ダイエットは簡単にできる!誰でもできるやせ方の工夫とは

LINEで送る
Pocket

ダイエットは美容に関心がある人にとっての重要なテーマです。しかし、ダイエットが長続きせず挫折してしまう人は後を絶ちません。ここでは、誰でも簡単にできるダイエット方法やダイエットの心得を解説していきます。

なぜダイエットは続かない?無理な方法を試していないか

ダイエットが長続きしない理由は「方法が間違っている」のが最大の原因でしょう。過酷なトレーニングや絶食、一品だけを食べ続ける食習慣などは大きなストレスを生みます。たとえ一時的に効果を生み出しても続けることが苦痛になり、いつかあきらめてしまいがちです。また、間違ったダイエットによって体調を崩してしまいリバウンドをするケースも少なくありません。ダイエットは「正しい方法」を知れば、簡単に行えるものなのです。

ダイエットを成功させる基本的な知識

ダイエットは「食べる量を減らして体重を減らす」ことではありません。ダイエットの基本は「長期的に体質を改善させる」点にあります。すぐには結果が出なくても、無理なく体質を改善していけばやせやすく太りにくい体ができあがっていきます。また、体の免疫力も上がるので病気になりにくくなり、一石二鳥です。生活習慣や食習慣の欠点を見直し、できる部分から改めていくのが正しいダイエットの概念といえます。

食事制限と運動はダイエットの2本柱

ハードな断食やトレーニングこそ必要ありませんが、「食事制限」と「運動」なしにダイエットは成功させにくいでしょう。体重が増えるのは食事量や栄養バランスに偏りがあるからであり、「暴飲暴食」の習慣を直すのは必須です。また、筋肉をつけて代謝をよくするには運動を継続して行うのが最善の方法です。ダイエットを決意したからには、今までと生活を大きく変えていく勇気を持ち、1日のスケジュールを立て直しましょう。

カロリーコントロールがダイエットの鍵を握る


ダイエットの成否の鍵を握るのが「カロリーコントロール」です。ダイエット中も満腹になるまで食べていいのですが、「カロリーの少ない商品でおなかを膨らませる」意識も大切です。カロリーの高い炭水化物ではなく、豆腐やこんにゃくなどの低カロリー食品を中心にするとダイエットに役立ちます。また、赤身魚より白身魚、牛肉よりささみを食べるなど、普段何気なく用意していた食材のカロリーを意識しながら食事しましょう。

ダイエット中に食べてはいけない食品

どんな食品でも食べすぎは厳禁です。ただし、ダイエット中は特に遠ざけたい食べ物があります。たとえば、スナック菓子はダイエットの天敵です。(※1)糖分のほか添加物も多く含んでいるために体質改善を阻害します。しかも、一度袋を開けたら手が止まらなくなりがちなので、つい食べ過ぎる傾向があります。そのほか、体内で分解されにくい脂質や油も控えましょう。フライや脂身の多い肉などはダイエット中なら避けたい食品です。

参考サイト(外部)
※1【LOCA-Labo Life】食事制限によるダイエットで食べてはいけないものとは?

「強度」より「継続」を考えて運動する

ダイエット中は激しく「強度」のある運動よりも簡単で「継続」できる運動がおすすめです。強度のある運動を続ければ、確かに筋肉はすぐついて代謝はよくなります。しかし、筋肉痛になったり、毎日少なくない時間を割かれたりして継続するのがつらくなっていきます。運動不足の人はかえって体調を崩す原因になりかねません。ストレッチやヨガ、ウォーキングなど負荷の小さい運動を毎日続けるのが理想的です。

規則正しい生活に勝るダイエットはない!

生活リズムを修正するだけでもダイエットは成立します。というよりも、「規則正しい生活」より簡単なダイエットはないのです。たとえば、夜更かしをやめて睡眠時間を確保すれば新陳代謝が活性化されます。ストレスも解消されるので暴飲暴食に走ることもなくなります。食事の時間を毎日同じにすれば消化も効率的になり、カロリーが分解されやすくなるでしょう。偏食をなくせば、栄養バランスも改善されて脂肪燃焼率も上がります。

太るのは「食事」か「運動不足」に原因がある!

太る人は高確率で「食べすぎている」か「運動不足」なのか、いずれかです。ストレスや睡眠不足なども間接的な原因ではありますが、その結果、「食事でストレスを発散」したり、「体がだるくて運動不足」になったりするからこそ脂肪がついていくのです。逆にいえば、ダイエットでは食事と運動以外の方法で、効率的にやせられません。一番近道なのは健康的な食事に切り替えて運動量を増やすダイエットなのです。

ほとんどのダイエットは食事制限と運動につながる


ほとんどのダイエットを要約すれば「食事制限」と「運動」に置き換えられます。とはいえ、「短期間で10キロやせられる!」などの極端なダイエット方法には注意しましょう。たとえば、数日間食事を抜けば体重が減るのは当然です。胃に内容物がないので、そのぶんやせたように錯覚します。しかし、再び食事を普通にとりはじめれば空腹をいやすために食べ過ぎてしまい、リバウンドが起こるのです。あくまでも無理のないダイエット方法にこだわりましょう。

ライフスタイルを変えてダイエットに成功する

ダイエットとはライフスタイルを変えるきっかけです。一時的に体重が落ちても、生活習慣が乱れていてはリバウンドがすぐに訪れるでしょう。ライフスタイルが整うとやせた体重が維持できるだけでなく、病気やストレスに悩まされることも減ります。ダイエットは「やせる」だけでなく「太る原因を根絶」する意識が大切です。ライフスタイルから悪い習慣をしめだして、本当の意味でのダイエットを成功させましょう。

女性に質問!年末年始の食べ過ぎはどのダイエットで対処したい?

2017.12.17

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05

ダイエットに必要なのは食事制限!?それとも運動!?

2016.04.06
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!