控えたほうがいい?花粉症とお酒の関係について

LINEで送る
Pocket

花粉症の人はお酒を飲まない方がいいともいわれています。しかしお酒好きの人にとっては、飲むことをやめるのはつらいものがあるでしょう。宴会シーズンともなれば、お酒を飲むことを断るのも難しくなります。

そもそも花粉症にお酒がよくないというのは本当なのでしょうか。花粉症はどうして発生するのでしょう?これら花粉症に関する疑問について、調べてみましょう。

そもそも花粉症はどうして発生するの?

花粉症とは、植物の花粉が人間の体内に入ることで、身体の免疫が過剰に反応する症状のことです。身体が花粉を体内から追い出そうとして、くしゃみが出たり鼻水や涙が流れたりします。人間の身体は異物が侵入すると体内で抗体を作り出します。

抗体とは異物を体内から除去する分子のことです。花粉の侵入により作られた抗体は、再び花粉が侵入してくると、花粉を体外に追い出そうとします。このときに炎症を引き起こす化学物質であるヒスタミンなどが分泌されます。

これら化学物質が、異物を追い出すためにくしゃみや鼻水、涙など花粉症の症状を発生させるのです。症状を引き起こす主な花粉としては、2月~4月にかけて飛ぶスギ花粉、4月~5月にかけてのヒノキ花粉、6月~8月にかけてのイネ科花粉、8月~10月にかけてのブタクサ、ヨモギなどがあります。

日本でスギ花粉による花粉症が増えたのは、戦後に植えられた大量のスギの木が大きく成長し、スギ花粉が多く飛散するようになったためです。日本以外であまり花粉症の話題があがらないのは、スギが日本特有の木だからなのです。

お酒を飲むと花粉症の大敵「ヒスタミン」が分泌される


花粉症の原因は、人体が花粉を異物として認識し、炎症を起こす化学物質であるヒスタミンなどを分泌するからですが、このヒスタミンはお酒を飲むことによっても増えてしまいます。

その仕組みについては次のとおり。血管に入ったアルコールは肝臓に運ばれて、アセトアルデヒドという物質に分解されます。アセトアルデヒドは末梢神経を刺激するという働きをします。

免疫細胞がこの刺激を受けると、ヒスタミンが放出されてしまいます。お酒を飲むとくしゃみが出たり、涙や鼻水が出たりと花粉症の症状が重くなるのは、この仕組みのせいなのです。

またアルコールは、血管を拡張する働きがあります。血管が拡張し血流が増えると、鼻づまりや目の充血を促進してしまうという悪影響も出てしまいます。

さらにお酒の席で出る食べ物には、脂肪分の高いものが多く、食べ過ぎると免疫力を低下させてしまうおそれもあります。つまり花粉症の人がお酒を飲むことは、さまざまな理由からおすすめできないのです。

少なくとも症状の重いときには、お酒を飲むことを我慢し、飲みの誘いも断るようにしてください。

アルコールは鼻やのどの粘膜を乾燥させる

アルコールには利尿作用があります。お酒の席で何度もトイレにいきたくなるのは、この利尿作用のせいです。しかも尿として排出されるのは飲んだ分だけではありません。

それ以上の量の水分が体内から出ていってしまいます。体内の水分が足りなくなることにより、鼻やのどの粘膜が乾燥してしまうのです。粘膜が乾燥すると、花粉と侵入を防ぐことが難しくなります。

また鼻の粘膜が乾燥すると、鼻汁も乾燥してつまり、鼻づまりがひどくなってしまうのです。のどの粘膜が乾燥すると、痛みの症状が出ることもあります。粘膜の乾燥を防ぐには、部屋を加湿するのが良いでしょう。

外出中であれば、マスクをつけるのも有効です。ぬれマスクなどが得に効果的といえます。のどの粘膜に対しては、のど飴をなめたり、飲み物を飲んだりすることで乾燥を防ぐことができます。

花粉症のときの飲み物については、カテキンの入っているお茶などがおすすめです。しかし一番のおすすめは、やはり乾燥の根本的原因となっているお酒をやめることです。

少量飲むことはしかたがないとしても、脱水症状を起こすほどの大量の飲酒は避けるようにしましょう。

飲み会に参加するなら薬を服用するタイミングを考えて


お酒に含まれるアルコールが、花粉症にはよくないということがわかりました。しかしどうしても参加せざるを得ないという飲み会もあることでしょう。そんなときには、ふだん飲んでいる花粉症の薬を服用するタイミングに気をつけてください。

なぜならば花粉症の薬には、アルコールに溶けやすい成分が含まれている場合があるからです。薬の成分が急激に吸収されると、その薬に想定された効き目や効果の続く時間などが変わってしまうかもしれません。

また副作用が起こるおそれもあります。アルコールも薬も肝臓で分解されるので、花粉症の薬とお酒を一緒に飲むと、肝臓にかける負担が大きくなってしまうという弊害もあります。

以上のことから、花粉症の薬を飲んだ場合は、お酒を控えた方が良いでしょう。どうしても飲まなければならない場合は、お酒を飲む前後に数時間の時間を空けて飲むようにしてください。

お酒が、花粉症に悪い影響を与えるのは間違いのないところです。お酒が好きな人にはつらいかもしれませんが、せめて花粉症のシーズンだけでも、お酒の量を控えるようにしてください。

花粉症情報サイト(外部)
花粉症の主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル

花粉飛散シーズン前から緑茶を飲んで花粉症を予防しよう!

2017.02.12

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!