これって大丈夫?乳酸菌飲料(殺菌)は摂取しても意味があるのか

LINEで送る
Pocket

便通改善や免疫力の向上といった効果が期待できる乳酸菌。これを手軽に摂取できるものとして挙げられるのが乳酸菌飲料です。いつでも簡単に美味しく飲むことができますから、毎日の習慣にしたいところです。

しかし、乳酸菌飲料のなかには「殺菌」とラベルに書かれているものがあります。これを見ると、本当に体に良いのか不安になる人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、乳酸菌飲料(殺菌)とは一体何なのかを解説していきます。

凄すぎ!乳酸菌の驚くべき力

乳酸菌は、人の体に多くのメリットをもたらします。まず、乳酸菌にはビフィズス菌や腸球菌などに代表される善玉菌とブドウ球菌、大腸菌といった悪玉菌の2つがあり、善玉菌は健康に良い作用があるとされています。まず挙げられるのが整腸作用です。腸の活動を活発にさせ、食物の消化吸収を補助します。また、肛門に便を送り出す運動を促進させることができるため、下痢や便秘を防ぐことが可能です。

ほかにも腸内環境を酸性に保つ作用があり、腸内で行われる発ガン物質の合成を防止する抗がん作用、病原菌や腐敗菌といった菌の増殖を抑制する抗菌作用があります。さらに、ウイルスに対する免疫力増強などの作用もあるのです。一方、悪玉菌はたんぱく質を分解することで有害物質を増殖させ、病気の原因をつくりだします。

したがって、健康状態を保つためには腸内にある善玉菌を増やす必要があるのです。善玉菌は年齢を重ねることで減少していきますが、逆に悪玉菌は増殖していきます。特に年配の人は、乳酸菌を日常的に摂取することが大切です。

乳酸菌は人の味方!なぜ殺菌するの?


乳酸菌が含まれる食品には、すっきりとした酸味や程良い香りがありますが、この味わいを作りだしているのは乳酸菌です。したがって、体に良いだけでなく、食品を美味しくするために利用されていることもわかります。しかし、乳酸菌商品に含まれる乳酸菌の数が増え続けると、酸味が強くなりすぎるだけでなく、容器を溶かして破損させる可能性があります。

また、乳酸菌以外の細菌が繁殖する可能性もあるので、食品として提供するにはそれらを抑制することも必要になります。体に良い乳酸菌ですが、増え続けると食品として品質を保つことができないため、低温加熱で殺菌をする必要があるのです。特に、乳酸菌飲料は殺菌処理をされているものが多いという傾向が見られます。

生きたまま腸に届かない!体に影響は?

乳酸菌は腸に届かないと意味がないと言われていますが、実際は違います。死んだ状態の乳酸菌も腸に届けば、何かしらの良いメリットを与えてくれます。まず、死んだ乳酸菌は生きた乳酸菌のエサとなってくれるため、腸内にある善玉菌を増やすことができます。ですから、死んだ乳酸菌を摂取しても腸内環境を整えることが可能です。

また、乳酸菌のなかには「フェカリス菌」と呼ばれるものがあります。この菌の特徴には、死滅菌としてわざと死滅させているということがあります。整腸作用を目的とするのであれば、生きたままの乳酸菌が腸に届くほうが良い作用を与えるとされています。

しかし、免疫機能の向上を目的とした場合、乳酸菌の生存状況は関係がありません。その理由は、菌に含まれる成分が免疫細胞と結合することで免疫力を高めることができるため、菌の生死によって与える影響力が変化するということはないからです。そのうえ、フェカリス菌のような死滅菌を食品として利用することで長期間の保存ができるようになるため、流通の面や家庭での利用などにも良い効果をもたらしてくれます。

菌によって効果や効能が違いますので、体調管理の目的に合わせて乳酸菌の摂取を行うようにしましょう。

継続が大切!短期間では意味がない?


乳酸菌は、健康を保つためには欠かせない成分のひとつです。しかし、効果を持続させるためには、短期間の摂取ではなく長期間の摂取が必要になります。なぜなら、乳酸菌には即効性がないので、短期間だけ摂取しても効果が見られないからです。腸内にある乳酸菌は、善玉菌と悪玉菌を含めて100兆個あるとされています(※1)。

しかも、善玉菌は数が少ないので、勢力的には弱い立場にあります。したがって、数日の間だけ乳酸菌を摂取して便通に改善が見られたとしても、摂取を途中でやめてしまうとすぐに元の状態に戻ることになるのです。この莫大な数の乳酸菌を善玉菌優勢のバランスにしなくては腸内環境を整えることはできませんので、短期間で変えることは不可能であるということを覚えておきましょう。

最大限の効果を発揮させるためには、乳酸菌を摂取するタイミングも重要です。空腹時に摂取すると胃酸が大量に出ていますので、生きた乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまいます。ですので、食後や食感など胃酸の量が少ないときに摂取するのがおすすめです。さらに、生活習慣を整えることも大切です。食生活などの生活習慣の乱れや過剰なストレスがあると、腸内にある善玉菌は減少します。せっかく乳酸菌を摂取しても、悪玉菌の増殖を許すことになりますので、今の生活状況を見直すことも忘れないようにしましょう。

乳酸菌は健康を保つために必要な成分です。しっかりと摂取する習慣を身につけることをおすすめします。

腸の味方、乳酸菌を多く含む食べ物とは?!

2016.11.25

乳酸菌やビフィズス菌、腸内環境を整える善玉菌の効果

2016.08.09

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!