ダニアレルギーを治す!最新アレルギー治療と体質改善について

LINEで送る
Pocket

ダニアレルギーは、花粉症のような季節性のものではなく、年中通して症状が現れてしまう厄介なアレルギーです。家の至るところに棲み付くダニは、いくら掃除をしようとも完全に消え去ることはなく、アレルギーに敏感な方にとっては休まるときがありません。症状が軽い方でも夜眠るときなどに何だか肌がかゆくなったり、鼻が詰まって息がしづらくなってしまったりして、ストレスを感じることもあるでしょう。今回のコラムでは、ダニを駆除するのではなく、ダニアレルギーという体質そのものを改善することで、症状を治す方法を紹介していきます。

ダニアレルギーとは?

ダニアレルギーは、家などに棲息するダニの死がいや、ふんに触れたり、吸い込んだりすることでアレルギー反応を起こします。具体的な症状としては、アトピー性の皮膚炎から、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎など多岐にわたります。どの症状にしても、1年中ずっと続くと考えると、たとえ軽いものだとしても厄介です。

ダニアレルギーを起こすダニについてですが、これは家屋に棲息するダニの約90%を占める「チリダニ類」がその代表といえます。ダニといえば、寝ている間に噛まれてしまって皮膚が腫れたということもあるかもしれません。しかし、「チリダニ類」は噛む習性はなく、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)となるのは、その死がいや脱皮殻、ふんなどに含まれるたんぱく質です。よくダニアレルギーは、生きたダニが原因だと考える方が多いですが、実は生きたダニはアレルギーの主要因ではありません。

アレルギーの対症療法と免疫療法の違い

アレルギーの治療法として対症療法と免疫療法がありますが、この2つの違いは何でしょうか。一般的に対症療法というのは、症状の原因に対してではなく、発症している症状そのものを軽減することで自然治癒力を高める療法です。例えば、アレルギー症状の多くにはステロイドが有効とされています。その他にも、抗アレルギー薬や症状によってはビタミン剤、漢方などもアレルギー症状を緩和させることが可能です。

もう一つ、アレルギーの治療法として、免疫療法というものがあります。これは簡単にいうと、長期にわたってアレルゲンを身体に慣らすことで、アレルギー体質そのものを治す方法です。ダニアレルギーのようなアレルゲンを除去しきることが難しく、通年性であるアレルギーには効果的でしょう。長期間ということで、その間は辛抱強く通院しなければならないという若干のデメリットはあります。しかし、体質そのものを改善することができる免疫療法ならば、完全な治癒の可能性もあるのでおすすめです。

アレルゲン免疫療法の具体的治療法・注意点など


アレルゲン免疫療法は、またの名を減感作療法といいます。アレルギーの原因となる物質を少量ずつ、長期間にわたって身体に与えることでアレルギーの体質そのものを改善する治療法です。薬などを使うわけではないので重大な副作用も発生することもありません。そのため、与えるアレルゲンも問題にならない程度の量なので安全です。ただし、この治療法の効果はじっくりと現れ出すほか、対症療法とは違って医療機関でしか治療を受けることができないので、長期間の通院が必要になります。

アレルゲン免疫療法は、大きく分けて2種類です。アレルゲンを含んだ物質を、注射器で皮下に投与する皮下免疫療法、そして舌に投与する舌下免疫療法があります。ダニアレルギーに関しては、基本的に皮下免疫療法が主流で治癒期間は3年以上とかなりの長期間です。しかし、通院頻度は週に1~2回、最終的には月に1度とそれなりに間隔が開く可能性があります。アレルゲン免疫療法は持続することが大切なので、「途中でだれてしまって行かなくなってしまった」ということは要注意です。これまでの治療が無意味に終わってしまう可能性があります。

皮下免疫療法の具体的な内容は、上腕(二の腕)に皮下注射を行うだけです。注射の後は、わずかなかゆみや、まれに喘息といった症状が出ることがあります。費用に関しても、ダニアレルギーの場合は非常に安価で1回の注射につき、90~250円です。

皮下注射を行うとき、発熱などによって体調がすぐれない場合は注射後の副作用が強く出る可能性があります。そのため、その場合は医師との相談のもと日程を改めるようにしましょう。

アレルギー体質を治すには日常生活も見直そう!


アレルギー体質を治すためには、体質そのものを改善するアレルゲン免疫療法が効果的ですが、日常生活の改善も重要といえます。ダニアレルギーの場合は、ダニの死がいなどに含まれるたんぱく質が原因です。そのため、完全に除去はできずとも、できるだけ自分が過ごす空間はこまめに掃除するように心がけましょう。また、身の回りの環境だけではなく、食生活についても意識を傾けるようにしてください。まず、注意が必要なのが乳製品です。牛乳に含まれるカゼインというたんぱく質は、ほとんどの人の粘液生成を増やし、免疫系に刺激を与えてしまう可能性があります。乳製品を控えることで治るというわけではありませんが、症状が緩和すれば、その後の治療などもスムーズに進むことでしょう。

アレルギー症状の完治は病院でなければ行うことはできませんが、症状を緩和させることは日常生活を少し変えるだけで可能となります。軽度・重度どちらの方も、まずは症状緩和のために身の回りの環境を改善してみてはいかがでしょうか。

参考サイト(外部)
アレルギー症状のメカニズムや対処法:アレルギージャーナル

まだ続く目のかゆみや鼻水は花粉症? 5月のアレルギー対策!

2018.06.05

アトピーはうつる?正しい知識と予防法

2018.04.22
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!