その頭痛はダイエットが原因かも?ダイエット時の頭痛改善方法を知ろう!

LINEで送る
Pocket

ダイエットと聞いて、どのようなものが思い浮かぶでしょうか。ウォーキングや筋力トレーニングなどいろいろあるかもしれませんが、なかでも「食事を制限する」というイメージは強いのではないでしょうか。確かにダイエットにおいて、食事を通して身体の管理をすることは欠かせませんが、一歩間違えると健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

その一つとして、頭痛があげられます。ダイエットと頭痛、一見関係していないようですが、実は深いつながりがあるのです。その仕組みを理解して、正しいダイエットに向けて勉強しましょう。

ダイエット時の頭痛と低血糖の関係

ダイエットと頭痛の関係について話す前に、糖質制限について整理しておきましょう。そもそもダイエットで糖質を制限する理由としては、エネルギーの代謝が関係しています。ヒトが身体に取り込む主な栄養素には、タンパク質、脂肪、炭水化物があります。(糖質は炭水化物が分解されたもので、本コラムではほぼ同じ意味で扱います。)これらの栄養素は、身体を動かすエネルギーとして使用されます。それには優先順位があり、最も効率的に使用されるのが糖質です。

糖質は、食事から取り入れてすぐエネルギーに変換されるのです。そのため、糖質の量が多いと身体に蓄えてある脂肪などのエネルギー源を利用しないままになってしまい、どんどん蓄積してしまいます。そこで、糖質の摂取を減らすことで身体に蓄えてあるエネルギーが使用されるようにします。しかし、この糖質を極端に制限してしまうことで起こる症状があります。それが、低血糖です。これが、ダイエットの時に起こる頭痛と関係しているのです。

脳は、人体の中では2%程度の容積しかないですが、エネルギーの消費量は、全身におけるエネルギー消費の約20%程度も占めています。それだけの高いエネルギー消費をする器官でありながら、そのエネルギー源は糖質しかありません。脳は、この糖質が低下すると危険信号を出すようにプログラムされているため、頭痛や冷や汗などのさまざまな症状がでてきます。低血糖は軽い症状であればすぐ回復しますが、重いものであれば意識を失う場合もあり、危険なので注意が必要です。

頭痛を引き起こしてしまいがちなダイエット方法


安全にダイエットを進めていくためには、適切な運動や食事の管理が必要です。リバウンドはおろか、低血糖などで頭痛に見舞われることもあります。

まず気をつけたいのが、過度な糖質制限です。ダイエットをすると意気込んで急に、「今日から炭水化物は一切食べない!」と極端な食事制限をしてしまう方がいます。このようなやり方では、急激な糖質量の変化によって低血糖からの頭痛などを起こしてしまうことが少なくありません。これまでの生活習慣から大きく外れたことを急に行わず、少しずつ減らしていくなどの工夫が必要です。

その他に、ダイエットで気をつけたいものが、運動方法です。食事のみで身体の脂肪を減らすのは難しいもので、運動も加えてダイエットに取り組もうとする方も多いことでしょう。しかし、誤った運動方法では身体を痛めてしまうリスクがあります。例えば、腹筋や背筋運動などでは、いきなり何回も無理に行おうとすると、肩や首に余分な負荷がかかって頭痛を起こすことがあります。痛みをともなう筋力トレーニングでは、十分な効果は期待できないことが少なくありません。

ダイエットにまつわる頭痛の原因としてもう一つ考えられるものが、精神的なストレスによる頭痛です。強いストレスが継続してかかると、交感神経が興奮気味になります。リラックスできていない状態が続くと、筋肉の緊張がとれにくくなり血流が滞ります。そうなると痛みを引き起こすことになり、結果頭痛にもなります。

頭痛を改善させるための正しいダイエットを知ろう!


ダイエットにおいて頭痛を起こさないようにするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。食事については、適切な量の栄養を摂取することが望ましいです。この「適切」が具体的にどの程度ものなのか、厚生労働省がデータを出してくれています。仮に一日の必要カロリーを1500kcalとしたときに、脳の必要量はその2割である300kcalと計算されます。それを糖質に置き換えると、75g程度になります。これに脳以外の器官で消費する糖質の量を加味すると、一日あたり100g程度は必要摂取量となります(※)。この数値を参考にして、過度に減らすことは避けてバランスの良い食事を心がけましょう。

運動については、正しい運動方法や負荷設定などを意識しましょう。腹筋などでは、首や肩など使いたい筋肉以外に無駄な負担がかからないように動くことです。また、オススメしたいのが「NEAT」というものです。これは、「非運動性身体活動」とよばれるもので、日常生活全体の代謝の約30%を占めます。言葉は難しいですが、平たくいうと、ぐったり寝ている時間を座ったり立ったりして活動的に過ごすというものです。生活の中で少しずつ運動を増やしていくというイメージです。ダイエットの方法はさまざまですが、どのやり方であっても無理をしないことが肝要です。食事制限がつらければ、サプリメントなどに頼るのもありでしょう。ストレス少なく、頭痛のない健康的なダイエットを目指しましょう。

ファスティングで頭痛?そんなときはどうする

2017.07.18

朝食に酵素を取り入れることがベストとされる理由とは

2017.06.02

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!