花粉症との深い関係!腸内環境が変わると症状も変わる?

LINEで送る
Pocket

ポカポカと暖かい陽気がうれしい春。そんなうれしさと共にやって来るものが、花粉です。花粉症の症状は人それぞれで、くしゃみや目のかゆみ、頭痛など、日常生活に支障をきたすケースも少なくありません。そんな花粉症を改善するための手段として注目を浴びているのが、腸内環境です。そこで、花粉症と腸内環境の関係について説明します。

免疫力を左右する腸内環境

人体に害をもたらすものには、ウイルスやがん細胞など、実にさまざまなものがあります。しかし、人体にはこれらの物質から体を守るために「免疫力」と呼ばれる力が備わっており、体を健康に保つことができるようになっています。その免疫力に欠かせないのが、「免疫細胞」と呼ばれる細胞です。主な免疫細胞にはウイルスや細菌などを食べてくれる「マクロファージ」、ウイルスに感染した細胞を殺す「NK細胞」、抗体を作る「B細胞」などがあります。これらの免疫細胞がきちんと作用することで、体を病気などから守ることができるのです。そして、最近の研究により、免疫細胞の約6割が腸内に存在することが分かってきました。これは、食物や病原菌などを含め、口から入ってきたもののほとんどが腸に至るためと言われています。

しかし、花粉症は本来であれば害がない花粉に対してアレルギー反応を起こす症状です。これは、免疫細胞が花粉を異物とみなし、過剰に反応してしまうことが原因と分かっています。そして、その免疫細胞の過剰反応に関係があると言われているのが、腸内環境です。そのため、腸内環境を整えることで、免疫細胞の働きを正常にし、花粉症の症状を抑えることができると考えられています。

腸内環境を改善するために必要なものは?


人の腸内には、「善玉菌」と「悪玉菌」、「日和見菌」という3種類の菌が存在します。まず、善玉菌とは腸の動きを活発にしたり、ビタミンを合成したりと腸の状態を良くする菌のことです。代表的なものには乳酸菌やビフィズス菌があります。一方で、悪玉菌とは腸内に腐敗物質を増やしたり、アンモニアなどの有害物質を発生させたりする菌です。大腸菌やウェルシュ菌などがこれに該当します。3つ目の「日和見菌」とは善玉菌、悪玉菌のどちらか多い方の働きを手伝う菌のことで、腸内に一番多く存在します。腸内環境を整えるためには悪玉菌を抑制し、善玉菌を増やすことが必要です。善玉菌が増えることで腸内環境が改善され、花粉症の症状の緩和にも繋がることでしょう。

ヨーグルトだけじゃない!善玉菌を増やす発酵食品


腸内環境を良くするために欠かせない善玉菌を増やす方法の1つに、発酵食品を摂取するという方法があります。発酵食品の代表的なものにはヨーグルトがあり、ヨーグルトは善玉菌の1種である乳酸菌を使って発酵させた食品のため、善玉菌を効率よく摂取することができます。また、低温殺菌牛乳やチーズなども善玉菌を増やしてくれる発酵食品です。ぬか漬けやキムチといった漬物にも乳酸菌が含まれています。味噌や納豆を摂取するのも良いでしょう。特に、納豆に含まれる納豆菌には悪玉菌を抑制する働きや、他の善玉菌を増やす作用があります。ただし、ぬか漬けやキムチなどの漬物には塩分が多く含まれますし、納豆はプリン体が多い食品です。これらの発酵食品を食事に取り入れるときは、他の食品との栄養バランスを考えて摂取しましょう。

善玉菌の餌になる!食物繊維とオリゴ糖

善玉菌を増やすためには、善玉菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を摂取する方法も有効です。食物繊維は野菜類やきのこ類、海藻類に多くふくまれており、その種類は不溶性と水溶性の2種類に分かれます。そして、善玉菌の餌となりやすいのは水溶性の食物繊維です。これは、水溶性の食物繊維の方が善玉菌にとって分解しやすいことに理由があると言われています。水溶性の食物繊維が多く摂取できる食品には、ラッキョウや青汁、エシャロットなどのほか、切り干し大根や干ししいたけ、ゴボウや納豆にも含まれています。

また、オリゴ糖にもいろいろな種類があり、中でも善玉菌の増殖に役立つと言われているオリゴ糖は小腸で吸収されずに大腸まで届くことが特徴です。大腸まで届くオリゴ糖として、まず「イソマルトオリゴ糖」があり、醤油や味噌、ハチミツなどに含まれていて熱や酸に強いという性質があります。アスパラガスや玉ねぎなどに多く含まれる「フラクトオリゴ糖」はカロリーが低いことが特徴です。他にも、牛乳などの乳製品に多く含まれる「ガラクトオリゴ糖」や、大豆に多く含まれる「大豆オリゴ糖」にも善玉菌を増やす効果が期待できます。

規則正しい生活も忘れずに!

免疫力を高めたり正常にしたりするためには、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが大切です。そのためには、食生活を見直すだけでなく、規則正しい生活を送ることも忘れないようにしましょう。食事を決まった時間に摂る、質の良い睡眠を取るために決まった時間に就寝するなどの心掛けが必要です。また、運動にも腸内環境を良くする効果が期待できます。運動をすることで腸の動きが活発になるため、ストレッチやウォーキングなどを取り入れるのも良いでしょう。このように、腸内環境は食生活や日常生活とも深い関係があります。

そして、腸内環境を大きく左右しているのが腸内細菌です。腸内細菌のバランスを保つことで腸内環境が良くなり、免疫機能を正常に働かせることも可能となります。免疫の過剰反応によって起こる花粉症を改善するためにも、腸内環境の改善を目指してみてはいかがでしょうか。

参考サイト(外部)
お母さん由来の乳酸菌「クリスパタス菌KT-11株」:アレルギージャーナル

風邪でもインフルエンザでもない!花粉症で熱が出る原因と対処法

2018.03.01

ショック… !砂糖の取りすぎが花粉症を悪化させる!?

2017.03.31

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!