乳酸菌とはなんぞや?摂るべき理由教えます!

LINEで送る
Pocket

オナラや便の匂いがきついと感じたことはありませんか?それは悪玉菌が増え、腸内環境が悪化しているサインかもしれません。悪化した腸内環境の改善には、乳酸菌の摂取が有効!その働きから効果まで、しっかりと見ていきましょう!

乳酸菌は免疫の要である小腸が主な住処

腸は“第二の脳”と呼ばれるほど、体の中で重要な役割を担っていることはみなさんご存知でしょうか。人間が単細胞から多細胞生物に進化した際、最初に作られたのは脳ではなく腸。そのため、腸でさまざまな情報を受け取る必要がありました。

今でも腔腸動物などの脳を持たない生物は、腸の神経細胞で全ての情報を処理していますが、近年の研究で人間の腸にも大脳に匹敵する神経細胞があることが分かってきました。
腸が第二の脳と呼ばれる所以は、他の臓器が脳からの信号で働くのに対し、腸は刺激を自身で判断して消化・吸収を行うことができるからです。もちろん、腸は脳から完全に独立して働くわけではなく、お互いに信号を送り合う密接な関係にあります。

例えば、責任ある仕事を任されて脳がストレスを感じるとお腹が痛くなったり、逆に便秘など腸内環境の悪化によって、脳がストレスや不安感を感じたりするわけです。つまり、腸の健康は肉体だけでなく、精神面にも大きな影響を与えるのです。

腸は大まかに小腸と大腸に分かれており、その働きは異なります。小腸では栄養素と水分の大部分が吸収され、大腸では残る水分とミネラルが吸収されて便が作られます。また、小腸には体全体の免疫細胞の60~70%が集まっており、小腸が健康だと免疫力もアップします。

では、腸内環境を改善するにはどうすればいいのでしょうか。それは、腸内の善玉菌と呼ばれる細菌の活動を活発にすること。善玉菌にもさまざまな種類がありますが、小腸でよく働き、効果を発揮してくれる代表的なものが乳酸菌です。

生菌だけじゃなく死菌にも意味はある


そもそも、「乳酸菌」を一つの菌の名前だと思っている方もいるのではないでしょうか。乳酸菌とは、代謝によって乳酸を作り出す菌の総称で、もともと腸内にもさまざまな乳酸菌が存在しています。これらの乳酸菌がよく働き、乳酸がたくさん作られると腸内は弱酸性に保たれます。

これらの酸は腸壁を刺激し、ぜん動運動を活発化させて便通を促すだけでなく、酸性を嫌う悪玉菌の増殖・活動を抑える働きがあるのです。では、乳酸菌が多い食品を食べれば、それらが腸内で乳酸を作り出してくれるのかというと、そうではありません。乳酸は代謝によって作り出されるため、腸内まで生きた状態で届ける必要があるのですが、乳酸の多くは胃酸などによってその多くが死菌となってしまいます。

では、食品から乳酸菌を摂るメリットはあまり無いのでしょうか。乳酸菌は、死菌となってもまったく効果がないわけではありません。死菌を構成する糖やたんぱく質などを「菌体成分」と呼びますが、この菌体成分は腸内に定住する善玉菌のエサとなり、さらに悪玉菌が好む有害物質を吸着して、便として体外へ排出する役割を担ってくれます。

また、腸壁を与え免疫細胞の分泌を促進、免疫力をアップさせる効果もあります。つまり、整腸効果では生菌の方が上回るものの、死菌でも腸内環境の改善のために役立ってくれるのです。

小腸の乳酸菌が減ってしまうと体はどうなる?


そもそも、腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌が存在しています。善玉菌、悪玉菌とはその名のとおり、体に良い影響、悪い影響を与える菌のこと。日和見菌とは、状況によって立場を変える菌で、善玉が有利なときは善玉に、悪玉が有利なときは悪玉に変化する性質があります。

ただし、悪玉菌は完全に悪というわけではなく、ときには善玉菌には倒せないレベルの外敵を攻撃したり、善玉菌とエネルギーのやりとりをしたりと良い働きをしてくれることもあります。
ただし、増えすぎるといろいろなトラブルの原因となるため、大切なのはそのバランスです。善玉、悪玉、日和見菌の理想的な割合は2:1:7と言われています。

とはいえ、現代社会ではストレスや不規則な生活、脂質や糖質の多い食事など、悪玉菌が増えやすい環境にあります。そこで、悪玉菌の活動を抑える善玉菌を多く摂取する必要があるのです。
先にも説明したように、乳酸菌も善玉菌の一部。腸内で乳酸菌が減ってしまうということはつまり、悪玉菌が優勢になってしまうということ。では、具体的に悪玉菌が増えるとどのような悪影響があるのでしょうか。

まず、悪玉菌が増えると腸内はアルカリ性に傾き、悪玉菌にとって活動がしやすい環境になります。アルカリ性に傾いた腸はぜん動運動が弱まり、便秘がちになります。
そして、長くとどまった便は悪玉菌によって腸内で腐敗が進み、発生した有毒な物質は腸壁から吸収され血液にのって全身に行き渡ります。これが原因で、口臭や頭痛などその他さまざまな病気が引き起こされることがあります。
腸内環境は、身体はもちろん、精神面にも影響する大切なもの。乳酸菌で健やかな腸を目指しましょう!

便秘改善に効果的な「乳酸菌」で溜めない美人になろう

2016.08.10

女性の大敵「むくみ腸」を改善しよう

2016.08.10

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!