口臭が気になる!「口が臭いかも?」と思ったときに自分でできる確認方法

LINEで送る
Pocket

人と会う前などは、特に口臭が気になるものです。そんなとき、自分で簡単にできる口臭のチェック方法を知っておくと役に立ちます。この記事では、口が臭う主な原因や口臭のセルフチェック方法などについてご紹介してきます。

口が臭う主な原因とは

口が臭う原因には、実はさまざまなものがあります。まず、唾液の量が少ないことが口臭の原因になっている可能性があります。口臭の原因のほとんどは、口内の細菌が発生させている揮発性ガスです。唾液には口の中を洗浄して殺菌する働きがあるため、唾液が少なく口の中が乾燥していると細菌が増殖するおそれがあるのです。次に、口の中が清潔に保たれていないと、嫌な臭いが発生する原因となってしまいます。毎日の習慣として歯磨きをしていない場合などは、口の中の細菌が増えてしまい、口臭が発生してしまうのです。他にも、虫歯や歯周病などが口臭の原因と指摘されています。

おすすめ!気になるときはセルフチェックをしてみよう


口臭が発生していたとしても、自分自身でその嫌な臭いに気付くことは難しいものがあります。誰でも簡単にできるセルフチェックの方法を知っておくと、普段の生活にも役立ちます。身近にあるアイテムを使うだけでできるようなセルフチェックもあるため、エチケットとして心得ておきましょう。

簡単チェック!コップの中に息を吐いてみよう

自宅にあるコップを使って、簡単ににおいのチェックができます。コップを用いた口臭のチェック方法は、生理的口臭を確認するための方法のひとつです。このセルフチェックは、朝起きてすぐに行うことがポイントです。歯磨きやうがい、食事などを行う前の、目覚めてすぐの状態の息をコップに吹きかけます。コップの中を息で充満させたら、コップの口を軽く手で押さえてふたをしましょう。そして、何度か深呼吸をした後に、コップに鼻を近付けて息のにおいをかいでみます。このとき、少しでも異臭を感じるようであれば、周囲の人もあなたの口臭に気が付いている可能性があります。しかし、生理的口臭に関しては、この朝一番の息がピークとされているため、それ以上に不快な臭いは発生していないと言って良いでしょう。

こんな方法も!手を軽くなめてみる

自宅で簡単にできるセルフチェックとしては、手を軽くなめてみる方法も有効です。手を軽くなめてみて、1分程度そのままの状態で手を乾かします。そして、乾いた後ににおいを嗅いでみるのです。このとき、1分ほどおいてもきつい臭いがする場合は、気になる口臭が発生している可能性を疑った方が良いといえるでしょう。

毎朝確認!舌を見てみよう

鏡を見て、自分の舌の状態をチェックしてみる方法もおすすめです。通常、私たちの舌はきれいなピンク色をしています。しかし、舌の表面に白い苔が生えたような状態になっている場合は、舌苔によるものと考えられます。この舌苔は口臭の原因となるため、口臭を予防するためには舌苔を舌ブラシなどで磨いて取り除く必要があります。舌の状態も、毎朝のエチケットの一環としてセルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

捨てる前にチェック!デンタルフロスのにおいを嗅ぐ


歯をすみずみまできれいにしておくためには、歯ブラシだけではなく、デンタルフロスの使用も欠かせません。使った後のデンタルフロスには、歯垢や食べかすが付着しています。デンタルフロスのにおいを嗅いだときに異臭を感じたら口臭があるといえるでしょう。歯垢があると、やはり口臭の原因になりますから、口臭予防のためにはデンタルフロスの使用がおすすめです。

口臭チェッカーでの確認も効果的

市販されている口臭チェッカーを使用すると、口臭の有無を簡単に確認することができます。口臭チェッカーに息を吹きかけるだけで、口臭のレベルを客観的に判断することができることに加えて、コンパクトで持ち運びに便利な点がこのアイテムのメリットです。外出時もカバンに入れて持ち歩くようにしておくと、いつでもどこでも気になるときにチェックすることができるため、口の臭いが気になる人には特におすすめのアイテムといえます。

オキシドール溶液で歯垢のチェックをしよう

オキシドール溶液を用いても、口臭が発生しているかどうかのチェックができます。チェック方法はとても簡単です。まず、オキシドールを水で薄めてうがいをします。そして、うがいをした後、オキシドール溶液を用意しておいた容器に吐き出して、気泡ができているかどうかを確認してみましょう。気泡がたくさんあった場合は、口臭が発生している可能性があります。気泡が多いということは、口の中に細菌が残っていることを意味しています。そのため、歯磨きのやり方などを見直してみることがおすすめです。

あなたは大丈夫?口臭を気にし過ぎの可能性も

口臭を気にするあまり、「自分にはひどい口臭があるのではないか」と悩んでいる人は少なくありません。しかし、実際のところは毎日歯磨きを丁寧にして、デンタルフロスを使って歯垢や食べかすを取り除いていると、他人が気になるような口臭は発していないというケースがほとんどです。例えば、「口臭が気になるから、他人と話すのが怖い」などと感じることがあるのであれば、一度専門医を受診してみるのがおすすめです。

セルフチェックできる!口臭のチェックでいつもきれいな息を

気になる口臭のチェック方法にはさまざまな種類があり、身近にあるものを活用するだけで口臭の有無を容易に確認することが可能です。簡単に行うことができるセルフチェックの方法を毎日の生活に取り入れていくと、清潔な息の維持に役立てられるといったメリットがあります。きれいな息を保つこともエチケットのひとつといえますから、口臭が気になるときは自分でできるチェック方法で確認してみましょう。

息が臭いときどうすればいい?すぐにできる口臭対策7つ

2018.02.14

もう臭わない!根本から口臭を取り除くには口臭対策サプリがおすすめ

2018.02.13

乳酸菌で虫歯は予防できるの?歯周病や口臭にも効く乳酸菌のヒミツ

2016.11.20
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!