乳酸菌とは定義が違う!ビフィズス菌のすごい力

LINEで送る
Pocket

腸に良いと言われる「乳酸菌」と「ビフィズス菌」。しかし、その違いをきちんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。乳酸菌とビフィズス菌の性質や働きには明確な違いがあり、さらにビフィズス菌には素晴らしい力があります。そこで、乳酸菌とビフィズス菌の違いや、ビフィズス菌の効果などについて説明します。

乳酸菌とどう違う?ビフィズス菌の特徴

人の腸内には腸を良い状態に導いてくれる「善玉菌」と、腸を悪い状態にしてしまう「悪玉菌」、善玉菌にも悪玉菌にもなりうる「日和見菌」という3種類の菌が存在しています。乳酸菌もビフィズス菌も、この善玉菌に属する菌です。そして、乳酸菌とビフィズス菌はそれぞれ異なる性質を持っており、違う菌として分類されています。まず、乳酸菌は見た目が球状、もしくは棒状になっていることが特徴です。厳密に言うと球状になっているものが「乳酸球菌」、棒状になっているものが「乳酸桿菌」です。乳酸菌は「通性嫌気性」と呼ばれる酸素があってもなくても生育することができるタイプの菌のため、土壌や植物など自然界にも生息しています。一方で、ビフィズス菌は見た目がアルファベットのVやYの形をしていることが特徴です。「偏性嫌気性」と呼ばれる酸素があると生息できない性質を持っており、主な生息場所は人や動物の大腸内です。酸素が存在する小腸には生息していないこともビフィズス菌の特徴と言えるでしょう。この2つの菌は働きにも違いがあります。乳酸菌が作り出すことができるのは、排便に欠かせない腸のぜん動運動を促進する効果などを持つ乳酸です。一方で、ビフィズス菌が作り出せるのは乳酸や酢酸、ビタミンB群などで、酢酸には腸内に生息する悪玉菌の増殖を抑制する働きなどがあります。また、研究により整腸作用を高める効果があることも分かってきています。ビフィズス菌が持つこれらの効果により、ビフィズス菌を摂取することが望ましいと言われているのです。

ビフィズス菌入りヨーグルトと乳酸菌だけのヨーグルトとの違いは?


ヨーグルトは、乳酸菌の発酵によって作られる食品です。そして、通常ヨーグルトの発酵には「ブルガリクス菌」と「サーモフィラス菌」と呼ばれる2種類の菌が使われています。この2種類の菌は相性も良く、一緒に摂取することでより高い整腸作用が期待できると言われています。このことより、乳酸菌だけで作られたヨーグルトでも、お腹に良い効果は十分に期待できると言えるでしょう。一方で、ビフィズス菌入りのヨーグルトとは、これらの乳酸菌にビフィズス菌も加えて発酵させたものです。ビフィズス菌には乳酸に加え、酢酸やビタミンB群などを生成する作用があるため、乳酸菌だけで発酵させたヨーグルトよりもさらに高い効果を期待できることが特徴です。酢酸には乳酸よりも強い殺菌作用があり、O157などの病気を防ぐのに効果的です。また、ビタミンB郡には栄養の吸収をサポートする作用があることが分かっています。より高い整腸作用を得たい場合は、ビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

腸内フローラと深い関係のビフィズス菌

人の腸の中には、数百兆という膨大な種類の菌が住んでいることが分かっています。この膨大な量の菌が、まるで花畑のように腸の壁面にビッシリと生息している様子から、「腸内フローラ」という呼び名がつきました。この腸内フローラの中で、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が良いバランスを保つことで、腸を健康な状態に導けると言われています。また、ひと言で「腸」と言っても、腸はいくつかの部位に分かれており、その部位によって生息している菌も異なります。腸を大きく分けると胃から続く「十二指腸」、十二指腸の次にある「小腸」、小腸から続く「大腸」です。十二指腸とは消化器官の1つで、生息しているのは「有胞子性乳酸菌」と呼ばれる酸に強い乳酸菌です。小腸は栄養の吸収などが行われる場所で、主に乳酸菌が生息しています。そして、便を作る働きがある大腸に生息しているのが、主にビフィズス菌です。そのため、大腸の腸内フローラを良いバランスに保ちたい場合は、ビフィズス菌の摂取が有効と言えるでしょう。

年とともに減っていくビフィズス菌!どうすれば増やせる?


ビフィズス菌は年齢とともに減ってしまう菌です。一番ビフィズス菌を多く保有しているのは母乳を飲んでいる乳児で、大腸内にいる菌の約90%を占めていると言われています。しかし、幼児期には約10%、老年期には約1%と、その数は大きく減少してしまいます。このことから、大腸内を健康に保つためにはビフィズス菌を増やすための努力が必要と言えるでしょう。ビフィズス菌を増やすもっとも手軽な方法は、ヨーグルトなどビフィズス菌が入った食品を摂取することです。ビフィズス菌入りのサプリメントを取り入れてみるのも良いでしょう。また、ビフィズス菌は一定期間腸内に留まると排出されてしまいます。そのため、摂取し続けることが大切です。他にも、胃酸によって溶かされてしまわないように食後に食べる、ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖と一緒に摂取するなどの工夫をすると、ビフィズス菌の効果をより高めることができると言われています。このように素晴らしい効果が期待できるビフィズス菌を、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考サイト(外部)
お母さん由来の乳酸菌「クリスパタス菌KT-11株」:アレルギージャーナル

これって大丈夫?乳酸菌飲料(殺菌)は摂取しても意味があるのか

2017.11.29

乳酸菌やビフィズス菌、腸内環境を整える善玉菌の効果

2016.08.09

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!