まだ続く花粉症アレルギー?6月もさまざまな花粉が飛散!

LINEで送る
Pocket

日本では花粉症といえばスギ花粉といって良いほどスギ花粉が有名ですが、スギ花粉やヒノキ花粉以外でもアレルギーの原因となる花粉が多く存在しています。春が過ぎ花粉の季節が終わったかのように思う6月でも、さまざまな花粉が飛散しアレルギーの原因となっているのです。スギ花粉の季節は終わったはずなのに「鼻水がとまらない」「目がかゆい」などの症状がある人はスギ以外の花粉が原因でアレルギー症状が出ているのかもしれません。ここでは、6月に起こる花粉症の原因について紹介していきます。

6月に起こるアレルギーにはこんな原因が…

スギ花粉の季節も過ぎ梅雨にさしかかる6月ですが、アレルギー症状がでているといった人もいるかもしれません。スギ花粉がまだ飛散している地域もありますが、6月はアレルギーの原因となるものが多く存在しているため、症状の原因を知りアレルギー予防をしていきましょう。

6月のアレルギーの原因として考えられるのは、イネ科などの植物による花粉症、カビアレルギー、紫外線アレルギー、汗アレルギー、ダニアレルギーなどがあげられます。6月は湿度が高くなりカビが発生しやすいため、カビアレルギーにも注意が必要です。紫外線も強くなり、汗をかくことが多くなるため、紫外線アレルギーや汗アレルギーもなりやすくなる季節でもあります。6~9月にはダニの繁殖が活発になるため、ダニが原因でアレルギー症状がでている可能性もあるので注意しましょう。

6月はスギ花粉と入れ替わりで飛散する植物の花粉によるアレルギー症状も多く出てくる季節です。季節の変わり目やスギなどによる花粉症で免疫力も落ちているため、アレルギー症状が出やすくなっているため注意が必要になります。

6月のアレルギーの原因となる花粉の正体とは?


6月に多く飛散している花粉はイネ科の花粉です。地域によっても花粉のピークは多少前後しますが、イネ科は全国に生息しており5~8月にかけて花粉を飛ばします。関東では10月までピークが続くこともあります。花粉を飛ばすイネ科の植物は主に、イネ、カモガヤ、ギョウギシバ、ホソムギなどがあげられます。他にも麦やアシ、ススキなどもイネ科の植物なので注意しましょう。

6月はイネ科の花粉だけが飛んでいるわけではなく、他の植物の花粉も多数飛散しています。関東では少ないですが、スギ花粉が飛散していることもあるのです。北海道ではイネ科の花粉は他の地域に比べ少ないですが、シラカンバ属による花粉やヒノキ科の花粉が飛散していることが特徴的といえます。日本北部では、コナラやクリなどブナ科の植物の飛散時期が5~6月です。瀬戸内海地方ではモクセイ科であるオリーブの花粉が5~6月にかけ飛散しており、オリーブ栽培が盛んな地域ではオリーブ花粉症を発症している人も多くいます。他にもマツ科のアカマツやヒノキ科のネズも6月に飛散しています。関東や東北地方は特に花粉が多い地域になるため、特に注意が必要です。

6月に花粉症にならないための注意点

イネ科の植物は、スギなどの樹木に比べると背も低く、花粉を遠くまで飛ばすことができません。イネ科による花粉症の場合は、イネ科の植物に近寄らないだけでも十分な予防になります。イネ科の植物は川辺、河川敷、河原、堤防、田畑などの川や水辺の近くに群生していることが多いため、ピークが過ぎるまでは近寄らないようにしましょう。水辺の近くだけでなく、空き地や雑木林、道端などにも生息している場合があります。

スギ花粉などで粘膜や免疫力が弱っている場合は、入れ替わりで飛散するイネ科の花粉にも反応してしまいます。そのため、できるだけアレルギーの原因となる植物を避けるようにすることが大切です。春の花粉症予防と同じで家に花粉を持ち込まないようにし、こまめに部屋の掃除をすることも必要になってきます。洗濯物を干すときなども、近くにアレルギーの原因となる植物がないかを確認するようにしましょう。

また、免疫力を高めるために生活習慣の見直しをすることや、サプリメントや予防薬の服用も予防に有効です。花粉症は体内の免疫機能のバランスの崩れによって起きるため、免疫力を高めるように体質を改善すると症状が軽くなることがあります。バランスの良い食事と適度な運動、質の高い睡眠に気をつけていきましょう。

旅行の際は要注意!海外でも花粉症の危険がいっぱい


日本国内でも場所によって花粉のピークの時期が違うため、旅行をするときは花粉情報も調べることが大切です。また、アメリカのブタクサによる花粉症、ヨーロッパのイネ科による花粉症、日本のスギによる花粉症は世界3大花粉症と呼ばれています。アメリカ、ヨーロッパ、日本を中心に世界中に花粉がたくさん飛んでいるのです。

イギリスでは5~6月にオークやプラタナスによる花粉症が多く、カナダでは4~5月にオーク、カエデ、スギ、桑などによる植物が原因で花粉症を発症している人が多くいます。南アフリカでは生息している植物も多く、花粉によるアレルギー症状に悩む人が多い傾向です。花粉症の人も現在花粉症にかかっていない人も、海外で飛んでいる花粉に反応する可能性があるため、日本国内だけはなく海外旅行の際も花粉症対策をしっかり行いましょう。

参考サイト(外部)
アレルギー症状のメカニズムや対処法:アレルギージャーナル
参考サイト(外部)
お母さん由来の乳酸菌「クリスパタス菌KT-11株」:アレルギージャーナル

アレルギーの元はどこにでも!アレルギーの種類とその原因とは?

2018.06.13

ダニアレルギーを治す!最新アレルギー治療と体質改善について

2018.06.07

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!