喘息との闘いに心強い味方が?乳酸菌が持つ力とは

LINEで送る
Pocket

一度発作が始まると、とても辛い喘息。これを何とか改善したいと、そう思う人も多いのではないでしょうか。実は、喘息には乳酸菌が良い、そんな話がちらほらと出始めているのです。乳酸菌と言えば、「乳製品に多く含まれている、体に良いもの」や「腸内環境を整えてくれる」というイメージが強くありますが、それと喘息がどう関わってくるのでしょうか。
今回は、喘息の改善に乳酸菌が役に立つかもしれない、そんな情報を紹介します。

アレルギー性と非アレルギー性がある?喘息が引き起こされる理由とは

そもそも、喘息とはどうして起きるのでしょうか。喘息を持っている人は、喉が日常的に炎症を起こしており、そのため健康な人よりも気管が狭く、空気が通りにくくなっています。少しの刺激でも過敏に反応してしまい、酷い咳、つまり喘息の発作が起きてしまいます。この喘息の発作が起きる原因となる刺激は、大きく2種類に分けられます。アレルギー性のものと、非アレルギー性です。

アレルギー性の喘息は、ダニ・ハウスダスト・動物の毛やフケ・花粉・真菌(カビの一種)などによって引き起こされます。一方、非アレルギー性の喘息は、タバコ・薬・排気ガスなどの汚れた空気をはじめ、運動・天気や気圧の変化・過労やストレスなどによっても引き起こされます。また、風邪などの感染症によって起きる喘息も、非アレルギー性に分類できます。

喘息の患者数は増えてきていると言います。先述の通り、喘息は過労やストレスによっても引き起こされてしまうため、現代日本人の生活スタイルを見ると、その理由は推して知るべしということになります。また、清潔な環境が当たり前になってしまったため、ハウスダストなどのアレルゲンに対する抗体を十分に持たない人が増えたことも関係している可能性があるのです。

他にも、家屋構造が変化したことにより、アレルゲンが増加したこと、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染が進んでいること、また、食品・住宅建材などの化学物質も原因として考えられていますが、正直なところ喘息が起きる決定的な理由・メカニズムは未だ「不明」と言っていいでしょう。そのため、対症療法が肝要となるのです。

乳酸菌が免疫を改善してくれる?


先に、喘息はそもそも喉が日常的に炎症を起こしている状態と説明しました。それは、喘息を改善するにはこの炎症、ひいては炎症に対する体の免疫・抗体を改善する必要があるということです。さて、この免疫改善に乳酸菌はどのように関わってくるのでしょうか。

結論から言うと、それは乳酸菌が活性化してくれる体の抗体「Th1」が関係しています。そもそも、アレルギーによる炎症はlsgという抗体が原因で起きるとされています。このlsgが作られにくくする働きをするのが、前述のTh1という抗体です。わかりやすく言うと、乳酸菌に含まれている成分が、喘息の原因となるアレルギー症状を起こす成分の発生を抑えてくれるということです。このため、アレルギー性の喘息には乳酸菌が効果的なのでは?という意見が徐々に広がりつつあるのです。

しかし、喘息は非アレルギー性のものもあると先に説明しました。過労などによる非アレルギー性の喘息には、乳酸菌も効果は無いのでしょうか。実は、そうとも言い切れないのです。乳酸菌が腸内環境を整えてくれることは有名な事実ですが、この「腸内環境を整える」ということが喘息に対して有効かもしれないのです。次は、腸内環境と喘息との関係について説明します。

腸内環境を整えて喘息との闘いに勝とう!

実は、腸内環境の乱れが喘息を悪化させるという研究結果が平成26年に発表されています。(※1)その理由は、腸内に存在している善玉菌と悪玉菌のバランスが関係しています。善玉菌が増えれば体の免疫は活発に、悪玉菌が増えれば体の免疫が正常に機能しなくなります。するとどうなるかと言うと、免疫によって抑えられていた炎症が酷くなり、発作が起きやすくなります。すなわち、喘息が悪化しやすくなるのです。

そして、これは裏を返せば「腸内環境を整え免疫を活性化すれば喘息の発作が起きにくくなるかもしれない」ということでもあります。そのため、乳酸菌がカギとなるのです。乳酸菌は、先述の通りアレルギー性の喘息には一定の効果が期待されていますし、腸内環境を整えることで非アレルギー性の喘息にも有効かもしれない存在です。喘息を改善するには、腸内環境を整える事が大事、そしてそのためには乳酸菌が大事となります。喘息との戦いは、何と言っても長期戦です。喘息と闘うために、新たに乳酸菌を仲間にしてみてはいかがでしょうか。

乳酸菌が含まれる食品にはどんなものがある?


それでは、乳酸菌を効率よく摂るにはどのような食品が良いのでしょうか。これは、ヨーグルト・牛乳・チーズなどの乳製品がやはり定番と言えるでしょう。他にも、漬物・納豆などの発酵食品や大豆製品などがあり、調味料では塩こうじが挙げられます。また、日本酒・甘酒などの一部のお酒にも乳酸菌が豊富に含まれています。

ただし、お酒の場合は飲み過ぎるとかえって健康に良くないので、他の乳製品や大豆製品などをつまみに少しだけ飲むくらいがちょうど良いかもしれません。ちなみに、買い物の際に迷った場合は、ネット検索を利用するのも手です。自分の健康のため、便利に使えるものは使いましょう。

これらの食品が苦手という人は、サプリメントという方法もあります。特に外食が多い人などはこちらも検討してみると良いでしょう。いずれにしろ、喘息はとても辛いものです。その辛さと闘うため、乳酸菌という新しい可能性を一度試してみてはいかがでしょうか。

乳酸菌を食べ過ぎても大丈夫?副作用はある?覚えておきたい注意点

2017.05.30

喘息にヨーグルトが効くって本当?その理由は

2017.04.23

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!