酵素と乳酸菌のWパワーで太りにくい身体へ!一緒に摂取したほうが良い理由とは?

LINEで送る
Pocket

身体の代謝機能を高めて太りにくい身体を作れると、一時期酵素ダイエットが話題になりました。酵素ドリンクやスムージーなどを、置き換えダイエットに活用する方法が代表的です。ですが、この酵素とは一体何のことなのかご存じでしょうか。酵素と乳酸菌を同時に摂取することで、さらに酵素の効果を高められると言われています。

ここでは、酵素と乳酸菌とは一体どのようなものなのか、酵素と乳酸菌を一緒に摂取したほうが良い理由、さらに酵素と乳酸菌が同時に摂取できる食材などについて紹介していきます。

酵素とは物質を変化させるタンパク質のこと

酵素は、食物から摂取した栄養の消化吸収のサポートや、その栄養素をエネルギーに変えて体内で使用できるようにする役割を持つタンパク質です。酵素は、体内で産生可能な潜在酵素(内部酵素)と、食べ物に含まれる食物酵素(外部酵素)の2種類に分けられます。

さらに潜在酵素は、消化吸収に必要な消化酵素と、免疫力や代謝などに関係する代謝酵素の2種類に分けられます。つまり、代謝酵素を増やせば身体の新陳代謝機能が高まり、太りにくい体になると期待できるのです。ところが、この代謝酵素は生活習慣や加齢などが原因で減少してしまうほか、食べ過ぎなどにより消化酵素を大量に消費してしまうと、その量が減ってしまいます。

そこで、減ってしまった代謝酵素を補うために有効なのが、食物から酵素を取り入れること。食物酵素は生のフルーツや野菜、発酵食品などに豊富に含まれています。食物酵素には直接代謝機能を高める作用はありませんが、食物の風味や栄養を強化したり、胃での消化をサポートしたりする作用があります。そのため、食べ物などから酵素をしっかり摂取すると、消化酵素に使われる酵素量が減ります。
結果として代謝酵素を多く使えるようになり、ダイエットやアンチエイジング効果を期待できるようになるのです。

乳酸菌とは腸内環境を整える善玉菌のこと


乳酸菌とは、糖質を分解して乳酸を産生し、身体に良い影響を与える細菌の総称です。乳酸菌は人間や動物の腸内、発酵食品、乳製品などに存在しており、現在200種類以上が確認されています。乳酸菌により乳酸が産生されると、腸内は弱酸性になります。悪玉菌は弱酸性下では存在しにくくなるため、乳酸菌を摂取すると腸内の悪玉菌が減って善玉菌が増え、腸内環境の改善に効果が期待できます。腸内環境が改善すると、免疫力が高まる、食物からの栄養をしっかり吸収できるようになる、腸の蠕動運動が活性化されて便秘が解消されるなど、良いことばかり。

ただし、乳酸菌は腸内で作用できても、棲みつくことはできません。そのため、腸内環境を整えるためには継続して乳酸菌を摂取する必要があるのです。

酵素と乳酸菌を一緒に摂取して効果アップ!

痩せやすい身体作りのためには、なんといっても代謝機能を高めるのが効果的。そのためには、酵素の摂取が有効であるのは前述した通りです。ですが、腸内環境が悪くなって悪玉菌が増えると、大切な代謝酵素の働きを阻害してしまうのです。酵素自体にも腸内環境を整える作用はあるものの、潜在酵素の量は無限ではありません。

また、腸内環境を整えるために消化酵素を大量に消費してしまうと、今度は代謝酵素の量が減ってしまい、身体の代謝機能は低下してしまいます。そこでおすすめなのが、腸内環境改善作用の高い乳酸菌を酵素と一緒に摂取すること。乳酸菌を合わせて摂取すれば、大切な酵素を代謝機能向上のために使用できますから、基礎代謝や新陳代謝機能が上がり、痩せやすく太りにくい身体作りに効果的なのです。

さらに、乳酸菌と合わせて乳酸菌をサポートするオリゴ糖やビフィズス菌などを摂取すると、より高い腸内環境改善作用を期待できるようになります。

酵素と乳酸菌を含むおすすめ食材


酵素は主に生の野菜やフルーツ、乳酸菌は主に乳製品に含まれています。それぞれ別の食材から酵素と乳酸菌を摂取するのも良いのですが、毎日摂取するのはとても大変です。そこでおすすめなのが、酵素と乳酸菌の両方を含む食材を活用すること。酵素と乳酸菌を両方含む代表的な食材といえば、発酵食品が挙げられます。

日本にはさまざまな発酵食品があり、醤油や味噌、漬物、ぬか漬け、納豆、キムチ、チーズなど、多くの食材が流通しています。とはいえ、これらの食材は基本的に塩分の多い食材ばかりですから、過剰摂取による塩分過多には注意が必要です。また、食品加工の際に使われる添加物には酵素の働きを阻害する作用があるため、購入の際はできるだけ無添加のものを選ぶ必要があります。

もし、塩分や添加物の量が気になる場合は、酵素サプリを活用するのもひとつの方法です。さまざまな酵素サプリが市販されており、そのなかには酵素と乳酸菌が同時に配合されているだけではなく、オリゴ糖や食物繊維が配合されているものもあります。酵素と乳酸菌は、毎日摂取することが大切です。自分の摂取しやすい方法で、継続して摂取するよう心がけてみてください。

酵素と乳酸菌のWパワーで太りにくい身体へ!

太りにくい身体作りのためには、基礎代謝を上げるのが効果的です。基礎代謝とは、身体を動かしていない状態でも消費される、最低限のカロリー量のこと。呼吸や体温調節、内臓機能の維持などに使われるエネルギーのことです。1日に消費される総エネルギー量に占める基礎代謝の割合は、なんと70%にもなります。これは運動などで消費するエネルギーよりもずっと多いものです。基礎代謝のピークには個人差があるものの、おおむね10代前半と言われています。その後は、加齢とともに基礎代謝は低下していってしまうのです。

基礎代謝を高めるには運動による筋力アップが効果的ですが、酵素を摂取して代謝機能を高めるのも有効な方法になります。酵素は、腸内環境改善作用のある乳酸菌と一緒に摂取すれば、その効果を高められます。酵素と乳酸菌を上手に活用して、太りにくい身体を目指してみてください。

参考サイト(外部)
★ヘルスケア大学
参考サイト(外部)
CLUB Panasonic

酵素ダイエットをしているのに痩せない…4つのポイントでダイエットを成功させよう

2017.11.20

知っていますか?効果を実感するために必要な知識「乳酸菌の種類と選び方」

2017.11.16

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!