助けて!花粉症のせいで夜も眠れない!

LINEで送る
Pocket

夜になると花粉症がひどくなる、という人も多いのではないでしょうか。日中は症状がおさまっているのに、夜になると鼻水やくしゃみが止まらなくなるケースが見られます。帰宅してくつろごうとした途端、症状がひどくなるとリラックスできませんよね。ベッドに入ってからもおさまらないとなると、なかなか寝付けなくて辛い思いをすることになるでしょう。

そこで今回は、夜になると症状がひどくなる理由や眠れないときの対処法などをご紹介します。

どうして夜になると症状がひどくなるの?

一般的に、花粉の量が多くなるのはお昼前後です。午前中に飛散が始まり、お昼ごろには広範囲に到達するためです。日没後の少しの間も、花粉は増える傾向があります。空高く舞っていた花粉が落ちてくることが理由として考えられます。

そして、その現象がおさまると、花粉の飛散する量は少なくなるといわれています。それでは、その後の夜間も花粉症がひどくなるのはなぜでしょうか。それには、自律神経や住宅内に落ちていた花粉が関係している可能性があります。

人間の身体には、自分の意志に関係なく活動している組織が多くあります。それに大きく関係しているのが、自律神経です。自律神経には、交換神経と副交感神経という、相反する特性を持つ2種類が存在します。交感神経は、緊張しているときやストレスがあるときに活性化します。一方の副交感神経が活性化するのは、リラックスしているときです。副交感神経が優位な状態になると、アレルギー症状が強く現れるといわれています。

アレルギー症状の一種である、花粉症の鼻水やくしゃみも同様です。帰宅すると、緊張から解き放たれてリラックスした状態になる人が多いでしょう。その結果、副交感神経が活性化して、花粉症の症状が現れやすくなるといわれています。

また、就寝の準備をしているうちに、床に落ちていた花粉が舞い上がってしまうことがあります。就寝時には、室内を大量の花粉が舞っている状態になっているかもしれません。その状態になると、花粉症の症状がひどくなるのは当然といえるでしょう。

花粉症で眠れないときの対処法


花粉症で眠れないときでも、対策を行うと改善することがあります。何もせずに放っておくと、症状はなかなかおさまらないでしょう。対処法は複数ありますが、手軽に行えるのは就寝前に薬を飲むことです。花粉症の人は、仕事や家事に支障が出ないように、日中は花粉症の薬を服用していることが多いでしょう。

就寝する前にも、その薬を飲んで症状を緩和すると眠りやすくなります。就寝中にくしゃみや鼻づまりなどの症状が現れて、目が覚めたり熟睡できなったりすることも防ぎやすいです。

また、マスクをつけて寝るのも対処法のひとつです。口と鼻をマスクで覆うことで、寝床付近の花粉を吸いこむことを防ぎます。喉が乾燥することも防げるので、花粉症の症状である喉の痛みに悩まされている人には特におすすめです。空気清浄機を使用して、空気中の花粉を除去すると、さらに効果が高まるでしょう。

花粉症のせいで眠れない日が続いているなら、日中に対策を行っておくことも重要です。寝室の掃除をこまめに行って、できるだけ花粉がない状態にしてください。床に落ちている花粉を掃除するのはもちろんですが、大きなポイントになるのは寝具の掃除です。ほかの場所をいくら掃除しても、寝具に花粉が残っていると眠っているときに吸い込んでしまいます。

できるだけ毎日、枕カバーやシーツを取り換えましょう。布団の中に入り込んでいる花粉も除去するために、布団専用のクリーナーを使用して掃除するのが望ましいです。

おやすみ前の入浴とストレッチで安眠へ


就寝前の入浴をしっかり行うことで、眠るときに花粉症の症状が出にくくなることがあります。外出すると花粉は体中に付着します。目視するのは難しいですが、衣類だけでなく肌や毛髪などに付着している花粉も少なくありません。丁寧に体を洗って入浴することにより、花粉を洗い流すことが大切です。シャワーだけで手軽に済ませると、花粉が体に残ったままになる可能性があります。そうすると、寝床に花粉を持ち込むことになってしまいます。

また、入浴中は湯気を多く吸い込むことを心がけると良いでしょう。蒸気によって気管が通りやすくなり、鼻づまりなどの症状が緩和することがあるからです。湿ることにより、鼻の内側に付着している花粉も取れやすくなります。

そして、ストレッチを行うと安眠しやすくなるといわれています。副交感神経が優位な状態のまま寝ようとすると、花粉症の症状がひどくなりやすいです。逆にいうと、交感神経の方を優位にしておけば花粉症の症状を緩和できると考えられます。交感神経を活性化する代表的な方法は、運動です。しかし、就寝前にランニングなどをするのは、負担が大きいですし現実的でもないでしょう。

そこでおすすめなのが、ストレッチというわけです。ストレッチであれば、寝室やベッドの上でも簡単に行えます。血行が良くなり体が暖まることによって、寝つきが良くなることも期待できます。
花粉症のせいで眠れなくて悩んでいる人は、ぜひ今回ご紹介した対処法を試してみてください。

花粉症でもランニングをしたい!どんな対策をすればいい?

2017.04.03

授乳中につらい花粉症が…薬は母乳に影響する?内服薬以外の対策は?

2017.02.24

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!