むくみの心配なし!?話題の水飲みダイエットとは

LINEで送る
Pocket

ダイエットの辛さは、「義務感」にあると言えます。食べてはいけない、運動しなくてはいけないなど、痩せるためにしなくてはいけないことや制限事項が多すぎました。結局続かないでダイエット失敗、という経験はありませんか。そんな人に朗報です。飲むだけで痩せられるという、水飲みダイエットが話題となっています。水を飲むだけで本当に痩せられる?身体への負担はあるの?ここでは、水飲みダイエットのやり方や効果など、水飲みダイエットについて深く掘り下げます。

挫折ダイエッター必見!水を飲むだけで健康的に痩せられる?

ダイエットに失敗してしまう、続かないという人の多くが、無理なダイエットをしているかもしれません。そもそも、ダイエットはただ痩せるだけではなく、健康的に痩せることが重要です。健康的に痩せることに着目すれば、ダイエットをするうえでどんなことに気をつけるべきか見えてきます。

水飲みダイエットは、字のごとく「水を飲んで痩せることを目指す」ダイエットです。水を飲むだけで痩せるのであれば、こんな簡単で嬉しいダイエット方法はないでしょう。では、どうして水を飲めば痩せられるのでしょうか。

私たち人間の身体の60~70%は水分でできています。水分を摂取することで体内の水分量が増加し、血流がよくなります。血液の流れがよくなることで細胞が活発化され、代謝がアップされることが期待できます。さらに、水を多く飲むと腸が刺激され、便通がよくなり便秘などが解消されます。水分摂取はデトックス効果もあり、身体の調子を整え、代謝を活発にさせます。その代謝がよくなると体温が上がります。体温上昇は基礎代謝のアップに通じ、寝ている間にどんどん代謝が行われる身体になっていく可能性があります。食事制限で無理に体重を落としたり、続かない運動に嘆いたりする必要はありません。水飲みダイエットなら、水を飲むだけで健康的に痩せられるかもしれないのです。

水をたくさん飲んでもむくまない?水分摂取とむくみの関係にカギが


ここで、水飲みダイエットにひとつの疑問がでてきます。それは、水をたくさん飲むとむくみがでるのでは?という点です。まず、身体がむくむということに着目してみましょう。私たちの体中のすみずみを、水分を含んだ血液やリンパ液が駆け巡って細胞に酸素や栄養を送っています。下半身に流れた血液などが上半身へ戻るためには、足の筋肉によるポンプ作用が重要です。立つ時間や座っている時間が長いなどで、ふくらはぎなどの筋肉を使わないでいると、脚の静脈に血液が溜まり、血管内から水分が皮下脂肪に押し出されます。これがむくみとなります。

むくみには病気が原因のものなどもありますが、夕方になるとむくむといったような生活上のむくみは、筋肉の運動不足が原因の場合があります。水飲みダイエットは、水を摂取して代謝をよくし、老廃物を排出して健康的に痩せるダイエット法です。むくみのしくみを理解せず、むくむからと水分を控えるのは逆効果です。身体は水分が少ないと水分量を保とうとします。本来排出すべき老廃物を身体に溜め込んでしまい、余計むくんでしまうことになります。むくみは身体の水分量が多いからできるのではありません。むくみを解消するためにも、身体の水分量を一定に保ち、老廃物を排出するためにも水を積極的に飲む必要があるのです。

身体のしくみを理解して!水飲みダイエットの注意点

水飲みダイエットは体温を上げ、代謝をアップさせる健康法でもあります。水分ならなんでもいいと、身体と水分の関係を無視して行うのは正しいやり方とはいえません。水飲みダイエットを行ううえで、注意するべき点がいくつかあります。1つ目は、水は常温で摂取するという点です。夏など暑いときには冷たい水でのどを潤したいところですが、ダイエットのための水であれば常温が適しています。冷たい水は身体を冷やしてしまい、代謝や体温を下げます。ですが、常温、特に白湯だと身体が温まり血液の循環や代謝、脂肪燃焼もよくなります。

2つ目には、体重の4%の水分をめどに摂取することです。飲みすぎるのは身体によくありません。よく1日2リットルの水を摂るべきという話も聞きますが、体重の4%くらいの水分量が2リットルほどになります。もちろん、体重によって2リットル未満で十分な場合もあるので、自分にとって適切な量を計算しましょう。

3つ目には、アルコール、カフェイン、甘い飲み物には注意という点です。アルコールは代謝の際に多くの水分を必要としてしまいます。また、甘い飲み物の摂り過ぎは糖質過多で、ダイエットどころか太ったり血糖値が上昇したりする原因にもなります。カフェイン入りのコーヒーや紅茶などを含め、こういった飲み物はダイエットや健康法には不適切です。嗜好品として飲むようにしましょう。

水飲みダイエットは正しいやり方で。美しくすっきり健康美に!


水の摂り方にも効果的な方法があります。1日2リットルを飲むといっても、一気にガブガブ飲むのは効果的とはいえません。身体が水分を欲しがるタイミングで摂取するのがいいでしょう。1日のうちで汗など多くの水分が排出されるのが入浴時と睡眠中です。お風呂から上がったときや起床後すぐの水分補給は必要です。日中の活動時には水飲みたくなったら飲む、あるいは時間を決め適時飲用する習慣をつけましょう。

また、飲用する水は水道水でもミネラルウォーターでも、軟水でも硬水でも自分が飲みたい水で問題ありません。水飲みダイエットは、始めてすぐに効果がでるものではありません。毎日の生活のなかで水を意識的に飲む習慣ができてきて、身体に結果として現れるものです。身体に十分な水分を満たせ、健康で美しくすっきりした身体づくりにも役立つ水飲みダイエット。明日から始めてみませんか?

ファスティング中の水分補給!牛乳は飲んでもいい?

2017.03.29

ファスティング中は水分補給が大切!飲んでも良いお茶の種類とは

2017.03.01

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!