花粉にハウスダスト!秋のアレルギーに要注意!

LINEで送る
Pocket

秋にはじまる鼻水やくしゃみ、微熱など「症状がずっと続いてつらい」「カゼ薬を飲んでもなかなか治らない」と悩んでいませんか?もしかしたらそれは、カゼではなくアレルギー反応かもしれません。秋には花粉にハウスダストなど、アレルギー反応を引き起こすきっかけが多くあります。アレルギー反応を放置すると、ますます症状が悪化することもあるでしょう。秋のアレルギーは早めに発見し、対処することが大切です。秋アレルギーの原因や予防対策について紹介します。

秋もさまざまなアレルゲンが潜んでる

暑い夏が終わり、秋を迎えたタイミングで出はじめた鼻水やくしゃみ、微熱。カゼと誤解しがちですが、実はアレルギー反応の可能性もあります。秋のアレルゲンとして、まず挙げられるのは花粉です。花粉症というと春のイメージがありますが、花粉は1年中飛散していてアレルギー反応を引き起こすことがあるのです。特に秋の花粉症は身近な雑草がアレルゲンになることが特徴で、全体の15%の人が花粉症の症状を訴えています。

また、意外と知られていないのが虫やハウスダストによるアレルギー反応です。季節の変わり目である秋には、体調を崩しやすくなりカゼをひきやすくなります。秋アレルギーの予防をしつつ、カゼとの見分け方を知って適切に対処していきましょう。

秋の花粉症の原因は?


春の花粉症の原因として代表的なのは、スギやヒノキです。一方で秋の花粉症は、身近な雑草から引き起こされます。代表的なものはキク科の植物であるブタクサやヨモギ、クワ科のカナムグラ、イラクサ科のイラクサ、ベンケイソウ科のキリンソウなどです。特にブタクサやヨモギは、道端や公園、空き地、河原などに多く生えています。花粉の飛散距離はそれほど長くありませんが、身近な場所にあるからこそ、日常生活のふとしたときに花粉を吸い込んでしまいがちです。

また、スギ花粉にも注意しましょう。スギ花粉の飛散ピークは春ですが、実は花粉が作られるのは秋から冬にかけての間です。秋に作られる花粉が少し漏れ出して、空気中に飛散することがあります。スギ花粉に敏感な人であれば、この少量の飛散でも反応してしまう可能性があるのです。秋には台風の影響で「花粉の飛散量が増す」「屋外でのレジャーやイベントが多くなる」など、花粉症につながる要因がいくつもあります。花粉に敏感な人は十分な対策が大切です。

秋はダニやハウスダストの季節

秋には花粉だけでなく、虫やハウスダストのアレルギー反応にも要注意です。虫のうち、最も代表的なのはダニでしょう。夏に繁殖したダニが秋になると一斉に死に、死がいやふんが部屋に蓄積されます。空中に舞ったダニの死がいやふんが皮膚や鼻、口などから体内に取り込まれると、アレルギー反応が生じることがあるのです。

ダニだけでなく、ゴキブリやユスリカなどもアレルゲンになります。ダニと同じく、死がいやふんが粉末状になり、体内に侵入することでアレルギー反応が引き起こされるのです。

このような虫の死骸や糞を含む、室内の細かなチリやホコリをハウスダストと呼びます。虫の死がいやふんに加え、衣服の繊維のクズやカビ、細菌、ペットの毛などさまざまなものがハウスダストの原因です。ハウスダストは肉眼では見えないほど小さくとても軽いため、少しの動きで舞い上がり体内に侵入してアレルギー反応を引き起こします。

カゼとアレルギーの見分け方

アレルギー反応が起きると、鼻水やくしゃみ、微熱などが生じます。カゼの症状と似ているため、見分け方を知り適切に対処することが重要です。アレルギーは、透明なサラサラした鼻水や目のかゆみ、連続したくしゃみが特徴といえるでしょう。これらの症状が1週間以上続く場合や、晴れた日にいっそう強く症状が出る場合は花粉症の可能性があります。また、微熱の状態が長く続く場合も花粉症を疑いましょう。一方で粘り気のある鼻水、激しい喉の傷み、高熱などがみられればカゼの可能性があります。

ただし、自己診断だけでは判断を誤ることがあります。「アレルギーかカゼか区別しづらい」「なかなか症状が治まらない」などの場合は、すみやかに専門医と相談し処置を決めていきましょう。

秋アレルギーの予防対策とは?


秋アレルギーは、症状が出ないうちから早めに予防することが大切になります。秋の花粉症の場合は、花粉の飛散距離が比較的短いことがポイントです。春のスギ、ヒノキ花粉は風に飛ばされ数キロメートル先まで飛散しますが、秋の植物は長くても数百メートル程度しか飛散しません。そのため、原因植物に近づかないようにするだけで予防が期待できます。道端や公園、空き地、河原など普段から通りかかる場所について、原因の植物がないかチェックしておきましょう。

自分のアレルギーの原因がどの植物か分からないならば、耳鼻咽喉科などの専門科でチェックテストを受けることがおすすめです。また、家の中にアレルゲンを持ち込まないよう、外出から戻ったら髪の毛や衣服についた花粉やホコリを払い落とすことも重要になります。専用ブラシなどを使ったり、ハウスダストを少しでも減らしたりするため、こまめな家の掃除を心がけましょう。ハウスダストは人が寝ている時間、空気が動かない間に床へたまるため、朝一番に掃除すると効率的です。秋アレルギーの原因を理解しながら、日々予防を心がけることで、アレルギー症状を軽減することができるでしょう。

参考サイト(外部)
花粉症の主な症状や原因、治療法など:アレルギージャーナル

花粉症と副鼻腔炎の違いは?原因や症状を解説

2018.04.13

花粉症って治るの?花粉症のメカニズム

2018.04.12

美肌だけじゃない!花粉症にもビタミンCが効く!?

2017.04.11
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!