血管も老朽化する!?体を健康に保つにはどうしたらいい?

LINEで送る
Pocket

いつも健康でありたいとほとんどの人は考えるでしょう。
しかし、年齢を重ねるにつれて体の機能は老化していきます。

血管や内臓は自分の目で確認することができないため、知らないうちに老朽化していることに気づかないものです。
血管が老朽化すると、血管が狭くなり体中をめぐる血液の流れが滞ります。そ
の結果、動脈硬化を発症するリスクが高まります。

動脈硬化がすすむと、心筋梗塞や脳梗塞など死に至る病気を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
血管の老朽化を防ぐ方法についてみていきましょう。

血管が老朽化するとどうなる?

血管は体の老化とともに、老朽化していく傾向にあります。
しかし、生活習慣によっては実年齢よりも血管が健康であったり、年齢が若くても老朽化がすすんでいたりする場合があるのです。

血管が老朽化すると、弾力がなくなり硬くなっていきます。こ
の状態を動脈硬化といいますが、血管が硬くなることで血液の流れが悪くなり、次第にコレステロールなどが血管内部に付着していき、血管が詰まる原因になることがあります。

その詰まりやすい状態で血のかたまりである血栓が流れてくると血管をふさぎ、突然心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気を引き起こすことがあります。最悪の場合には突然死する可能性もあるでしょう。
また、血管が硬くなり老朽化してくると、血の巡りが悪くなるので血液を送るために心臓に大きな負荷がかかります。その結果、高血圧がすすんでいく可能性が高まります。
血管の老朽化は命にかかわる病気に関係していることもあるので注意が必要です。

血管を健康に保つ生活習慣とは


血管を健康に保つための生活習慣はどのようなものなのでしょうか。実は普段、何気なくやっていることが血管の健康を損なっていることがあるので注意が必要です。

まず、喫煙の習慣です。血管を収縮させてしまい血圧が上がる原因になります。
また、仕事や家事で毎日忙しくしている人は多いでしょう。朝出勤するときに電車やバスの時間に遅れそうになって、つい走ってしまうという人は注意が必要です。朝は血圧が高い傾向にあるので、焦って行動すると血圧の急上昇につながりやすいです。

朝起きたあとにすぐ行動するのではなく、ゆっくりと余裕をもてるようにしたいものです。
睡眠不足が習慣化している人も血圧が上がりやすくなっているので注意しましょう。定期的に血圧を測ってチェックすることを習慣にすることをおすすめします。

また、極端な偏食や、いつも食べすぎてしまう人も注意が必要です。糖質や炭水化物が多めの食生活は見直すことが大切です。

健康な血管のために必要な栄養素と食べ物

食べるものに気をつけることは健康な体づくりに欠かせません。血管の老朽化を少しでも予防してくれそうな食べ物や栄養素について知っておきましょう。

カリウムやカルシウム、マグネシウムを含む食品は、血管を健康に保つ手助けをしてくれるでしょう。血管を老朽化させてしまう原因である塩に含まれるナトリウムが体内に余分にたまってしまったときに、体外に排出してくれる効果が期待できます。
豆類、キノコ、海藻、魚、果物にカリウムは多く含まれています。乳製品や小魚にはカルシウムが多く含まれているので、普段の食事に少しずつ取り入れるとよいでしょう。また、マグネシウムを多く含む食べ物は玄米やゴマ、大豆などがあげられます。

血管など体の内側の細胞の新陳代謝を促し、健康に保つ食べ物は、魚や大豆などに含まれるたんぱく質です。
特にDHAやEPAなどの脂肪酸を含む魚は動脈硬化を予防する効果が期待できます。
青魚と呼ばれるイワシやサンマ、サバなどに多く含まれているので、積極的に食べるようにしたいものです。

大豆加工品は身近な食品が多く、普段のメニューに取り入れやすいです。納豆、豆腐、豆乳などは植物性の良質なたんぱく質を含んでいます。
中性脂肪やコレステロールの値が高い人は積極的に食べることをおすすめします。良質なたんぱく質も動脈硬化を予防してくれるでしょう。さらに、ビタミンCやビタミンEなどの栄養素を含む食べ物も動脈硬化を予防するといわれています。トマトやモロヘイヤ、カボチャなどの野菜に多く含まれています。

運動と栄養で血管を健康に保とう


血管の老朽化を防ぐ効果が期待できそうな栄養素を日常の食生活に取り入れることは、とても大切です。一方で、食べ物だけに気をつけていても完全に血管の老朽化を防ぐのは難しいでしょう。食生活を見直すとともに、適度な運動習慣を生活に取り入れていきましょう。

しかし、運動する習慣がない人が突然体を動かすことは難しいと感じるのではないでしょうか。
実は、特に激しい運動をする必要はなく、少しずつゆっくり続けられそうな運動から始めてみるだけでも血管の老朽化を防げる可能性が高まります。
なぜ運動がよいかというと、体を動かすことで全身の血液の巡りがよくなるからです。その結果、血管の内側にある細胞を活性化させることが期待できるのです。

毎日続けやすいのはウォーキングです。歩くだけで血管が活性化されるので試してみてください。通勤時間を活用してウォーキングの時間にあてたり、週末の決まった時間に少しずつ散歩したりする習慣を身につけるとよいでしょう。
一日あたり一万歩を目指すといいですが、難しいときは少しずつ時間をかけて歩数を増やしていくことをおすすめします。継続することが大切です。

ストレッチは家の中に少しスペースがあれば、時間を問わずいつでも気軽に行うことができます。家事の合間の気分転換にもなるので、日常生活のなかに取り入れてみましょう。
ストレッチは筋肉を伸ばすので、血管を柔軟にする効果も期待できるでしょう。ジムに通うことを検討している人は筋力トレーニングがおすすめです。筋肉が強化されて血流がよくなり、血管の老朽化の予防につながります。

年齢とともに血管も老朽化していくので、病気にならないためにも体を健康に保つよい習慣を身につけましょう。

乳酸菌が癌を予防?腸内環境が健康を左右する

2018.04.09

健康になる!?黒酢を飲んだ30〜40代男性はどのくらいいる?

2017.11.12

知れば絶対摂りたくなる! ビタミンCの美容・健康効果

2016.08.03
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!