冬こそダイエットの季節!寒さに負けず脂肪に勝とう

LINEで送る
Pocket

「冬は太りやすいもの」と寒い季節のダイエットをはじめから諦めている人は多いのではないでしょうか。一般的に夏に比べ体重が増えやすい冬ですが、春になってお気に入りのスカートがきつくて入らないと大変です。本当に冬には太りやすいのか、なぜそう思われているのか、その理由を知ることで実は冬こそダイエットに向いているという事実を発見できるでしょう。季節を問わないダイエットのコツを覚えて、冬もキレイな体形をキープすることをおすすめします。

寒い時期にやせやすい理由とは

冬には太りやすいというイメージがありますが、本当は「基礎代謝」が上がる冬は痩せやすいはずなのです。基礎代謝とは体温を一定に保つための身体の仕組みで、体格や体温などの条件で人により異なり、季節によっても変わります。気温が寒いと体温を保つために基礎代謝が上がり、暑いと体温を上げる必要がないので基礎代謝が下がります。基礎代謝が上がると消費するカロリーも増えます。つまり、本来は寒い時期は痩せやすいと考えられています。

また、体温調節に関わる「褐色脂肪細胞」が活発になるのも寒い冬です。褐色脂肪細胞は、多すぎると太る原因になる白色脂肪細胞を燃やしてくれる細胞です。熱を発生させて余分なカロリーを消費してくれる働きがあるので、ダイエットでは必ず押さえておきたい細胞なのです。褐色脂肪細胞は、寒いと熱を発生させて身体の体温を保つので寒い季節には活発になります。褐色脂肪細胞をより燃焼させる、寒冷刺激が大きい水のプールでの水泳などは特にダイエットに適しているでしょう。手軽にできるダイエットとしては、ストレッチなどで身体を動かし褐色脂肪細胞の燃焼を促進させることです。活発になっている褐色脂肪細胞を利用せず、寒いからといって動かないのはもったいないです。いつも使うエレベーターを階段にするなど、手軽な運動から毎日の習慣に取り入れてみましょう。動かないでいると脂肪を溜め込むことになるので、冬こそこまめに身体を動かしてダイエットしましょう。

冬にやせやすい食べ物とは


身体は食べ物によって体内から温められると代謝がアップします。冬はやせやすい食べ物を意識して食べるようにしましょう。冬が旬の野菜や果物は、基本的に身体を温めてくれます。例えば、野菜ではネギやタマネギ、ニンジン、白菜などがおすすめです。果物にはリンゴやブドウ、イチジクなどがあります。特に寒い地方で生産されるものは身体を温めるものが多いので、積極的に食べると良いでしょう。

冬の料理法としておすすめなのは「鍋」です。一度にたくさんの野菜や肉、魚などを摂ることができ、身体も温まるので特に冬のダイエットに向いています。より代謝を高めるには寒い部屋で鍋料理を食べることです。鍋を食べる時には暖房をオフにするといいでしょう。食べることで身体の内側から温まるので、無理なく代謝を上げることができます。ただし、身体にいい鍋も最後に雑炊やうどんをたくさん食べてしまうと、炭水化物の摂り過ぎになってしまいます。締めの主食はバランスよく適量を食べるようにしましょう。

また、唐辛子には脂肪燃焼効果のあるカプサイシンが含まれています。鍋料理など食事の際にひと振りして、味の変化を楽しむことができるので活用するといいでしょう。生姜も身体を温める作用があります。ティータイムには生姜紅茶や生姜湯でひと息つくなと、飲み物や料理に少量加えるのもおすすめです。美味しくてやせやすい食べ物を覚えることで、無理なく冬のダイエットを続けていきましょう。

冬に薄着をする理由とは


冬のダイエットで意外に感じられるのが「薄着」で過ごすことでしょう。寒い時に薄着でいると、人の身体は体温を保つために脂肪を燃焼しカロリー消費が増えます。血液の量も増えるので、それにともない血流量のアップも期待できます。血行が良くなれば栄養素などが上手く運ばれるので基礎代謝が上がります。ですから寒い季節には、より代謝を高めるためにあえて薄着になることをおすすめします。

ただし無理は禁物です。はじめから半袖になるような極端な方法ではなく、まず1枚減らしてみて身体を慣らすことです。寒さを我慢するあまり風邪を引いてしまうのでは意味がありません。また現代人は暖房に頼り過ぎているので基礎代謝が低く、カロリー消費量が少ないといわれています。自分の身体を温める必要がなければ基礎代謝は低い状態をキープすることになります。部屋を必要以上に暖めないようにすることも大切です。

冬は肉や魚などに脂がのって美味しくなるため、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。また、この季節にはクリスマスや年末年始などイベントも盛りだくさんです。食べ過ぎると大量の食べ物を消化するため、内臓に血液が集まることで体温が下がり代謝が低くなってしまいます。基礎代謝が上がる冬とはいえ、消費するカロリーよりも食べる量が多ければ太ってしまいます。食生活に気を付けながら冬のダイエットのコツを押さえ実践することで、薄着の季節になっても慌てないキレイな体形維持が期待できるでしょう。

むくみや冷え…悩んでいる人はどのくらいいるの?

2017.08.31

手作り酵素ドリンク!気になる効果と簡単レシピ

2017.01.05

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!