美肌だけじゃない!花粉症にもビタミンCが効く!?

LINEで送る
Pocket

花粉症で悩んでいる人のなかには、内服薬やマスク、目薬、メガネなど、さまざまなアイテムを併用しているという人も少なくありません。これらのアイテムを駆使しても、なかなか症状が完全しないという人も多いのではないでしょうか。ビタミンCというと、美肌効果をもたらす栄養素ということで周知されていますが、実は花粉症にも効果を発揮してくれるといわれています。

今回は、ビタミンCが花粉症に効く理由や、ビタミンCが含まれる食べ物などについて解説します。

ビタミンCが花粉症に効果がある理由

長期化する辛い花粉症の症状を軽減するために、ビタミンCの摂取が効果的であるということが、テレビや雑誌などをはじめとする、さまざまなメディアで指摘されています。ビタミンCは美肌やシミの抑制などといった、美容面での効果が注目されることが多くありますが、そのほかにも風邪の予防や発がん性物質の分解、抗アレルギー効果などといった、さまざまな働きが期待できる成分です。

それでは、なぜビタミンCが花粉症の症状軽減に効果的であるのか、という点についてです。これについては、ビタミンCは体内にあるアレルギー物質であるヒスタミンの量を減らすことができるので、花粉症対策においても有効であるということがわかっています。

ヒスタミンとは、花粉症やハウスダストによって引き起こされる、鼻炎の原因となっているアレルギー物質のことです。このアレルギー物質であるヒスタミンが多量に分泌されることが原因となって、花粉症特有の症状が起こっています。ビタミンCは、過剰なヒスタミンの分泌を少なくすることにより、アレルギー症状を軽減してくれるのです。これが、ビタミンCが花粉症に効果があるとされる理由です。

「花粉症は春だけのもの」というイメージを持っている人も多くいますが、実は年中花粉は飛散しており、なかにはほぼ1年に渡って花粉症の症状を自覚しているという人もいます。ビタミンCは身近にある食材や、ときにはサプリメントなどで効率良く摂取することが可能ですので、バランスの良い食生活を心がけることが花粉症の改善にもつながります。

ビタミンCが豊富な食べ物を教えて!


ビタミンCを豊富に含む食べ物と聞くと、レモンを想像する人が多いのではないでしょうか。確かに、「レモンはビタミンの宝庫」と呼ばれるだけのことはあって、レモン100グラムあたりに100ミリグラムものビタミンCが含まれています。しかし、いくら花粉症対策のためとはいっても、毎日レモンを食べ続けるということは非常に困難です。レモン以外の食品でも、ビタミンCが豊富に含まれているものはたくさんあります。

例えば、赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、パセリ、ケールなどは、ビタミンCを多く含む野菜です。また、果物では柿、キウイフルーツ、いちごなどに多く含まれています。これらをサラダやジュースなどにして、気軽に普段の食生活に取り入れていくことが大切です。これらの食品を食べるときに気を付けることとして、一度に食べるのではなく複数回に分けて食べることがポイントとなります。

ビタミンCは水溶性ビタミンのため、身体へ効率良く吸収するのが難しいことが指摘されています。これらを食べると、摂取したビタミンCは2~3時間後には尿や汗となって体外へ排出されてしまいます。花粉症の症状を軽減させることを目的として摂取するのであれば、複数回に分けて食べることが望ましいといえます。

特に、フルーツなどは小腹が空いた時などに、おやつ代わりに食べてみても良いでしょう。ビタミンCを賢く、積極的に摂取していくことで、花粉症対策だけではなく、健康の維持や免疫力の向上など、さまざまなうれしい効果も期待できます。

ビタミンPと合わせて取るとさらに効果的!


そもそも、「ビタミンP」という成分の言葉自体、はじめて耳にしたという人も多いのではないでしょうか。この「ビタミンP」という成分は、ビタミン群の仲間でありポリフェノールの一種です。ビタミンPは、ビタミンCが適切に機能するよう助ける働きを持っています。上記でも述べたように、ビタミンCは水溶性ビタミンであるために、数時間で体外へと排出されやすいい成分です。

ビタミンCが花粉症の症状緩和に効果を発揮してくれることは分かりましたが、ビタミンCを花粉症対策として効率的に役立たせるためには、ビタミンPと合わせて摂取するとより効果的であるといわれています。ビタミンPとは、具体的にはルチン、ヘスペリジン、ケルセチンを指しています。ビタミンPが含まれる身近な食品としては、そば、イチジク、ミカン、リンゴなどが挙げられます。

ビタミンCを安定的に身体へと吸収させていくためにビタミンPは必要ですが、これらの食品をバランス良く摂取することで健康維持にもつながっていきます。ビタミンCを食品ではなくサプリメントで摂取しようとした場合には、ビタミンPだけでなくほかの栄養素との兼ね合いも大切です。

ビタミンCは花粉症対策に効果を発揮してくれますが、本来の健康を維持して損なわないためにも、豊富な食材からバランス良く栄養を吸収するなどして、身体の免疫力そのものを向上させていくことが、何よりも大切であることを忘れてはいけません。

花粉症情報サイト(外部)
花粉症の主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル

ショック… !砂糖の取りすぎが花粉症を悪化させる!?

2017.03.31

どうにか治したいつら~い花粉症…症状緩和に効果がある栄養まとめ

2017.02.21

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!