糖質制限中のランチはどうしてる?お弁当をもっていく?

LINEで送る
Pocket

糖尿病や予備軍の方はもちろんのこと、ダイエットをするためにも糖質を制限する方法が世間にかなり浸透してきました。

しかし、仕事や学校の間の食事が外食の場合、全部食べてしまうと糖質制限になりません。そうなるとお弁当のほうが残さずに済みますし失敗が少なそうですよね。

そこで今回は、糖質制限をしているときには毎日お弁当をもっていくかどうかについて、アンケートを行いました。

糖質制限をしているときに毎日お弁当をもっていきますか?

糖質制限を成功させるにはやっぱりお弁当が一番!

アンケートの結果、毎日お弁当をもっていくと回答した人が46人で、一番多いという結果になりました。

  • 外食だとどうしてもオーバーしてしまうので、自分で弁当を作る方が確実だから。(20代/女性/パート・アルバイト)
  • 弁当を持っていけば、食品を制限できる。持って行かないと、つい食べたいものを買ってしまう。(20代/男性/正社員)
  • 自分が糖質制限をしている事を友人や同僚に伝えると気を使われたりして嫌な思いをしたので。毎日、弁当を作るようにした。(40代/女性/正社員)

外食や買って食べる方法では、どうしても食べたいものを我慢することになってしまって失敗しやすいので、やはり糖質制限を意識したメニューのお弁当を用意するのが確実だということがわかります。それに、日頃の食生活は周囲の人との関係にも大きく左右されてしまうらしく、なかなか自分の食べたいものを食べることを貫くのも難しいもののようです。

もっていかなくても大丈夫な技とは?


アンケートの結果、2番目に多い回答はもっていかない、で25人でした。

  • 自分でお弁当をつくることが面倒だった。また、最近はコンビニも健康志向のものが多いため。(20代/女性/正社員)
  • 作るのが面倒くさいので。それにコンビニ食でも選び方によっては制限できるので。(40代/女性/個人事業主)
  • 会社の食堂で糖質やカロリーを考えたメニューがあるので、弁当は持って行かないです。(30代/男性/派遣社員)

お弁当をもっていかないのは作るのが面倒、習慣がないなどの理由が一番多く見られました。ただし、それができるのはコンビニや外食でも糖質を気にする人のためのヘルシーなメニューが用意されているからで、多くの人がそれをよく活用している様子がうかがえます。糖質制限が一般的になっており、忙しい現代人に対して外食産業がいかに戦略を練っているかがよくわかる回答理由でした。

無理せず失敗しない程度に取り組むのが大事!

3番目に多い回答はときどきお弁当をもっていく、で23人でした。

  • 朝時間に余裕がある時に昼食用のサラダとダイエットスープを詰めて持っていく。(20代/女性/パート・アルバイト)
  • 周りに付き合いもおろそかにはできないので毎日ではないですが、週の半分程度はお弁当で乗りきります。(30代/女性/無職)
  • 持って行かないと、ついつい外食してしまったり流されてしまうので、ときどき弁当を作って糖質制限をしている。(40代/男性/専業主婦(主夫))

なるべく頑張りたいとは思うものの、特にきっちりと決めごとは作らずに臨機応変に対応している人たちです。もちろん外食や中食で糖質制限メニューを上手に活用していることもありますが、それほど切羽詰まって糖質制限をしているわけではなく、自身の状況に合わせてお弁当の準備をしていることが分かります。

最初から無理をしないのが長続きのコツ?

4番目に多かった回答は週3日もっていく、の13人でした。

  • 毎日作るのは難しい。疲れた時に自炊するのはとても無理だから。(30代/男性/正社員)
  • コンビニやスーパーでも糖質オフの食事が購入できるので半々位の割合で購入したり手作りにしたりしています。(40代/女性/専業主婦(主夫))
  • 糖質制限をしていてもある程度は摂取した方が良いと考えています。過剰な制限をしていると逆に体調が悪くなる可能性がある為。(20代/男性/無職)

毎日お弁当をもっていくほど頑張ってしまうと続かない、糖質制限のし過ぎもよくないなど、買ったもので済ませる日も作って計画的にゆるい部分をつくっている考えの回答が多く見られました。実際には「ときどきもっていく」とお弁当の頻度が同程度の方もいるでしょうが、初めから週3日と決めているところに計画性がうかがえます。

外食も上手に活用、ゆるく長くの糖質制限!


健康や美容に対する高い意識がかなり一般的になっている様子がうかがえます。半数近くの人が、お弁当を毎日もっていっていました。あとの半数の中にも、本当は毎日もっていきたい考えの人もいるので、糖質制限をしている人は相当数いるようです。

ただし、完璧なお弁当を毎日続けるのはやはり大変なことですし、対人関係に響いたり食べられないストレスになったりもします。失敗防止のためにコンビニや外食のヘルシーなメニューが上手に活用されており、外食産業では今後もさまざまなニーズにこたえていく必要がありそうですね。

アンケート調査概要
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49
■調査期間:2018年03月23日~2018年04月06日
■有効回答数:100サンプル

糖質制限でダイエット!カロリー計算が必要ってほんと?

2018.05.29

糖質制限の食事に使える食材は?

2018.05.23

糖質制限をしているのに痩せない?原因と対策を解説

2018.05.22
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!