっていますので、自然と体幹が鍛えられてきます。基礎代謝が上がり、体幹もしっかりすることは健康面にもプラスになります。運動によって血管も大きくなりますので、硬化を防ぐとともに血流もよくなっていくとされています。マイペースで健康管理にも留意しながら続けることが大事です。

摂取カロリーにも気を配ろう


さまざまなダイエット方法があり、それぞれに特色がありますが、プールダイエットは比較的成功しやすいダイエット方法です。しかし、残念ながら失敗例がないわけではありません。プールダイエットで運動量が増えるとともにカロリー消費量も増えているのですが、カロリー摂取の管理をしなければ成功は難しくなります。

プールダイエットを始めると、基礎代謝が上がり血管も大きくなって体調がよくなる人が多いです。しかし、水中の抵抗力で非常に体力を使い消耗していますので、プールダイエット終了後に、カロリー摂取の管理を行わずに食事をすれば、ついつい食べすぎてしまうことがあります。
ダイエットして理想の体型を手に入れることが目的ですから、摂取カロリーは、しっかり管理していきましょう。

では、どのような食事が、ダイエット向きなのでしょうか、理想はマゴワヤサシイ食事といいます。簡単に説明しますと、

「ま」は、大豆や小豆など豆類のことです。タンパク質やマグネシウムを摂取できます。

「ご」は、胡麻やピーナッツ、アーモンドなどのことです。不飽和脂肪酸やビタミンEを摂取できます。

「わ」は、ワカメや昆布、海苔などの海藻です。ヨードやカルシウムを摂取できます。

「や」は、野菜や根菜のことです。ベータカロチンや食物繊維、ビタミンCを摂取できます。

「さ」は、魚のことです。タンパク質やオメガ3脂肪、亜鉛が摂取できます。

「し」は、椎茸やシメジ、舞茸などキノコ類のことです。多糖類や食物繊維が摂取できます。

「い」は、イモ類です。じゃがいも、さつまいもなどが代表的です。食物繊維や炭水化物が摂取できます。

マゴワヤサシイ食事は、ダイエットだけでなく健康面にも効果が期待できます。しかし、生活環境の中でこのような食事が難しい人は美容サプリや酵素サプリなどを利用するのも一つの方法です。プールダイエットで、しっかりカロリーを消費して摂取カロリーを管理すれば、体重がなかなか落ちない人もダイエットできる可能性が広がっていきます。

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05

ダイエットに必要なのは食事制限!?それとも運動!?

2016.04.06

低カロリーのコンビニデザートを利用して、ダイエットをストレスフリーに

2016.03.30
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!