便秘は美容の大敵!便通をよくして健康美人に

LINEで送る
Pocket

女性に多い「便秘」の悩み。便秘はデリケートな問題なため周囲に相談しにくく、悩みを1人で抱え込んでしまう人も珍しくありません。
便通は健康のバロメーターともいわれており、便秘が長引くとさまざまな健康トラブルを引き起こす原因につながります。また、便秘は美容の大敵でもあります。

美しく輝く自分でいるためにも、腸内環境を整えて快便を目指しましょう。ここでは、便秘に関する基礎知識や、快便になることで得られるメリットなどを紹介します。

便秘とはどんな状態?

便秘に明確な定義はないとされています。ただ、一般的に3日以上排便がなかったり、1週間の排便回数が2回以下だったりする場合は、便秘の可能性があるでしょう。便秘は何らかの影響により便の通過が遅くなったり、腸内に便が長時間留まったりしている状態のことを指します。特に、女性ホルモンの影響や筋力不足などの理由から、便秘は女性に多い傾向だと考えられています。

便秘が起きる原因はさまざまであり、症状も人によって大きく異なることが特徴です。便秘を引き起こすと考えられている主な原因は、以下の3つが挙げられます。

1つ目は「便が直腸に停滞」してしまうタイプです。直腸に便が到達しても、排便反射が起きにくい場合があります。直腸に便が停滞してしまい、スムーズに排便できないことが原因で便秘につながると考えられています。

2つ目は「ぜん動運動の不充分」による便秘です。腸管の緊張がゆるむと、うまくぜん動運動が行われない場合があります。すると、便が大腸に留まることで水分を多く含み、硬くなることで排便しにくくなってしまうと考えられているのです。

3つ目は「大腸の緊張」です。副交感神経の緊張が強くなると、腸管が緊張して便がスムーズに運ばれにくくなります。大腸の過度な緊張による便秘は、便がウサギのフンのような形をしていることが特徴です。

便秘は長期間放置すると排便が困難になったり、腹痛やお腹のハリなどの症状を引き起こしたりする場合があります。きちんと自分の便秘の状態を見極めて、症状に合わせたケアを行うことが悩み解消への近道です。

便通は毎日でなくても問題ない

排便は「毎日しなければならない」と考える人は少なくありません。確かに、排便は毎日することが理想的だという意見も存在します。
しかし、なかには「毎日便を出さなくても問題ない」という意見もあるため、一概に「毎日排便すべき」とは断言できないのです。

たとえば、2~3日に一度の排便であっても、痛みやつらさを伴わなければ便秘ではないという考え方があります。反対に、毎日排便があっても残便感があったり、量が少なかったりする場合は、便秘だという意見もあるのです。
そのため、排便にとって大切なのは「頻度」よりも「すっきり感」なのです。2~3日に一度すっきりと排便できれば正常範囲だとされているため、毎日排便がなくても過度に心配することはないでしょう。

便通が良くなることで得られる効果

便通が良くなると、体にとってうれしいメリットが多くあります。
たとえば、快便になることで「肌トラブルを解消しやすくなる」ことも嬉しいポイントです。
ニキビや肌荒れなどの肌トラブルは、便秘と深い関わりがあるとされています。

腸の不調は肌に影響をおよぼしやすく、便秘により溜まった老廃物や毒素が肌トラブルを引き起こす原因になると考えられているのです。腸内環境を整えることで腸内細菌の活動が促され、肌トラブルを解消する近道になるでしょう。

また、便通を良くすることで「代謝の促進」につながる場合があります。
便通が良くなると、体内から老廃物を排出する働きが活発化し、代謝の促進が促されやすくなる場合があるのです。
さらに、腸内環境が整っていて善玉菌が優勢な場合は、食物の消化吸収がスムーズになるという見方もあります。ダイエットをしていたりプロポーション維持に努めたりしている場合は、便通を良くすることで効率的にスリムを目指しやすくなるかもしれません。

便通をよくする方法


便通を良くするには、食生活を見直すことが肝心です。腸内環境を整える作用を持つとされる食品を意識的に摂取して、便秘とサヨナラを目指しましょう。まず、便通を良くするには「食物繊維」の摂取が重要です。食物繊維は腸のぜん動運動を促したり、排便をスムーズにしたりする作用を持つと考えられています。食物繊維には、便をやわらかくするとされる「水溶性食物繊維」と、便意を促すとされる「不溶性食物繊維」の2種類があります。

水溶性食物繊維はわかめや昆布などに多く含まれており、意識的に摂取すると良いでしょう。また、不溶性食物繊維は豆類やきのこ類、ごぼうなどに豊富に含まれます。どちらか一方ではなく、両方の食物繊維をバランス良く摂取することが大切です。

それから、便秘は自律神経と深い関わりがあると考えられています。そのため、自律神経を刺激する作用を持つとされる「ビタミンB1」を意識的に摂取することも有効な方法です。ビタミンB1は豚肉や大豆製品、ごまなどに多く含まれています。これらの食品を日常に取り入れることで、排泄のリズムが整いやすくなるでしょう。

ただ、これらの食品を毎日摂取することは負担が大きかったり、難しかったりする人もいるかもしれません。そのような場合は、栄養素が豊富に含まれる酵素サプリや美容サプリを活用することも一つの手です。サプリであれば、出先でも手軽に栄養補給を行えます。無理なくキレイを目指すのであれば、サプリをうまく生活に取り入れるのも良い手でしょう。

便秘はまず原因を知り、自分に適したケア方法を実践することが大切です。自分の便秘の状態をきちんと理解して腸内環境の改善に努めることで、健康美人を目指しやすくなります。

便秘改善に期待!乳酸菌粉末でお腹スッキリ

2018.04.04

乳酸菌と食物繊維がコラボすると便秘解消の最強タッグが組める!

2017.08.05

酵素で便秘解消!お腹のモヤモヤから解放されよう

2017.07.04
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!