みかんの抗花粉症効果がすごい!その秘密と食べ方のコツとは

LINEで送る
Pocket

2月~5月の春先はテレビでも花粉情報を見かける機会が多いですね。でも実は花粉の種類や地域によって、1年中花粉が飛んでいるのをご存じでしたか?

代表的なスギ花粉に加えてヒノキやブタクサなど花粉症の症状に悩む人にはつらいですね…そんな人に耳寄り情報です!冬の間によく食べるみかんに抗花粉症効果があることが分かっているのです!

ここではそんなみかんの効果やおすすめの食べ方などをご紹介していきます。

花粉症発症にはIgEやヒスタミン量が大きく関係している

花粉症はアレルギー症状の一種として知られています。ある特定の物資に対してアレルギーを持つ「アレルゲン」に身体が反応することでアレルギーは引き起こされます。

中にはアナフィラキシー・ショックのように、生死に関わるアレルギーもありますよね。例えば身体が花粉を異物と認識してしまうと花粉症の症状が出るわけです。

免疫組織がアレルゲン(花粉)を察知したら、血液中に「IgE」と呼ばれる抗体を作り始めます。このIgEは血液中にとどまり、次にアレルゲンが進入してきたときに脂肪細胞から「ヒスタミン」という炎症物質を出して、花粉を退治しようと炎症を起こします。これが花粉症のメカニズムです。

炎症は身体の部位によって、鼻水や目のかゆみ、涙目、肌荒れなどさまざまな症状となって現れます。ヒスタミンはいっけんやっかいな存在に思えますが、実は体を守ってくれる重要な役割を果たしているのです。

花粉アレルギーの人の血液を調べると、血中のIgE濃度が高いことが分かります。IgEはアレルゲンごとに特定なので、花粉症の人は花粉のIgE、ネコアレルギーの人はネコのIgEなどそれぞれのIgEを持つことになります。

みかんの皮に含まれるノビレチンが刺激を防ぐ!


2015年3月28日に岡山県で開催された日本農芸化学会において、愛媛大学農学部菅原卓也教授のグループが発表した研究結果が花粉症の改善に効果が期待できると注目を集めています。

グループは温州みかんの皮に含まれるポリフェノール「ノビレチン」と、「βラクトグロブリン」と呼ばれる牛乳成分由来のタンパク質に、それぞれ花粉症の炎症症状を抑える効果があるというものです。

実験はスギ花粉の患者26人を対象に行われ、飲むヨーグルト150mlにすりつぶしたみかんの皮を混ぜて2週間の間毎日1回飲み、摂取前と2週間後を比較する形で行われました。

結果はなんと2週間後26人全員が花粉症の自覚症状が減ったというのです!またデータ的にも眼球温度を調べると、結膜炎の指標となる温度上昇が約半分に減ったそうです。

みかんの皮に含まれるノビレチンがヒスタミンの放出を抑えることによって、花粉の炎症が改善されたと考えられています。菅原教授は今後この研究結果をもとに、花粉症を改善できる機能性食品などを開発していきたいとおっしゃっているので、ぜひとも期待したいですね!

スムージーやジャムでみかんの皮をおいしく食べる

みかんの皮に花粉症の炎症を抑える効果があることは分かりましたが、そもそもみかんの皮を食べることあまりないですよね?漢方ではみかんの皮のことを「陳皮」と呼び、古くから身体を温めたり、咳や痰を抑えたりする働きがあることで知られています。

なるべく毎日続けることで効果が期待できるので、面倒なことはできない!という人におすすめなのがスムージーです。スムージーはミキサーに材料をすべて入れてスイッチを入れるだけという手軽さなので、毎日朝ごはんのときに作ることができますね。

みかんの皮には苦味がありますが、バナナ・リンゴ・はちみつなどの甘みのある食材と一緒にすることで、苦味も気にならなくおいしくいただけます。

また時間があるときに作っておきたいのがみかんジャム。マーマレードのように皮ごと使えばノビレチンを余すところなく活用できます。作り方は簡単、まずむいたみかんの皮を1度ゆでこぼして千切りにします。

鍋にみかんの果肉を薄皮ごとざく切りにしたものと、みかん全体の重さに対して約半分の砂糖、ゆでこぼしておいた皮をすべて入れ、とろみがつくまで煮るだけ!長期保存できるのがうれしいですね。

ヨーグルトと併せて食べると効果がアップ!


さらに花粉症予防の効果をアップさせる食べ方として、ヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです!

菅原教授の研究結果にもあったように、牛乳成分由来のタンパク質βラクトグロブリンにも花粉症改善効果があるので、みかんの皮とヨーグルトを一緒に摂取することでその効果がいっそう強くなります。

またヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので、身体の免疫力や新陳代謝をアップし、そもそものアレルギー体質を改善しやすくなります。

花粉症は体質改善をすることによって症状を緩和することができます。手作りのみかんジャムをヨーグルトに入れたり、スムージーにヨーグルトを入れたりと、身近な食材で花粉症対策ができますよ。

薬で鼻水や涙目、くしゃみなどのつらい症状を抑えるだけでなく、身体の内側からアレルゲンに負けない体づくりをしていきましょう!

参考サイト(外部)
アレルギーの起こる仕組み
参考サイト(外部)
ミカンの皮+ヨーグルト
参考サイト(外部)
乳酸菌と花粉症

花粉症は食事から治せる!花粉症対策におすすめのレシピ3選

2017.02.14

花粉症予防に効果的な果物!でもアレルギーには要注意

2017.02.01

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!