注意が必要?花粉症シーズンのコンタクト

LINEで送る
Pocket

毎年花粉症の時期になると、目のかゆみや充血、まぶたの腫れなどの症状に悩む人は多いのではないでしょうか。実は、花粉症を悪化させる原因の一つに「コンタクト」の使用が挙げられます。辛い症状を緩和するために、花粉症の時期に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

花粉で目がかゆくなるのはどうして?

人の体では、体内にウイルスや細菌などの異物が侵入するとそれを排除しようとする「免疫」反応が働きます。ある特定の物質にアレルギーを持っている人は、その原因物質(アレルゲン)に体が反応して、細胞組織に炎症を引き起こしてしまいます。花粉症のアレルゲンとしてはスギやヒノキ、ブタクサなどが挙げられ、地域によって花粉が飛ぶ時期や種類が異なるのが特徴です。花粉症の人の目にアレルゲンである花粉が入ることでヒスタミンという物質が生成され、目の神経を刺激して強いかゆみや充血といった症状が出るのです。

特に、目のかゆみはまぶたの裏側から白目の部分にかけて広がっている「結膜」に炎症が生じることで起こります。いわゆる結膜炎と呼ばれる症状です。一般的な結膜炎にはアレルギー性のものと非アレルギー性のものがあり、花粉症による目のかゆみはアレルギー性の結膜炎に分類されます。また、目が乾燥している人は目に付着した花粉を涙で洗い流せないため、かゆみが悪化しやすいです。花粉対策と同時に目の乾燥対策もしっかりと行う必要があります。花粉症を発症する原因は人それぞれですが、花粉飛散量の増加や環境ホルモン、食生活、ストレスなどが主な原因とされています。

花粉シーズンにコンタクトを使用するリスクは?

日頃からコンタクトを使用している人にとって、花粉の時期は注意が必要です。メガネと異なりコンタクトは目に直接入れて使用しますが、実は角膜とレンズの間には涙の層があり、レンズは涙に浮いている状態で装着されています。表面張力によってレンズが外れない仕組みとなっているのです。もし花粉が目に入ってきた場合、花粉はレンズに吸着して目の中にとどまるため、花粉症の症状であるかゆみや充血、まぶたの腫れなどの症状が悪化する可能性があります。かゆみがあると人は無意識のうちに目をこすってしまいますが、レンズが入っていると角膜を傷つける恐れもあり、目にとってリスクが高くなるでしょう。

また、コンタクトを使用することで涙の量が減少し、ドライアイになりやすくなります。ドライアイは花粉症を悪化させる原因の一つなのでケアをしっかりと行いましょう。一般的に、花粉症の目の症状には点眼薬が処方されます。しかし、点眼薬には防腐剤が入っているものが多く、薬がレンズに付着すると目のトラブルを引き起こす可能性があります。さらに、薬によってはレンズが濁ったり変形したりするものもあるようですので、必ずレンズを外してから点眼薬を点すようにしましょう。

メガネに変えるメリット

コンタクトに慣れている人にとっては、花粉の時期だけでもメガネに変えるのは嫌という人も多いでしょう。しかし、メガネは花粉症の人にとって症状を緩和してくれる優秀な道具なのです。コンタクトは花粉症の症状を悪化させる危険性があるのに対し、目の中に直接レンズを入れないメガネは目に負担をかけず、角膜の乾燥も防いでくれます。目の中で涙が動きやすいため、目を常に潤してくれるのです。

また、メガネをかけていると、花粉自体が目に侵入するのを防ぐ効果もあります。中にはゴーグル型のメガネも発売されているので、より顔にフィットして花粉を防いでくれるでしょう。花粉対策としてのメガネを選ぶのであったら、鼻部分や目元のフィット感を重視するのが大切です。花粉はとても微細なので少しの隙間からでも侵入してきます。また、花粉症の人はマスクを使用することが多いでしょうから、できれば曇り止め対策のあるメガネを選ぶと良いでしょう。

花粉症シーズンにコンタクトを使うなら衛生管理をしっかりと!

どうしてもコンタクトを使いたいという人は、花粉症シーズン中にはいつもよりしっかりとした衛生管理が必要です。日頃2週間や1カ月タイプのコンタクトを洗浄しながら使用している人も、花粉症の症状がある時には1日使い捨てタイプのレンズをおすすめします。毎日洗浄するとは言っても、レンズに付着した汚れは100%きれいには落ちません。花粉が少しでも残っていると症状は悪化してしまいます。費用的には少し割高になりますが、目のことを考えてより衛生的な1日タイプを使用しましょう。

どうしても洗浄タイプのレンズを使用する場合は、なるべく1日の装着時間を短くすることをおすすめします。外から帰宅したらすぐにレンズを取り外して、家ではメガネを使用しましょう。また、普段よりも念入りなレンズのケアとして、洗浄効果の高い「過酸化水素」の洗浄液を使用するのも方法の一つです。さらに、目を乾燥から守るためにも、コンタクト用の点眼薬を頻繁に点して目を潤す、花粉を洗い流すなどの対策も必要です。辛い花粉症の時期に症状を悪化させないためにも、コンタクトやメガネを適切に使用して快適な毎日を過ごしましょう。

花粉症情報サイト(外部)
花粉症の主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル

シャットアウトできれば怖くない!花粉症には密着率の高いマスクを

2018.03.02

目がかゆい!花粉症によるかゆみ目にはメガネが効果的?

2018.02.16

花粉症で目がかゆい時の対処法

2017.10.31
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!