生活習慣を見直して効果的に歯周病を予防しよう

LINEで送る
Pocket

人は年齢が上がるにつれ歯を失いやすくなりますが、その主な原因は虫歯ではありません。原因の大半が歯周病によるものなのです。歯周病は虫歯と異なり、自覚症状がほとんどないやっかいな病気です。

30代の7割、40代の8割が本人の気付かない間に歯周病にかかっており、自覚症状が現れた時にはすでに手遅れになっています。しかも、歯周病によって歯を失うと、認知症や生活習慣病になる確率が高くなってしまうのです。

そこで、自分の歯は自分で守れるよう、歯周病の予防法についてご説明します。

知っておきたい歯周病の原因と主な症状

歯周病を予防するには、まず、その原因を知っておく必要があります。
そもそも、歯周病とはなにかというと、歯そのものを攻撃する虫歯とは異なり、歯肉を炎症させ、歯を支えている骨を溶かしていく病気です。歯周病は歯に付着した歯垢の中にいる歯周病菌によって引き起こされます。

歯垢の8割程度は数百種類の細菌によって構成されていますが、その中には10種類余りの歯周病菌がいることが確認されています。歯周病菌は酸素を嫌う嫌気性菌です。
それゆえ、風通しの悪い奥まった場所を好む性質があります。そして、口の中で、歯周病菌の生存に最も適した場所が、歯と歯茎の間にある隙間、いわゆる歯周ポケットなのです。
歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌は繁殖を続け、歯垢がたまると歯茎が腫れて歯周ポケットの隙間を大きくしていきます。

また、増殖した歯周病菌は酸を分泌し、歯の下にある歯槽骨を徐々に溶かしていくのです。その際、痛みなどの自覚症状はほとんどないため、歯の違和感に気がついた時には手遅れになっているケースが多いというわけです。

初期症状として見られるのは、歯茎に炎症が起きる歯肉炎です。歯茎が赤みを帯び、軽い刺激で出血をするようになります。これがさらに悪化すると、炎症が深部まで進み、歯周炎となります。歯茎から膿が出始め、歯がぐらつき始めるというのが主な症状です。

歯周炎の段階までくると、歯が正常な状態に戻ることはありません。歯のぐらつきは次第に大きくなって、最後には抜け落ちてしまうのです。

取り組める歯周病のセルフケアとは


歯周病予防の基本は虫歯と同じ歯磨きです。
とはいっても、ただ漫然と磨いていただけでは、十分な効果は得られません。歯周病を予防するには、正しい歯磨きの仕方を身につける必要があります。

まず、歯ブラシが大きすぎると歯の隅々まで磨けないため、やや小さめのものを選びます。そして、歯ブラシがかたすぎると歯茎を痛め、やわらかすぎるとしっかりと歯垢を落とせないのでふつうのかたさがおすすめです。
ただし、ふつうのかたさの歯ブラシで歯磨きをすると出血するなど、すでに歯周病になっている疑いがある場合は、やわらかめのものを使ってください。

また、毛先が広がってしまってはブラッシングの効果が十分に得られませんので、歯ブラシは早めに新しいものに交換するようにしましょう。
さらに、歯磨きをする時は、歯と歯茎の間を意識ながら磨くことが大切です。歯周ポケットの中に毛先が入り込んでいくイメージで磨いてください。歯ブラシは歯に対して垂直ではなく、45度に傾けて磨くのがコツです。
しかも、歯を一列単位で磨くのではなく、1本ずつ丁寧に磨いていきましょう。

歯ブラシは小さく振動させるように動かし、1本の歯につき20往復が基本です。ただし、歯垢を落とそうとして力いっぱい磨くのは厳禁です。歯茎を痛め、逆に、歯周病の原因となってしまいます。毛先がしならない程度に軽くなでるように磨きましょう。

なお、歯磨きをする適切なタイミングは、食後と就寝直前、起床直後です。睡眠中は殺菌作用のある唾液の分泌が減り、歯周病菌が増殖しやすくなっています。したがって、眠る前に歯周病菌を叩いておき、起きた時に増えた歯周病菌を洗い流すのが予防に有効だというわけです。

歯磨きの他にも、生活習慣の見直しも歯周病予防につながります。特に、喫煙は歯周病の進行を早めるため、できれば禁煙をするのがよいでしょう。また、甘いものは歯垢がつきやすいので過剰摂取は危険です。食物繊維やビタミンの多い野菜、果実を中心とした栄養バランスのとれた食事を心がけることが歯周病予防につながります。

さらに、食事の時はよく噛み、唾液を分泌させることで歯周病菌の増殖を防げます。ストレスも歯周病の発症や悪化の原因となるので、適度な運動や湯船でぬるま湯に長時間つかるなど、日ごろからストレス解消法を身につけておくのも大切なことです。

毎日のケアが効果的になるアイテム選び


歯磨きをする際は、通常の歯ブラシだけでなく、補助的なアイテムを用いるとさらに予防効果が高まります。
例えば、部分磨き専用歯ブラシです。通常の歯ブラシでは大きすぎて磨きにくい奥歯の後ろ側や歯並びの悪い場所でもヘッドの小さな部分磨き専用歯ブラシなら自在に磨くことができます。

また、歯間ブラシを用いれば、歯と歯の間に残された歯垢も除去できるのです。歯間ブラシには前歯などの狭い場所に用いるSSSサイズから、歯茎が委縮している場所やブリッジを装着していて隙間が広くなっている場合に用いるLサイズまでさまざまな大きさのものがあります。

最初は自分に合ったサイズが分かりにくいでしょうから、まずは小さめのサイズから試していき、歯の間が広すぎてスカスカする場合は大きめのものをそろえるようにしましょう。また、歯の間にブラシ入らないからといって無理やり押し込もうとはしないでください。歯茎をいため、出血する恐れがあります。歯間ブラシが入らない場合は、糸ようじが有効です。歯と歯の間に歯茎を傷付けないように糸を差し込み、ゆっくりと上下に動かすと歯垢が取れていきます。ただし、歯垢に糸を当てすぎて傷付けないように気をつけてください。

さらに、歯周病菌予防に対して効果が期待できる成分として乳酸菌Ls1が注目されています。乳酸菌LS1は歯周病菌に対する殺菌作用があり、その成分が配合されているサプリメントなどを摂取すると、高い予防効果があるといわれています。

以上のように、歯周病の予防にはさまざまな方法がありますが、重要なのはそれを根気よく続けることです。歯は1度抜けると2度戻ってこないかけがえのないものです。年をとっても自分の歯で食事ができるように歯周病対策は万全をつくしましょう。

乳酸菌で虫歯は予防できるの?歯周病や口臭にも効く乳酸菌のヒミツ

2016.11.20

口臭を改善したい大人女子へ!口臭の原因と手軽にできる対策とは?

2016.11.16

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!