アレルギーの元はどこにでも!アレルギーの種類とその原因とは?

LINEで送る
Pocket

アレルギーとは特定のものに対して体の免疫が過剰に機能して起きることです。アレルギーを引き起こす原因となる物質(アレルゲン)は生活空間にたくさんあります。そのため、アレルギーの症状や程度は人によって異なることが一般的といえるでしょう。アレルギーに苦しまず快適な毎日を過ごすためには、アレルゲンの種類や普段から心がけるべきことを知っておくことが必要です。そこで、今回はさまざまなアレルギーについて詳しくご紹介いたします。

吸入性アレルゲンの種類とその症状


吸入性アレルゲンは、文字どおり吸入する(吸い込む)ことによってアレルギー症状を起こさせる物質のことをいいます。ハウスダストやダニ、カビ、花粉が代表的です。ハウスダストやダニ、カビのようなアレルゲンは主に室内に存在することが多く、主に衣服や寝具、カーペットに潜んでいます。ダニには死がいやふんを含み、これらが原因となって引き起こされる症状には気管支喘息があります。気管支喘息は空気の通り道の気管支が狭くなることで、咳や喘鳴、息苦しさという発作が起こるものです。しかし、ハウスダストやダニのアレルギーがあると、ホコリっぽい場所に行くだけでも発作を起こしてしまうようになります。

花粉がアレルゲンとなって起きるアレルギーは花粉症として有名です。花粉症は風邪と似た症状が多いため区別がつきにくいこともありますが、鼻や喉に症状が出やすい特徴があります。鼻はくしゃみや鼻水、鼻詰まり、喉は痛みや違和感が風邪よりも長い期間続くのが一般的です。また、咳が出やすくなるという患者もいます。ペットの毛による吸入性アレルギーも増加しており、鼻炎症状に悩まされている飼い主も少なくありません。

花粉がアレルゲンとなって起きるアレルギーは花粉症として有名です。花粉症は風邪と似た症状が多いため区別がつきにくいこともありますが、鼻や喉に症状が出やすい特徴があります。鼻はくしゃみや鼻水、鼻詰まり、喉は痛みや違和感が風邪よりも長い期間続くのが一般的です。また、咳が出やすくなるという患者もいます。ペットの毛による吸入性アレルギーも増加しており、鼻炎症状に悩まされている飼い主も少なくありません。

食物性アレルゲンの種類とその症状

食物性アレルゲンは、食べて体内に取り込むことによってアレルギーを引き起こす食べ物のことをいいます。じんましんやむくみ(浮腫)のような比較的軽度な症状のほか、喘息発作、下痢、嘔吐などの症状が即時的に起こる傾向です。引き起こされるまでの時間は長くても4時間ほどであることが多く、急激に悪化するという特徴があります。もっとも、重篤な症状になると、血圧や意識の低下がみられるアナフィラキシーショックに陥ることがあるため、注意が必要です。食物性アレルゲンとして多いものには、卵、牛乳、小麦などがあります。

これらはそば、落花生、えび、かにと一緒に食品のパッケージへの記載が必須とされる「特定原材料7品目」です。このほかにも食物性アレルゲンとされるものはたくさんあり、表示が推奨されています。学校や幼稚園、保育園などの給食の現場でも、食物アレルギーのある子どもは学校や園にアレルギーの申請をすることができます。その後、校医や保護者とで個別に面談をするなどして、アレルギー対応食(除去食)の対応がなされているところが多い傾向です。

接触性アレルゲンの種類とその症状

接触性アレルゲンとは、皮膚に触れることによって触れた箇所にアレルギー症状を起こさせるもののことをいいます。症状は接触性皮膚炎がもっとも多く、触れたアレルゲンを排除するために、健康的な肌であっても赤み、かゆみ、腫れなどがあらわれることが多い傾向です。皮膚に接触することでアレルギーを引き起こす物質として代表的なものには、金属、化粧品、天然ゴム(ラテックス)などがあります。

金属については、アクセサリーを身につけてかぶれを起こす金属アレルギーとして有名です。また、吸入性や食物性で前述した花粉や食べ物も接触性のアレルゲンになる場合があります。例えば、花粉が眼球に付着するとアレルギー性結膜炎が引き起こされることがあるほか、牛乳アレルギーの人が牛乳に触れただけでじんましんが出るというケースもあるのです。

アレルギー体質にならないための心得とは?


アレルギーには原因も症状もさまざまな種類があり、どの場合もアレルギー発作が引き起こされてしまった際のすみやかな対処が必要になります。しかし、そのような対症療法を行う以前にアレルギー体質にならないように心がけるということも大切です。アレルギーになりやすい体質になってしまう原因として、ストレスや偏食があります。疲れをためないように必要なのは睡眠です。しかし、やみくもに長く眠れば良いというものではありません。質の良い睡眠をとることが重要です。「ぬるめのお風呂にゆっくりつかる」「寝る前はスマホ画面を見ない」など、睡眠の質を向上させる工夫をするようにしましょう。

また、ストレスもためすぎないようにすることも大切です。もしストレスがたまったら早めに解消できるように調整することも大事です。ストレスをためるのはアレルギーだけに留まらず、さまざまな悪影響を及ぼしかねません。そのため、自分に合ったストレス解消法を探してみましょう。また、偏った食事もアレルギーを引き起こす原因になってしまいます。3食しっかりバランス良く食べることができるのが理想ですが、実際は難しいものです。酵素サプリや美容サプリなど栄養を補助するものを賢く利用して栄養バランスを整えることも1つの解消法です。体の中から体質を改善するように心がけましょう。

参考サイト(外部)
アレルギー症状のメカニズムや対処法:アレルギージャーナル

ダニアレルギーを治す!最新アレルギー治療と体質改善について

2018.06.07

アトピーはうつる?正しい知識と予防法

2018.04.22

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!