黒酢が美容に良いと言われる理由と期待できる効果

LINEで送る
Pocket

黒酢は、美容や健康にさまざまな効果をもたらす調味料として、雑誌やテレビなどのメディアでも数多く取り上げられるようになりました。その恩恵を期待して、毎日の生活にすでに取り入れている人もたくさんいます。しかし、黒酢に含まれている成分が、実際にどのような働きをしてくれるのかを具体的に知っている人は、案外少ないのではないでしょうか。美容への効果をより一層アップさせるために、黒酢の基本知識や働きについてのおさらいをしてみましょう。

研究者が教える!黒酢が美容に良い3つの理由

穀物酢に分類されている黒酢は、農林水産省の品質表示基準によって、1リットルにつき180グラム以上の穀類を使用するように定められています。米黒酢を醸造するためには玄米だけを原材料にするか、もしくは、玄米に大麦や小麦を混ぜたものを使い、大麦黒酢には大麦のみを使用して造ることになっています。さらに、黒酢には、添加物を一切使用してはいけないことになっているのです。この点も、たくさんの人たちが黒酢を安心して毎日の生活に取り入れたくなる理由の一つになっているといえるでしょう。

美容に大きく貢献している黒酢の成分を挙げるとすれば、酢酸とアミノ酸の2つです。酢酸はいわずと知れた食用酢の主成分で、たとえば、体内でカルシウムの吸収を高めたり、骨の形成や代謝を促進するなどの効果があるとされています。

アミノ酸は、人体を構成する細胞やホルモンなどを作るために無くてはならない栄養素です。美しい肌や髪の毛をキープするためには、アミノ酸をバランスよく摂取する必要があります。黒酢に含まれているアミノ酸の量は、一般的な米酢に含まれる量のおよそ10倍にも上り、種類も豊富です。また、黒酢は美容には欠かせないビタミン類やミネラルなども、たくさん含んでいます。

肌の老化スピードを遅らせるD-アスパラギン酸

人間の体のおよそ15パーセントはタンパク質からできていますが、そのタンパク質を作る材料となっているのが20種類のアミノ酸です。このアミノ酸にはL-アミノ酸とD-アミノ酸の2種類があるのですが、分析技術の進歩にともなって、人体にも微量ながらD-アミノ酸が存在していることがわかりました。そこで、D-アミノ酸のひとつであるD-アスパラギン酸にスポットが当てられることとなり、研究が進められた結果、D-アスパラギン酸にはコラーゲンの産生を促したり、肌の機能を低下させることになる酸化を防いでくれる働きがあることが明らかになったのです。

しかし、角質の中で美肌のために働いてくれるD-アスパラギン酸は、年齢を重ねるにつれて減少してしまうこともわかっています。そこで黒酢の登場です。黒酢にはD-アスパラギン酸がたくさん含まれているため、摂取を続けることで肌の角質中のD-アスパラギン酸を増やすことができれば、アンチエイジングも夢ではないわけです。

黒酢は悪玉コレステロールを減らす!

血液中の悪玉(LDL)コレステロールが増えすぎると動脈硬化に結びつき、生命にかかわる虚血性心疾患や脳卒中などを引き起こす原因にもなりかねません。健康診断のたびに、悪玉コレステロール値を気にしている人もたくさんいるのではないでしょうか。黒酢に含まれているメチオニンは、脂肪代謝に関わるアミノ酸です。それゆえ、血液中の悪玉コレステロール値を下げてくれる働きがあります。さらにメチオニンには、抗酸化作用を持つミネラルであるセレンを運ぶ役割があるので、活性酸素の除去に役立ってくれるのです。

ですから、黒酢からメチオニンを摂れば、悪玉コレステロールが体内で酸化することを防ぐことにつながり、ひいては、血管にダメージを与えるリスクの軽減が期待できます。生活習慣の見直しをおこないながら、毎日の生活に黒酢を上手に取り入れて、悪玉コレステロール値の大きな改善を目指してみるのはいかがでしょうか。

体の中からきれいに!腸内環境を整える

黒酢には、腸内フローラのバランスを正常に整えてくれる成分も含まれています。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が生息していますが、悪玉菌が増えすぎると腸内環境が乱れてしまい、便秘や下痢をはじめとするさまざまな体調不良の原因となります。そこで黒酢の出番です。黒酢の持つ抗菌作用が効果を発揮し、腸内で増えすぎた悪玉菌の数を減らしてくれます。また、黒酢に入っているグルコン酸は、善玉菌を増やすエサの役割を担うため、善玉菌を活性化するのです。悪玉菌の減少と善玉菌の増加により腸内環境が改善されると、腸の血流も良くなって蠕動運動が活発になります。すると、お通じのコンディションが良くなるため、腸内から老廃物が長く留まらずに排泄されやすくなるのです。腐敗や細菌による毒素の発生が抑えられると、発がん性のある物質の生成や腸へのダメージも減ります。免疫機能も高まるので肌の調子もアップし、黒酢パワーのサポートのおかげで体の中から美しくなれるでしょう。

黒酢で期待できる気になる美容効果

意外と知られていない美容効果として、黒酢の持つ美白作用があります。紫外線を浴びると肌細胞を守るためにメラニン色素が作られ、これがシミの原因となります。肌細胞はおよそ28日間かけて表皮に押し出されてはがれ落ちますが、メラニン色素も一緒に排出されているのです。しかし、新陳代謝が悪いとターンオーバーのサイクルが狂ってしまうため、メラニン色素は排出されることなく肌に長く留まってしまいます。黒酢に含まれているアミノ酸のスレオニンとアスパラギンには新陳代謝を高める働きがあるので、ターンオーバーの活性化が促されます。新陳代謝が活発になって肌のターンオーバーが整うと、肌に蓄積したメラニン色素は順調に表皮まで押し出されるので、古くなった細胞とともにはがれ落ちてくれるのです。

また、酢酸にはビタミンCを壊れにくくする作用があります。ビタミンCは抗酸化作用が強く、細胞を修復する働きがあるため、美白や美肌には欠かせない栄養素。美白効果を最大限に活かすためにも、黒酢と組み合わせて、効率的に摂取したいものです。

シワやたるみを改善!美肌効果

私たちの体を構成しているタンパク質のうち、およそ30パーセントをコラーゲンが占めています。コラーゲンは肌のハリや弾力を保ってくれている大切な成分ですが、残念ながら加齢にともなって減少してしまうのです。コラーゲンが少なくなると、当然、シワやたるみが目立つようになります。そこで活躍を期待されるのが、黒酢に豊富に含まれているD-アスパラギン酸です。D-アスパラギン酸にはコラーゲンの生成を促進したり、肌機能をアップしてくれる働きがあります。黒酢を一定期間飲んだあとに、肌の角質中に含まれるD-アスパラギン酸の量を測定した実験がおこなわれましたが、数値の増加が確認できています。つまり、その実験では、D-アスパラギン酸を口から摂取した場合でも、きちんと肌まで届いているという結果になっていたわけです。

根気よく黒酢の摂取を続ければ、肌の中に増えたD-アスパラギン酸の働きでコラーゲンも増加して、シワやたるみが軽減する方向に進んでくれるでしょう。

基礎代謝があがる!ダイエット効果

黒酢の主成分は酢酸ですが、酢酸には脂肪の合成を抑える作用と、脂肪の分解を促す作用があるのです。つまり、黒酢には、体に溜まってしまった内臓脂肪を減らしてくれる働きがあるということになります。摂取した酢酸は肝臓で分解されるのですが、そのときに、AMPKという酵素が活発に働くようになります。この酵素は、糖から脂質が作られることを抑えながら、脂質が燃焼するのを助ける作用を持っているのです。AMPKは、スポーツをするときに活性化する酵素なので、黒酢を飲むだけで、運動したときと同じような現象が、体の中で起こっていることになります。

また、酢酸が血管の細胞に作用すると、一酸化窒素が作られることがわかりました。さらに、体内で酢酸が代謝するときには、血管を広げる作用を持っている酵素も作られます。一酸化窒素や酵素が血管を拡張したり血液をさらさらにしてくれるので血流が良くなり、基礎代謝率がアップします。黒酢を活用することで基礎代謝が上がり、ダイエットにも好影響を与えることができます。

クエン酸で糖質をエネルギーに!疲労回復効果

たとえば、激しいスポーツなどをしたときなどは、筋肉や肝臓に蓄えられていたグリコーゲンが使われてしまうので、エネルギーが切れて疲労状態に陥ってしまいます。疲労を回復するためには糖質を摂って、エネルギーを補給する必要に迫られます。クエン酸は、食べ物で取り入れた糖質を、エネルギーとして使われる形に変える作用をバックアップしてくれる成分です。ですから、糖質と一緒にクエン酸を摂ることで、食べ物をすばやくエネルギーに変えることができるのです。疲れているときに黒酢を飲んでクエン酸を取り入れることができれば、効率のよい疲労回復効果が期待できます。

さらに、糖質の分解を促してくれるビタミンB1を一緒に摂取すれば、より一層効果が見込めます。黒酢の原材料に使われている玄米や麦は、ビタミンB1をたくさん含んでいる食物です。溜まってしまった疲れを取りたいときには、食事に黒酢を取り入れて、素早い疲労回復を狙ってみるのもよい方法でしょう。

黒酢の過摂摂取はNG!正しく摂取して美容効果を期待!

美容と健康に大きく貢献してくれる黒酢ですが、過剰摂取は禁物です。一日に摂りたい黒酢の適量は、大さじ1杯ほど。多くても2杯までに留めておくのが良いでしょう。摂取するときに気をつけるポイントですが、空腹時だと胃への刺激が強すぎるので避けたほうが無難です。酢酸は加熱しても成分は変わらないので、料理に加えることもできます。飲み物にミックスする際には、5~10倍を目安にします。無論、黒酢をそのまま飲んでも構いません。酸味が苦手な人には、黒酢から作られているサプリメントも活用できます。

一日スプーン1杯の黒酢を取り入れれば十分な効果が期待できる一方で、摂取をストップしてしまうと、4週間ほどで以前の状態に戻ってしまうというデータも出ています。黒酢で美容効果の恩恵を受けたいと望むのならば、長く続けることが重要だといえるでしょう。

染めるだけじゃない!黒酢で白髪予防をする方法

2018.11.28

【重要】黒酢パーフェクトガイド

2018.10.11

女性に人気の黒酢!酢との違いを知って上手に活用しよう!

2017.11.28
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!