海外旅行前に確認!花粉症は英語で何という?

LINEで送る
Pocket

楽しみにしていた海外旅行、もし体の調子が悪くなってしまったら思いっきり楽しめないでしょう。
気をつけたいのは、病気やケガだけではありません。花粉症に悩まされている人は、海外旅行でも注意が必要です。

旅行先によっては日本と気候や生えている植物が異なるために、予想していなかった花粉症が突然発症し、苦しむ可能性があります。海外で花粉症になる可能性のある地域や時期について知っておくことが大切です。
また、花粉症になってしまったとき英語で説明するにはどうしたらよいのか、みていきましょう。

海外でも花粉症ってあるの?


日本では春先になると、スギの花粉が飛び始めます。スギだけでなく、ヒノキやブタクサなど季節ごとに花粉症を引き起こす植物の花粉がアレルゲンとなり、花粉症の症状に悩まされる人がいます。
そのため、いずれかの植物由来のアレルゲンに敏感に反応する人は、マスクが手放せないこともあるでしょう。花粉症の症状はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどがあげられます。

花粉症は日本だけにみられるのでしょうか。実は、海外にも花粉症を発症する植物由来のアレルゲンは存在しています。
世界の3大花粉症は、スギ、イネ科、ブタクサが原因といわれています。
日本でおなじみのスギが原因の花粉症は毎年2月から4月くらいまでが注意が必要です。イネ科の植物が原因になる花粉症は毎年5月から7月くらいが注意したい時期ですが、主にヨーロッパの地域で多くみられます。また、ブタクサが原因の花粉症はアメリカで多いといわれており、8月から10月くらいの間は注意しておきたい時期といえるでしょう。
日本はスギ花粉による花粉症はおなじみですが、海外にもアレルゲンになる植物によって花粉症を発症することがあるのです。

花粉症を英語で表現すると?

旅行先で花粉症の症状がでてきてしまったら、病院や薬局などで説明しなければならない可能性もあるでしょう。花粉症の症状がある人は、英語でどのように花粉症を表現すればよいのか覚えておきましょう。
もし、英語に自信がない場合でも心配は無用です。お決まりの単語を覚えておけば、とりあえず通じるので単語だけは知っておくことが大切です。

一般的によく使われる単語は「hay fever」です。
hayは牧場などでみかける干し草のことを指しますが、草だけでなくスギなど木が原因の花粉症でも「hay fever」で通じます。
もし、この単語を忘れてしまったら、「allergy」でも大丈夫です。これはアレルギーという意味です。

英語のネイティブは「pollen allergy」という言葉で表現することもあります。これらの単語を暗記したら、花粉症の代表的な症状を説明する言葉もあわせて覚えておくとよいでしょう。
たとえば、くしゃみですが「sneezing」といいます。鼻水は「a runny nose」、目のかゆみは「itchy eyes」です。
これらの単語を組み合わせれば、十分英語のネイティブに伝わるでしょう。
ちなみに、花粉症を英語で表現すると、「Hay fever is an allergic reaction caused by the pollen of certain plants. The typical symptoms are sneezing, a runny nose, and itchy eyes.」「花粉症とは特定の植物の花粉が原因で起こるアレルギー症状で、典型的な症状はくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどがあります」のように表現します。(※1)

花粉症の症状を伝えるフレーズ


英会話を習っていて多少自信がある人は、花粉症の症状を伝えるフレーズもあわせて覚えておきましょう。さきほど紹介した単語を組み合わせてフレーズを考えていきます。

たとえば「昨日から鼻水がでて、目にかゆみがあり、花粉症の症状があります」と伝えたいときは
「I am having hay fever since yesterday. I have a funny nose and itchy eyes.」と伝えましょう。
また、自分が花粉症であることを伝えたいときには、「I am allergic to 〇〇〇.」のフレーズが便利です。
複数の場合には「We are allergic to 〇〇〇.」に変えましょう。
もし、特定の植物アレルゲンがわかっているときは、
「I am allergic to Japanese cypress pollen.」「私はひのき花粉にアレルギーがあります」
「I am allergic to Japanese cedar pollen.」「私はスギ花粉のアレルギーです」と伝えれば問題ないでしょう。

もし、花粉症かどうかわからないけれど、症状を伝えたいときには、
「I have a runny nose all day today.」「一日中鼻水が止まりません」
「 I haven’t stopped sneezing since this last night.」「昨晩からずっとくしゃみが止まらない」
のように症状を伝えるとよいでしょう。(※2)

事前に海外の花粉事情を知っておこう

花粉症は日本だけにみられるのではなく、海外にもあります。花粉症の症状に日ごろから悩まされている人は、海外旅行の計画をたてるときは念のため旅行先の花粉事情を知っておくとよいでしょう。

楽しみにしていた海外旅行が花粉症のおかげで台無しになってしまうのは避けたいものです。また、英語で花粉症にまつわる単語やフレーズを覚えておけば、花粉症の症状がでたときにも安心です。

花粉症との深い関係!腸内環境が変わると症状も変わる?

2018.03.13

これで完璧!花粉症でのどが「痛い」「かゆい」ときの原因と対策法を徹底解説

2017.12.20
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!