アレルギーに効果的?クロストリジウム菌とは

LINEで送る
Pocket

アレルギーは、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、人にさまざまな症状をもたらす厄介なものです。特定の物質に対してアレルギーを発症したり、ハウスダストなどで1年を通して症状が起こったりと、多くのアレルゲン物質によって症状が引き起こされます。
これらの症状を緩和させるのに効果的といわれているのが、クロストリジウム菌と呼ばれるものです。
ここでは、クロストリジウム菌がなぜアレルギーに効果的といわれているのか、クロストリジウム菌が体にどのような影響を与えるのかについて詳しく解説していきます。

腸内細菌が免疫機能のバランスを保つ

腸内細菌を増やすことで便秘解消に効果的という話はよく聞かれますが、実は腸内細菌の効果はそれだけではありません。体の免疫機能を向上させる効果も期待できるのです。
なぜなら、腸には病原菌やウイルスといったアレルゲン物質を撃退してくれる「免疫細胞」が集結しているからです。

体の中で腸が占める免疫細胞の割合はおよそ7割で、その数はおよそ1000種類、100兆個以上あるといわれています。それほどまでに大量の免疫細胞が腸のどこにあるかというと、水分を吸収する腸の内側です。
そこで、外敵の侵入に備えているのです。さらに、腸内にある免疫細胞は、「パイエル板」と呼ばれる小腸の一部によって、体内に入り込んでしまったアレルゲン物質の特徴を学習します。
そのため、体内にアレルゲン物質が入り込んでしまったとしても、すぐに反応して撃退することが可能なのです。

腸内細菌のバランスが保たれていないと、免疫細胞の暴走が起きる可能性も高まります。
これは、自己免疫疾患と呼ばれるもので、免疫機能が過剰に働くことで、関係ない物質までアレルゲンと認識するというものです。
これにより、免疫細胞が体内にある他の細胞まで攻撃してしまうというトラブルが発生してしまうのです。
この自己免疫疾患は、腸内細菌の異常によって引き起こされるといわれています。そのため、アレルギー症状の緩和や免疫機能を正常化したいという場合には、腸内細菌を増やして免疫機能のバランスを保つことが大切なのです。(※1)

アレルギーを抑制するクロストリジウム菌

腸内にある膨大な細菌の中から、アレルギーの抑制に効果があるといわれているのがクロストリジウム菌です。
クロストリジウム菌は、「Tレグ(制御性T細胞)」と呼ばれる免疫細胞を作り出す働きがあることがわかっています。
Tレグ細胞は、過剰に反応する免疫細胞を抑制する働きを持っているため、クロストリジウム菌を増やしてTレグが産生されればアレルギー症状の緩和につながるというわけです。Tレグ細胞が少ないと、アレルギー症状が重くなったり、多発性硬化症になったりとさまざまなトラブルの引き金になる可能性が高くなります。
Tレグ細胞を増やすことができれば、体のあらゆる部分で暴走している免疫細胞がなだめられ、アレルギー症状や自己免疫疾患の緩和に期待が持てます。

腸内でクロストリジウム菌を増やすには?


クロストリジウム菌を増やすためには、食物繊維を豊富に摂取することがもっとも大切です。
ある実験によって、食物繊維がクロストリジウム菌を豊富に作り出すことが明らかとなったからです。その実験とは、クロストリジウム菌が腸内にたくさんあるマウスを2つのグループにわけて、食物繊維がたっぷり配合されたエサとそうではないエサをそれぞれ与え、クロストリジウム菌がどのように変化するのかを調べたものです。これによれば、食物繊維をたっぷりと与えたマウスとそうでないマウスでは、腸内のTレグの量に約2倍の差が出ました。

なぜこれほどまでに差が出たのでしょうか。それは、クロストリジウム菌が食物繊維をエサにして酪酸と呼ばれる物質を多量に発生させるからです。酪酸は腸の内側にある免疫細胞に受け取られると、Tレグに変化するのです。
クロストリジウム菌を増やすことと食物繊維には強いつながりがあることがわかります。
もともと、日本人は古くからキノコや海藻、根菜類など食物繊維が豊富な食物を当たり前のように毎日摂取していたため、クロストリジウム菌は意識せずとも腸内に多く住みついていました。

しかし、戦後から日本食の文化は大きく変化し、肉中心といった欧米的な食生活が当たり前になったことで、食物繊維の摂取量も激減します。
クロストリジウム菌が満足に作られず、重いアレルギー症状や自己免疫疾患といった病気が多く見られるようになったのです。食物繊維が豊富に含まれているのは、穀物や野菜、果物、キノコ、海藻などです。腸内でクロストリジウム菌を増やすには、食物繊維の摂取は欠かすことができません。

食事を見直してクロストリジウム菌を増やそう


アレルギー症状の緩和や自己免疫疾患を防ぐには、クロストリジウム菌を増やして腸内細菌のバランスを保つことが重要です。
クロストリジウム菌が少ない腸だと、アレルギー症状が起きやすいばかりではなく、症状の悪化といったリスクが高まります。クロストリジウム菌を増やすことができれば、アレルギー症状に負けない健康的な体を作ることができます。
腸内細菌のバランスを保てるように食生活の見直しを行いましょう。

乳酸菌は冷凍できる?栄養価や食感の変化と美味しく食べられるレシピ紹介

2017.08.04

お腹をキレイにして美肌になる!アトピー改善は腸内環境を整備しよう

2017.07.23

アトピー改善へのメリットがたくさん!亜鉛の重要性と摂取の仕方

2017.07.07
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!