乳酸菌は原核生物?乳酸菌の正体を解説

LINEで送る
Pocket

テレビや雑誌で有名な乳酸菌は、腸内環境を改善し、便秘の解消や花粉症対策になる人間にとって非常に有益な細菌です。
乳酸菌などの細菌は細胞核をもたない原核生物に分類されます。
一方、動物や植物は細胞核を持つ真核生物といいます。細胞核がないといっても、細胞の中にはきちんとDNAがあり、私たちの体にさまざまな良い影響をもたらしてくれます。
そんな乳酸菌の正体は何なのか、乳酸菌をとるとどんなメリットがあるのか解説します。

乳酸菌ってどんな菌?その正体は原核生物

乳酸菌とは、私たちの身の回りに存在する細菌の一種です。
乳酸菌という単一の種類があるわけではなく、ビフィズス菌やアシドフィルス菌など乳酸を発生させる菌を総称した名称を乳酸菌といいます。細菌は細胞の中に核をもたない原核生物といわれていて、DNAが細胞内に分散しています。原始的な構造をしている細菌は約35億年前から現在まで存在している最古の生物です。
細菌の種類は約290万種がいるとされており、私たちが知っている菌はほんの数%にすぎません。

また、人間は腸内でたくさんの菌を飼っています。これを腸内フローラと呼び、乳酸菌はこの腸内フローラに良い影響をもたらします。
腸内フローラを構成する菌は大きく分けて善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つです。善玉菌は腸内環境を改善し、お通じや体内に入ってきたウイルスを殺してくれます。乳酸菌はこの善玉菌のエサとなるので体内で善玉菌が増えるのを手助けしてくれます。さらに、乳酸菌は腸内で乳酸・酢酸を発生させるので有害な菌の増殖を抑え腸内の活動を活発にさせます。
人間にとって腸内環境は非常に重要なポイントです。
腸内環境が整っていないと、ちょっとした風邪のウイルスでも感染し体調を崩します。外のウイルスから身を守るためにも積極的に乳酸菌を摂取するのが望ましいとされています。

乳酸菌の種類はさまざま

乳酸菌として一番有名なのはビフィズス菌です。ヨーグルトや乳製品に多く含まれているビフィズス菌は善玉菌の代表格です。もっとも、乳酸菌はビフィズス菌だけではなくたくさんの種類があります。

たとえば、生きたまましっかりと腸まで届くのが「乳酸菌シロタ株」です。乳酸菌は熱や胃酸に弱く、摂取しても大半が腸に届くまでに死滅してしまいます。しかし、乳酸菌シロタ株は熱や胃酸にも強いので生きたまま腸まで到達することができます。
また、「ガゼリ菌SP株」と呼ばれる乳酸菌は、腸内で長生きするので長時間、乳酸や酢酸を発生させ腸内を酸性に保つ効果があります。腸内が酸性になると人体に悪影響を及ぼす菌が生きにくくなるので、風邪やインフルエンザなどに効果が期待できます。

便秘やダイエットに効果的な乳酸菌


便秘は腸の便を出そうとする動き(ぜんどう運動)が低下し、便が出にくくなることで起こります。長時間、排出されない便は悪玉菌を発生させさらに腸内環境が悪化するという悪循環が便秘のメカニズムです。

この悪循環を改善するのがビフィズス菌をはじめとする乳酸菌です。乳酸菌は腸を酸性に保ち、腸のぜんどう運動を活発にする働きがあります。また、便のほとんどは水分ですが、長時間体内にある便は水分が抜けて固くなってしまいます。
便秘の原因はこの固く出にくくなった便にあります。そして、固くなった便を柔らかくするのも乳酸菌の働きです。乳酸菌の働きを最大限生かすためには腸まで生きたまま届く乳酸菌が良いでしょう。具体的にはビフィズス菌やガゼリ菌SP株などです。

花粉症やアレルギー改善に効果的な乳酸菌

乳酸菌の中には、腸内で花粉や風邪、インフルエンザのウイルスを殺す免疫をサポートする働きをするものもあります。
口や鼻から侵入してきたウイルスは腸内で増殖し、一定数を超えると体に悪影響を与えます。このウイルスの増殖や定着を抑えるときに役立つのが乳酸菌です。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つの菌がいますが、日和見菌は「優勢の菌の味方をする」という性質をもっています。つまり、腸内でウイルスが増殖し悪玉菌が優勢になると日和見菌が味方をしてより悪化するというメカニズムです。

したがって、腸内では常に善玉菌が優勢になるように環境を整えておく必要があります。こうしておかないと花粉症がひどくなったり、アレルギー反応が起こったりと体にさまざまな悪影響があります。
花粉症やアレルギーに効果的な乳酸菌は「KW乳酸菌」や「プラズマ乳酸菌」「LG21乳酸菌」などです。もし、花粉症やアレルギーがひどいという場合は乳酸菌を積極的に摂って腸内環境の改善をしてみましょう。

積極的に摂取したい乳酸菌パワー


乳酸菌の働きは腸内環境の改善、免疫力の向上だけではありません。糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防や改善、血中コレステロールを低下させる働きもあることが研究されています。
こうした体に有益な乳酸菌は身近な食品から摂取することができます。ヨーグルトなどの乳製品はもちろん、納豆や醤油漬物などの発酵食品からも取ることができます。
「最近、便秘がひどい」「花粉症やアレルギーがひどい」という人は、ぜひ乳酸菌に注目して食生活を変えてみてはいかがでしょうか。

種類で違う!乳酸菌の効果と効能

2018.03.21

花粉症との深い関係!腸内環境が変わると症状も変わる?

2018.03.13
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!