風邪でもインフルエンザでもない!花粉症で熱が出る原因と対処法

LINEで送る
Pocket

花粉症の症状というと、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、花粉症の症状は人によってさまざまで、中には熱を出す人も見られます。花粉症による発熱は風邪やインフルエンザによる発熱とは原因が違うため、対処方法も異なってきます。そこで、花粉症によって熱が出る原因や対処方法についてご紹介します。

花粉症で熱が出るのはなぜ?

花粉症とは、本来は無害であるはずの花粉に対して、免疫が過剰に反応するために起こるものです。花粉症の症状の1つとして発熱があり、その原因は3つ挙げられます。まず1つ目は、体力や免疫力の低下です。花粉症の症状が長引くことによって徐々に体力を落としてしまうと、体が免疫力を高めるために熱を出してしまうことがあります。また、体力が低下したことによって、健康な状態であればかからないはずの病気にかかったり、軽症で済むはずの病気が重症化してしまったりして発熱するケースもあるようです。2つ目は、免疫細胞が花粉をウイルスや細菌などと勘違いしてしまうことです。免疫細胞は、インフルエンザのウイルスなどが体内に侵入すると、それらのウイルスと戦うために体温を上げることがあります。この作用により、花粉を誤ってウイルスと判断した場合に熱が出てしまうことがあると考えられています。そして3つ目の原因は、花粉症によって起こる鼻炎です。花粉症が原因で鼻炎になると、鼻水が止まらなくなったり、くしゃみが立て続けに出たりといった症状などがあらわれます。このような症状が起きると鼻から取り込む空気の量が減り、脳に十分な酸素が行き渡らない状態になってしまいます。この脳の酸欠状態が、発熱や頭痛などにつながると言われているのです。

解熱剤と抗アレルギー剤!どちらを飲む?


花粉症が原因で熱が出てしまった場合、薬で熱を下げる方法があります。しかし、その場合に解熱剤と抗アレルギー剤のどちらを飲めば良いか、迷ってしまう人もいるようです。花粉が原因で発熱した場合は、花粉によるアレルギー反応を抑える薬が必要となります。解熱剤は熱や痛みを和らげる効果がありますが、根本的な解決にはつながりません。そのため、まずは抗アレルギー剤を選ぶと良いでしょう。抗アレルギー剤は病院で処方されるほか、市販薬も多く見られます。いくつかの薬を同時に服用する場合は、飲み合わせに注意が必要となることもあるため、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。病院で診てもらうまでに熱を下げて楽な状態にしたいなどという場合は、解熱剤を服用することも可能です。その場合、アスピリンぜん息を患ったことのある人は、アスピリンを含まない解熱剤であっても服用後は慎重に様子を見るようにしましょう。また、胃腸に負担をかける可能性がある解熱剤を飲むと、より体力や免疫力の低下につながる可能性があります。そのため、胃腸に優しい解熱剤を選ぶことも大切です。

病院に行くタイミングは?

花粉症で熱が出た場合、病院に行くタイミングとして、まず熱が38度以上あるかどうかを目安にしましょう。高熱が出る場合は花粉症でなく風邪やインフルエンザにかかっている可能性が考えられるため、早めの治療が必要です。また、花粉症は微熱が長引くケースも多く見られます。微熱が長引くと症状をさらに悪化させてしまう可能性がありますし、花粉症の薬は効果が出始めてから安定するまでに4週間近くかかると言われています。症状を楽にするため、日常生活に支障をきたさないためにも、微熱が続く場合も早めに医師に診てもらいましょう。もちろん、熱は下がっても熱っぽさが取れないといった場合や、市販薬の効果が感じられない場合など、心配があるときも受診をおすすめします。また、中には発熱の原因が風邪か花粉症か見分けがつかず、病院に行くかどうかを迷う人もいるようです。そのようなときは、鼻水を目安にする方法があります。風邪の場合は、ドロドロとした黄色などの色がついた鼻水が出るのに対し、花粉症の場合はサラサラとした透明な鼻水が出続けます。他にも、目のかゆみを伴っている、くしゃみが連続で出るなども花粉症の特徴です。

免疫力がカギ!花粉症の重症化を防げば熱は防げる?


花粉症は免疫細胞の過剰反応が原因のため、免疫細胞を安定させることで重症化が防げると言われています。そして、免疫細胞を安定させるためには腸内環境を整えることが重要です。これは腸内に免疫細胞の約6割が集まっているためで、腸内環境が悪くなると免疫細胞がうまく働くことができません。しかし、腸内環境を良くすることで免疫細胞の働きも良くなり、免疫力が正常に作用することが期待できるようになります。腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌の代表的なものには乳酸菌やビフィズス菌などがあり、これらはヨーグルトなどの食品から摂取することが可能です。もっと手軽に摂取したいという場合は、サプリメントを利用するのも良いでしょう。花粉症による発熱や重症化を防ぐためにも、乳酸菌を取り入れるなど、免疫力アップに努めてみてはいかがでしょうか。

参考サイト(外部)
花粉症の主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル

花粉症は漢方で予防する!つらい目と鼻の症状に効く漢方はどれ?

2017.12.25

これで完璧!花粉症でのどが「痛い」「かゆい」ときの原因と対策法を徹底解説

2017.12.20

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!