授乳中につらい花粉症が…薬は母乳に影響する?内服薬以外の対策は?

LINEで送る
Pocket

花粉症の季節になるたびに憂鬱になるという人は多いですよね。花粉症の症状は人によってさまざまですが、目が赤くなってかゆい、鼻水が止まらない、頭がぼうっとするなど、ひどいアレルギー症状に悩まされる人は年々増えています。去年まで平気だったのに今年に入って急に花粉症になってしまったという人もおり、ある日突然花粉症になることもあるので注意が必要です。

通常ならアレルギーをおさえる薬を飲んで花粉症の季節をやり過ごすところですが、授乳中だと薬の服用は心配ですよね。そこで今回は授乳中の花粉症の過ごし方についてご紹介します。

基本的に授乳中の服用はNG!医師に相談を

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素だけでなく、ウイルスや菌に対する免疫力などもお母さんから受け継ぐことができるといわれています。また、母乳をあげるときに目を合わせ、体を近づけることで赤ちゃんとの信頼関係を築き、親子関係の構築にも役立つとされています。

母乳をあげることは赤ちゃんだけでなく母体の回復にもつながるため、赤ちゃんをできるかぎり母乳で育てたいと望むお母さんは多いですよね。しかし、もし病気やけがでお母さんが薬を飲まなければならなくなったとき、授乳中だと服用していいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

国立成育医療研究センターのHPによると、世の中に出回っている多くの薬は、ほとんどが母乳中に移行するという調査結果がでています。このためお母さんが薬を飲むと、母乳にも移行してしまうため、授乳中は薬の服用をやめる、または薬を服用する場合は授乳を控えることが無難です。

しかし、確かに移行することは確認されていますが、その量はほんのわずかであるため、必要以上に薬の服用をおさえる必要はないという意見もあります。特に持病があり薬の服用が義務付けられている人は薬をやめるにしても飲み続けるにしても自己判断は禁物です。

長年の研究の成果によって、授乳中にも安全に使用できる薬と授乳中は控えたほうが良いと考えられる薬がわかるようになりました。自己判断で服用せずに必ずお医者さんに確認をとってから服用するようにしましょう。

内服薬が無理な場合は耳鼻科に行って目薬や点鼻薬を貰う


お母さんが薬を飲んだとしても母乳に移行する量はほんのわずかといわれても実際に赤ちゃんにどんな作用を及ぼすかわからないため、我慢できるならなるべく薬には頼りたくない、というお母さんも多いですよね。

とはいえ花粉症が引き起こす不快な症状をただじっと我慢しているのは辛いものです。そこでおすすめなのが目薬や点鼻薬の使用です。花粉症の主な症状として、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどがあります。これは、花粉を異物と判断した体が体の外へ追い出すための機能で、粘膜の炎症によって引き起こされます。

内服薬を飲むと体全体に効果が期待できますが、部分的に炎症を改善したい場合には目薬だけ、点鼻薬だけの使用でもある程度の改善効果を期待できます。内服薬と違い外用薬は母乳に移行しないので授乳中でも安心して使用することができます。

耳鼻科に行くと鼻やのどの様子を確認して炎症の様子に合った薬を処方してくれるので、1度相談に行ってみましょう。

どうしても辛いときは漢方薬に頼るという手も!

花粉症の症状としてぱっと思いつくのは鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、頭の重さなどですが、実は咳やのどの痛み、声枯れ、じんましんなどがでることもあり、人によって症状の重さも異なります。

赤ちゃんのために薬を飲みたくないと我慢し過ぎてしまうと、炎症が悪化して呼吸器症状を引き起こし、ぜんそくや肺炎を引き起こす原因になることもあります。どうしても辛いときは、無理せずに病院でお医者様にしっかり相談することが大切です。

このときあまり薬を飲みたくないと伝えると、体を温めたり、自然治癒力を高め、代謝をよくする漢方薬を処方してくれることもあります。漢方薬は苦味や独特なにおいが苦手という人もいますが、効き目がおだやかというメリットもあります。

しかし、漢方薬ならすべて安心という訳でなく、例えば便秘に効果のある漢方薬を飲むと授乳中の赤ちゃんも下痢をしてしまったという報告もあります。漢方薬を飲むときも事前にお医者さんに相談してから服用するようにしましょう。

薬が飲めないときは食事改善で花粉症を撃退しよう


薬には直接頼りたくない、根本的に体質改善をしたいという場合は毎日の健康管理が大切です。授乳中のお母さんは赤ちゃんの授乳のために深夜何度も起きたり、日中も寝不足になりがちです。また、授乳によって赤ちゃんに栄養素を分け与えてしまうため、しっかり食事をとらないと栄養不足に陥りがちです。

お母さんの体力が落ちると当然免疫力も下がるため、花粉症などの症状が強くなってしまう場合があります。しっかり睡眠をとり、栄養バランスの良い食事を心掛けることで体の免疫力が上がり、花粉症の症状をおだやかに改善する効果が期待できます。

特に夕方は疲労とストレスでおっぱいがでないなどのトラブルが起きがちです。決められた食事の時間に間に合わないときでも、おにぎりやサンドイッチなど簡単につまめるものをちょこちょこ食べるように工夫してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの健やかな成長には何よりもお母さんの健康が第一です。赤ちゃんと同じように自分の体も大切にしてあげましょうね。

花粉症情報サイト(外部)
花粉症の主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル

花粉症を重症化させないための予防法って何?

2016.11.11

花粉症を治すにはどうしたらよい?食べ物で症状を和らげる

2016.11.01

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!