花粉症に効果がある?はちみつの秘密

LINEで送る
Pocket

花粉症の季節になると、マスクやティッシュが欠かせないという人は多いのではないでしょうか。少しでも症状を和らげるために薬を服用する人もいるでしょう。そんな方に知ってもらいたいのが「はちみつ」です。はちみつは、花粉症に効果を発揮する食品なのです。ここでは、このはちみつが持つ力について詳しく解説していきます。

はちみつで花粉症が改善されるメカニズム

花粉症は、花粉が体内に入ることで発症します。のどや鼻、目などの粘膜に花粉が付着し、アレルギー症状を引き起こす物質であるヒスタミンを大量に分泌します。その結果、体は粘膜にある花粉をすべて排出し、これ以上の侵入を防ごうとするのです。その時に、過剰なアレルギー反応を引き起こすようになり、くしゃみや鼻詰まり、かゆみなどの症状が表れます。

はちみつには、ケンフェロールやケルセチン、ガランギン、バニリン酸、p-ヒドロキシ安息香酸などに代表されるポリフェノールが10種類以上含まれています。これらのポリフェノールは、ヒスタミンの分泌を抑制する働きをするため、花粉症の予防と症状緩和の役割をしてくれるのです。

効果が高いはちみつは何?


花粉症に効果を発揮するはちみつでおすすめなのが、ミツバチのはちみつに含まれているプロポリスです。プロポリスとは、蜂の巣の防御壁の役割をする物質で高い殺菌能力があります。

鳥取大学医学部と山田養蜂場の研究グループが、プロポリスに花粉症の症状を緩和せる働きがあるかどうかをテストする臨床研究を行った結果、花粉症の症状を緩和することができたというデータがあります。それによると、被験者80名を、プロポリス摂取量1日150mgのグループ、300mgのグループ、450mgグループに分けて12週間摂取を続けたところ、すべてのグループで副作用もなく症状の緩和、発症の遅延効果が見られたそうです。そして、特に効果が見られたのは300mgのグループでした。

研究でも成果が出ており、市販でも売られているプロポリスは、花粉症の症状を改善する方法の1つとして知っておくと良いでしょう。

規格の数値で効果が違う!マヌカハニー


花粉症の症状を改善するのに良いとされるのが「マヌカハニー」です。マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するフトモモ科の低木でマヌカの花から採取されるはちみつをいいます。ビタミンやミネラルなどを豊富に含み、先住民であるマオリ族が病気や怪我を治療する際に使用するなど薬効効果の高いものです。

マヌカハニーの成分で注目したいのがメチルグリオキサール(MGO)。免疫力アップや殺菌効果、ピロリ菌除去などの高い健康効果があるとされています。そしてこの成分は、花粉症にも効果があるとも言われています。

ただし、選び方に注意が必要です。マヌカハニーの特徴として、ほとんどの商品がMGOやUMF等の規格が付いており、その横に数値がついています。この数値の高いものほど、強い殺菌効果を持っているということになります。

市販に出回っている約90%のマヌカハニーに含まれているメチルグリオキサールの1kg当たりの含有量は100mgです。しかし、約1%は1kg当たり600mgを超えるものもあります。なかには、1kg当たり1000mg以上の製品もありますから、選ぶ際は数値を確認して慎重に選びましょう。

食べ方もほかのはちみつと違います。はちみつを食べる時、多くの人は金属製のスプーンを使用するかもしれません。しかし、マヌカハニーの場合、金属がメチルグリオキサールの働きを弱めてしまうのです。マヌカハニーの摂取は木製スプーンを使用するようにしましょう。

花粉症改善が期待できるはちみつの使い方は?

花粉症対策のためにはちみつを摂取するのであれば、毎日摂取することが大切です。しかし、毎日そのまま食べていては飽きてしまいます。飽きないように、工夫して摂取するようにしましょう。まず、おすすめするのが飲み物と一緒に摂取する方法です。コーヒーや緑茶、紅茶など好きな飲み物に入れて美味しく飲むことができます。その際、緑茶や紅茶に含まれるタンニンがはちみつに含まれる鉄分に反応して黒くなりますが、体には影響ありません。はちみつを使用したドリンクづくりも良いでしょう。マグカップにスプーン3~5杯分のはちみつを入れ、スプーン1杯分の生姜とレモン汁を入れて熱湯を注ぎます。特に、花粉症の症状がひどい時にはおすすめです。また、食べ物にはちみつを入れるのも花粉症改善には効果的です。筑前煮やきんぴらごぼうなどの甘辛い味付けの料理には砂糖が入っています。それをはちみつに変えることで美味しく摂取することできます。香辛料の多い料理にもはちみつは最適です。韓国料理やインド料理は辛みを引き立てるために砂糖を使用します。はちみつを代用すれば、健康的に料理を楽しめるでしょう。そのほかにも、パンに塗って食べたり、ドレッシングに入れたりなど、工夫次第で効果的にはちみつを摂取することができます。

はちみつは、色々な料理に使えるものでありながら花粉症にも効果的な食品です。花粉症が気になる人は、はちみつで症状の改善を目指しましょう。

参考サイト(外部)
アレルギー症状のメカニズムや対処法:アレルギージャーナル

置き場所が重要!空気清浄機による花粉症対策

2018.03.08

みかんの抗花粉症効果がすごい!その秘密と食べ方のコツとは

2017.03.05

花粉症予防に効果的な果物!でもアレルギーには要注意

2017.02.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!