食物アレルギーはなぜ起きる?その原因と対策

LINEで送る
Pocket

食物アレルギーは特定の食品を摂取したときに起こるアレルギー反応です。症状は皮膚にかゆみや発疹が現れる軽度のものから、重篤な場合だと意識を失ったり呼吸困難になったりするなど命にかかわる可能性もあります。食物アレルギーとして多いのが鶏卵・乳製品・小麦などです。しかし、同じものを食べているのにアレルギーが起こる人と、起こらない人がいるのはなぜなのでしょうか。今回は、食物アレルギーが起きる原因と対策を紹介します。

食物アレルギー発症の仕組み

人間の体はウイルスや細菌が体外から入ってきたときに、体を守るための「免疫」が働きます。しかし、食物アレルギーの人の場合は体に対して無害な食物にも免疫が反応してしまい、拒否反応として体にさまざまな症状を起こすのです。アレルギーの原因となる「アレルゲン」が体内に入ると免疫機能が働き「IgE抗体」というタンパク質が体内で作られます。IgE抗体がマスト細胞などと結合すると、ここからヒスタミンなどアレルギー症状を起こす化学物質が放出されるのです。しかし、本来は人の体に害のない食物(タンパク質)に対してはIgE抗体が生産されないような仕組みになっています。

食物アレルギーはこの仕組みが弱かったり未熟だったりする人に起きるので、乳幼児に食物アレルギーの割合が多いのはこのためです。成長と共に免疫機能や消化器官の働きが整ってくるにつれ、アレルギーが軽度になったり症状が出なくなったりする人もいます。また、すべてのアレルギーの原因がIgE抗体によるものではありませんが、食物アレルギーの場合はIgE抗体によるものが多いです。IgE抗体が関わるアレルギーの場合、摂取後数時間以内での早い段階で症状が現れることが特徴といえます。

食物アレルギーの診断はどのようにおこなわれるのか?


食物アレルギーの診断をするときに最初におこなうのが「問診」です。食物アレルギーの多くは摂取後早い段階で症状が現れることが多いため、症状が出る直前の数時間以内に食べたものがアレルゲンとなっている可能性が高いといえます。病院で診断を受ける際には、「いつ、何を食べたのか」を記録していくことが大切です。アレルゲンとなりえる食物の種類は非常にたくさんあるため、問診の段階である程度アレルゲンを絞り込んでからの方がその後の検査がスムーズにいきます。問診でアレルギーの原因となる食物の目星がついたら、次はIgE抗体を証明するための検査をおこないます。検査方法は血液検査や皮膚試験(パッチテスト)です。

正確に原因を特定できない場合や、原因が分かってもアレルギー症状の程度が分からない場合には「食物経口負荷試験」に進みます。食物経口負荷試験は実際にアレルゲンと思われる食物を食べてみることで、「どのくらいの量でどんな症状が出るのか」を正確に診断できるものです。また、食物経口負荷試験はアレルギーの経過観察の中でも使われる検査方法で、これにより除去するべき食物とその量が分かるようになります。しかし、この検査は実際にアレルギー症状を起こす可能性があるため、医師や看護師の元で行わなければなりません。

アレルギーの原因になりやすい食物

アレルギーの原因となりやすい食物として最も多いのが「鶏卵」です。これに続き「乳製品」と「小麦」が上位にきています。これらの食物は料理で使用されることも多いため、アレルゲンとなってしまうと除去するのがとても大変です。ほかにもエビやカニなどの「甲殻類」、「そば」やピーナッツなどの「ナッツ類」でもアレルギーを起こす人は多くいます。また、果物でアレルギーを起こす人もいるのですが、この場合は花粉症患者である場合が多い傾向です。

花粉症もアレルギー症状の1つなのですが、アレルゲンとなる花粉に似たタンパク質を含んだ果物を食べたときにアレルギーを起こしやすいのです。どの花粉でアレルギーを起こすかによって、アレルギーを起こしやすい果物の種類も変わってきます。病院で食物アレルギーの診察を受ける際、花粉症ならばそのことを医師に伝えるようにしましょう。

まずは除去食で食物アレルギーを避けよう!


食物アレルギーの場合、「アレルギーそのものをなくす」といった根本的な治療はありません。症状が出てしまった場合にそれを抑えるための薬などはありますが、1番はアレルギーの症状を起こさないようにすることです。そのためには、アレルゲンとなる食品の除去が最も重要です。軽度のアレルギーなら完全に除去せず、医師の指導のもとで決められた量を摂取するケースもあります。ただ、アレルギー症状が出やすい人の場合にはわずかな量のアレルゲンでも危険です。メニューにアレルギー表示のある飲食店や、原材料が明記されている食品も多いですが、食べる前にしっかりと確認して摂取しないようにしましょう。

しかし、除去食にすることによって栄養の偏りが出てきてしまう可能性があります。特に複数の食物に対してアレルギーを持っている人の場合、除去しなければならない食物も増えることで必要な栄養を補えなくなるかもしれません。除去食での生活を続けるためには医師や栄養士と相談し、必要に応じて薬やサプリメントで栄養補給をしましょう。

参考サイト(外部)
アレルギー症状のメカニズムや対処法:アレルギージャーナル
参考サイト(外部)
アトピーの主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル
参考サイト(外部)
お母さん由来の乳酸菌「クリスパタス菌KT-11株」:アレルギージャーナル

乳酸菌は原核生物?乳酸菌の正体を解説

2018.04.06

今年こそ!クリスパタス菌で花粉症を改善しよう

2016.10.25

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!