今年こそ!クリスパタス菌で花粉症を改善しよう

LINEで送る
Pocket

鼻水や目のかゆみといった花粉症特有の症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。人によって反応が出る植物はさまざま。なかには複数の花粉に反応する人もいます。
そうなってしまうと何カ月も花粉症の症状に悩まされることに。医師の診察を受けるのもよいですが、自力で予防あるいは症状を軽減できるのなら、それに越したことはありません。自宅でできる対策を少しずつ始めてみませんか?

人の体を守るはずの抗体が… ?花粉症と免疫の関係

そもそもどうして、人は花粉症にかかってしまうのでしょうか?その答えは、人間の免疫系の働きにあります。人の身体には、ウイルスや細菌、ガン細胞などの有害な異物から自らを守るための、防衛システムが備わっています。これが免疫系と呼ばれるものです。

この免疫系があるおかげで、人間の身体は、内部に侵入してきた風邪のウイルスやガン細胞と戦うことができるのです。その際、司令塔の役割を担っているがヘルパーT細胞と呼ばれるリンパ球です。
ヘルパーT細胞には有害な異物を認識し、またその物質と戦うために、B細胞という白血球に抗体を生産するよう命令する作用があります。抗体には異物と結合し、有害な異物を無害化したり、あるいは白血球やマクロファージが異物を破壊するのを助けたりする働きがあります。

ところがこの抗体が、本来無害なはずの花粉に対して作られてしまうことがあります。その結果免疫系は花粉を敵とみなし、それを身体から排除するために戦闘を始めてしまうのです。
もっとも花粉は空気中にありふれた物質です。免疫系の方もすぐに花粉を敵として認定するわけではありません。花粉が体内に入ると、ヘルパー細胞の一つであるTh2細胞の指示によって、B細胞でIgE抗体が大量に作られ、体内に蓄積していきます。

IgE抗体が少ないときには、免疫系が花粉に対して攻撃を始めることはありません。ところが、このIgE抗体が一定の量に達したあとで再び花粉が身体の中に入ってくると、免疫系が誤作動を起こします。
敵である花粉を外に出そうと、くしゃみや鼻水といった外敵の侵入を防ぐためのシステムを働かせてしまうのです。花粉症の原因は免疫系のエラーにあったのです。

免疫力を整えるには乳酸菌が有効!


花粉症の原因は、本来無害なはずの花粉に対してIgE抗体が作られてしまうことです。このIgE抗体の過剰生産を誘発する要因として、考えられている仮説がふたつ存在します。

ひとつ目は、抗体の生産をコントロールするTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れていることです。まずヘルパーT細胞のなかでもTh1細胞には、IgE抗体を作るTh2細胞の活動を抑制する作用があります。したがってTh2細胞に対してTh1細胞の数が少なすぎる人では、IgE抗体が作られやすい状態になっていると考えられているのです。

ふたつ目は、免疫系の働きを制御しているTレグ細胞の働きが弱すぎることが、免疫系の過剰反応を引き起こす原因と考えられています。免疫細胞の中でもTレグ細胞には、自分にとって有害な異物とそうでない異物とを区別し、他の免疫細胞が異物を攻撃するのをなだめる役割があります。このTレグ細胞の働きが弱すぎると、ヘルパーT細胞を始めとする免疫細胞が暴走しやすくなってしまいます。
したがって、花粉症の改善には、関連する免疫細胞のバランスを整え、免疫系を正常化することが必要なのです。その際、強力な味方になってくれる存在が、乳酸菌です。

免疫細胞の約6割は腸に集中しているといわれています。乳酸菌を始め腸内に生息している善玉菌には、腸内に存在している免疫細胞を刺激し、その働きを活性化させる役割があります。さらに乳酸菌にはTh1細胞やTレグ細胞を増やし、免疫系を整える作用もあります。

ヒト由来だから安心!花粉症にクリスパタス菌をオススメするワケ


腸に住んでいる善玉菌を元気づけるためには、乳酸菌を積極的に体内に取り入れ、善玉菌優勢の腸内環境を形成することが大切です。乳酸菌を気軽に摂取できる食品としては、ヨーグルトや納豆、ぬか漬けなどの発酵食品があげられます。

しかしなかには外食が多かったり、大豆や乳製品にアレルギーがあったり、といった事情から、これらの発酵食品を食べるのが難しいこともあるでしょう。こうした場合は、サプリメントの利用もおすすめです。
これらの乳酸菌を含む食品やサプリメントを毎日摂取し、乳酸菌を補給し続けることが、腸を健康にし、ひいては免疫力アップにつながります。

さらに、効率を考えるなら乳酸菌の種類にも注目してみましょう。同じ乳酸菌でも、乳酸菌の種類によって得意・不得意な分野が存在します。免疫力を整える効果が高い菌と、そうでもない菌がいるのです。発酵食品やサプリメントを選ぶときは、免疫力改善に効果のある乳酸菌を含んだ製品を選ぶようにしたいですね。

免疫力を整える効果が高い乳酸菌の代表格が、ベビー乳酸菌ともいわれるクリスパタス菌です。クリスパタス菌は、女性の膣に生息している乳酸菌で膣内を感染症から守ってくれている重要な菌です。
この菌は産道を通して、赤ちゃんに受け継がれます。この乳酸菌が優れているのは、Th1細胞を増やす効果が高いだけでなく、他の乳酸菌などが持つ免疫力向上作用をも高めてくれること。またヒト由来の菌なので、人間の腸と相性がいいといわれているのもメリットです。
乳酸菌を始めとする善玉菌は、人間にとって大切なパートナーです。腸に優しい生活を習慣づけて、花粉に負けない体づくりを目指しましょう。

酵素サプリでアトピーも改善!

2016.09.16

サプリVSヨーグルト、美容効果抜群の乳酸菌を摂るならどっち?

2016.08.08

知ってた?スプーン1杯で期待できるオリーブオイルの美容効果いろいろ

2016.06.08
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!