花粉症の検査はどうすれば良いの?

LINEで送る
Pocket

春が近づくにつれて何だか鼻がムズムズしたり、くしゃみや涙がよく出てきたりすることはありませんか?
気がついていないだけで、もしかしたら花粉症にかかっているのかもしれません。。

花粉症はアレルギーの一種なので突然発症することがあります。前年は平気でも今年は必ず大丈夫ということはないので、花粉症的な症状があれば検査をしてみましょう。
しかし、検査といってもどこへ行ってどのようなことをするのかわからなければ、不安で一歩踏み出せないかもしれません。

そこで、花粉症検査に興味がある人の疑問にすべて答えます。

花粉症の検査は内科で受診?それとも耳鼻科?

花粉症検査に行く前にまず疑問に思うのは、花粉症は何科で診てくれるのかということではないでしょうか。

花粉症はアレルギーであるため内科を受診しそうですが、くしゃみや鼻水が出るので耳鼻科を訪れたほうが良いかもしれません。
涙が出たり、目がかゆくなったりするので眼科という可能性もあります。

実は、花粉症の検査は症状が出ている箇所の科に行けば対応してくれます。複数の症状が出た場合は、一番重い症状を担当している科に行ってください。
例えば、目がかゆいのなら眼科へ行きますが、それよりも鼻水がよく出るのなら耳鼻科に行ったほうが良いといえます。
咳など気管支に異常を感じれば呼吸器科が良いでしょう。花粉症以外のアレルギー症状を持っている場合はアレルギー科が、高血圧や糖尿病を疾患しているなら内科がベストな選択です。

一方、子どもが花粉症になった場合は小児科という選択肢もあります。ただし、小児科以外にも大人同様眼科やアレルギー科、耳鼻咽喉科に行っても適切な対応をしてくれるでしょう。
小児科の場合は花粉症を専門的に扱っているわけではないので、花粉症の症状が重たい場合は基本的におすすめできません。
詳しい検査は行われず、触診や目の状態の確認など比較的簡易な検査しかしてくれない可能性が高いからです。小児科を訪れる場合はあくまで花粉症か風邪の症状かわからないときなどにして、明らかに花粉症である場合は耳鼻科やアレルギー科などを訪れるほうがいいかもしれません。

検査結果が出るまでの日数


花粉症の検査は何時間もかかるようなものではなく、比較的短時間で終了するものが多いです。
花粉症検査には主に5つの方法があり、鼻鏡検査、レントゲン、鼻汁細胞の検査、皮膚反応テスト、血液検査となっています。それぞれの検査に必要とされる時間はバラバラです。

鼻鏡検査は粘膜の状態を見る検査であり、2分〜3分ほどで終了します。検査結果もその場で医師から伝えられます。
レントゲン検査は鼻鏡検査では発見できない炎症がないかを見るもので、5分程度の検査時間がかかります。レントゲン写真は比較的すぐにできあがるため、その日のうちに検査結果がわかることでしょう。

鼻汁細胞の検査とは鼻の粘膜を綿棒でこすりとり、アレルギーがあるかどうかを判定するものです。検査結果は陽性か陰性かで判断されます。検査時間は短く5分程度で終了します。

皮膚反応テストには4つの種類があり、テストの仕方は微妙に異なります。しかし、いずれの場合も皮膚にアレルギーを誘発する物質であるアレルゲンを付着させて、皮膚がどのような反応を示すのかを観察することが目的です。反応が出るまでに時間がかかるため、20分程度要します。
血液検査は採取した血からさまざまなアレルギーの可能性が検査できる方法で、花粉症の場合どの植物の花粉がアレルゲンかまで特定できます。検査結果が出るまでは数日〜7日間と長い時間がかかりますが、最も詳しく花粉症について調べられる優れた方法といえます。

気になる検査費用について


花粉症の検査でもうひとつ心配なことは、検査費用なのではないでしょうか。花粉症検査の場合、保険が適用される場合とされない場合の2通りがあります。病院を訪れて「花粉症っぽいので検査してください」といった場合は、保険の適用外となることが多いです。保険を適用させたいのならまず医師に症状を説明し、医師が検査を必要と判断するまで待つ必要があります。
症状を説明したとしても医師が検査の必要なしと判断すれば、たとえ検査をしたとしても保険で費用はカバーされないので注意が必要です。

保険が適用された場合の検査費用の目安は、鼻鏡検査で1,000円程度、レントゲンで1,000円〜2,000円程度、鼻汁細胞検査で1,000円程度が目安です。
皮膚反応テストでは値段が少々上がります。皮膚反応テストの中のプリックテスト(皮膚を針で刺しその上からアレルゲン物質を垂らす方法)の場合は3,000円〜4,000円程度の費用がかかります。
血液検査の費用は2,000円〜5,000円程度と費用に幅があります。
花粉症の検査の中で最も高額ですが、花粉症以外にもハウスダストや食品アレルギーなどの有無も調べられるため、考え方によってはお得な方法です。

花粉症の検査では、検査方法だけではなく調べたらわかることにも違いがあります。医師からどの方法で行いたいか意見を求められたときは、自分が一番良いと思うものを選択してみてください。

助けて!花粉症のせいで夜も眠れない!

2017.04.10

自然派のあなたに… 馬油を使った花粉症対策はいかが?

2017.04.05

花粉症対象におすすめ!飲んでみたいのはどのドリンク?

2017.03.15
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!