まだ続く目のかゆみや鼻水は花粉症? 5月のアレルギー対策!

LINEで送る
Pocket

5月になり花粉症が収まったと思っていたのに、相変わらず鼻水や目のかゆみに悩んでいる人はいませんか?実は、5月になっても花粉症が起こる可能性はあります。そのほか、この時期ならではのアレルギーも出てくるので、対策を怠っていると症状に苦しめられがちです。時期を問わずに花粉症やアレルギーの対策を整えて、健康な体づくりを目指しましょう。この記事では、5月に起こる鼻水や目のかゆみの原因と対処方法を解説していきます。

5月はイネ科花粉が原因で花粉症に?

花粉症といえば、スギ科の木によって引き起こされる症状が有名です。スギ科花粉は3~4月にピークを迎えるので、5月になると一段落します。そのため、「5月だから花粉症の心配がなくなった」と思い込んでいる人もいるでしょう。しかし、スギ以外の植物も花粉症の原因になりえるので、鼻水や目のかゆみが出やすい人は引き続き警戒が必要です。5月の代表的な花粉症はイネ科花粉によるもの。

イネ科植物はスギなどの花粉と違い、低い位置から風に乗って分散されるのが特徴です。そのため、花粉が届く範囲は半径10メートル前後とやや狭く、都会やビル街では被害を受けにくい傾向があります。そのため、イネ科花粉の対策は見逃されがちですが、農村や近くに草むらがある地域などになると被害は多くなります。また、強風などによって花粉の分散範囲が拡大するリスクもゼロではありません。花粉に弱い人は、5月に入ってもマスクなどの対策を止めないように心がけましょう。また、外出先から帰ってきたら顔を洗うなどの習慣も徹底します。

偏西風に乗ってやってくる黄砂が原因でアレルギーになる?


北半球、南半球に関わりなく、1年中同じ方向に吹き続けている風が「偏西風」です。その名の通り、西から吹いてくるのが特徴ですが、5月になると偏西風が黄砂を運んでくる可能性があります。黄砂とは、中国大陸にあるゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などの砂が風に乗って飛ばされる現象です。しかし、少量の黄砂は粒子レベルになった砂が飛んでいるだけなので人の目には見えませんし、被害もほとんどありません。しかし、偏西風が激しくなると黄砂の数が増えスモッグなどの原因になります。そして、海を渡って日本列島にも被害をおよぼすのです。

黄砂は主に粘土系の物質で構成されています。ただ、硫酸イオンや硝酸イオンといった汚染物質も検出されており、中国大陸の排気ガスを黄砂が含んでいるためだと考えられているのです。そのため、黄砂は人体に悪影響を与える物質であり、吸い込むと鼻水、咳、目のかゆみなどのアレルギーが現れます。日本にまでたどり着いた黄砂は、肉眼で確認するのは至難の業ですが、空気の汚染レベルで把握できます。黄砂が気になる人は、戸締まりに気を配って過ごすようにしましょう。

ポカポカ陽気の5月!そろそろダニの大量発生に要注意!

ダニは大量発生しやすい害虫であり、人間のアレルギーを招きます。特に、ダニに刺された後のかゆみは激しく、血がにじむまでかいてしまう人も少なくありません。高温多湿を好むダニは、気温が上昇する5~6月にかけて繁殖し始めます。そのため、5月になればダニアレルギーの症状が現れる人も増えていくでしょう。ダニは一度発生してしまうと、退治するのに骨が折れる害虫です。ふだんの生活からダニに気をつけて、少しでも存在を感じたら早めに業者を呼ぶなど、迅速に対応しましょう。

ダニアレルギーの原因となりやすいのは「布団」です。5月になると湿度が高くなり、布団も水分を含むようになります。すると、ダニが布団を温床として繁殖し、寝ている間に人間の体を刺すことが考えられます。そのほか、カーペット、クッション、長くタンスにしまっていた服などもダニのターゲットです。ダニがたかりそうな場所には害虫駆除の薬を仕掛けるなど、そもそもダニを住まわせない意識が大切です。また、天気がいい日にはこまめに洗濯や掃除を行い、寝具や家具をほどよく乾燥させておきましょう。

免疫力を整えて5月のアレルギーを乗り切ろう!


アレルギーが起こる仕組みは「免疫力の乱れ」だといえます。免疫とは、体内に有害物質や細菌が入ってきたときに撃退するための機能です。免疫力が正常に働いていると、病気になりにくく健康に毎日を過ごせます。しかし、花粉や空気の汚れに免疫が過剰反応してしまうと咳や涙が止まらなくなり、ひどいときには日常生活に支障をきたします。この状態が「アレルギー」であり、アレルギー体質を改善するには免疫力の乱れを整えなければいけません。

免疫バランスに効果的なのはまず、「正しい食習慣」です。ビタミン、ミネラルといった健康成分を意識して摂取するようになると細胞の質が良くなり、有害物質への抵抗力がつきます。過剰な免疫でアレルギーが引き起こされる機会も減っていくでしょう。また、適度に運動をしたり、睡眠習慣を直したりして体力をつけるのもアレルギー改善に役立ちます。時間がなくて食事や睡眠に気をつかえない人には、サプリメントもおすすめです。体の中を整えてくれる酵素サプリなら、手間をかけずにアレルギー対策ができます。自分の生活習慣に合った対策で、5月を乗り切りましょう。

花粉症って治るの?花粉症のメカニズム

2018.04.12

花粉症は季節によって違いがあるの?

2017.10.17

喘息に悩む人必見!アロマは喘息の症状緩和に役立つかも?

2017.06.21
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!